--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
 こんにちは、春の声がいよいよ感じられて嬉しいLeeffesです。

 素敵なスキル絵や新しい素材にうきうきして、つい色々作りすぎちゃったから街にしよう…というシナリオです。
 割といつも通りですね?
 なかなか街のコンセプトを思いつかなかったのですが、サンガツさんのテーブル素材見て「これや!」と思い、水木さんやユメピリカさんの素材で張り紙画像を突貫で作ったり。
 植物系魔法はあえて作ってないんですが、もし気が変わったら作るかもしれません。
 でもそれより急務は、カフェの品目の少なさ…どうにかしたい。

 お時間がある方や、お優しい方などいらっしゃいましたら、またテストプレイお付き合いお願いします。

 蔦纏う街アイヴィドーン

-- 続きを読む --

2018/04/27 12:33 [edit]

category: シナリオ

tb: --   cm: 0

Mon.

Under the stoneその3  

 ほぐほぐと髭を動かした後に、穴の奥へするりと入っていった茶色の毛玉は、しばらく中で小さな手足を動かしてあちこち駆け回っていたようだが、ちゃんと籠からの解放者――水晶の仕掛けを解いて南京錠の鍵を入手した、ロンドの元へ帰ってきた。
 ハムスターが丸められた紙切れを咥えている。

「おう、ちびすけ。ご苦労だったな」

 湿って乾いてを繰り返したためにすっかりごわついてしまった紙を、ロンドが受け取り、彼の出来得る範囲内で丁寧に広げようと悪戦苦闘する間、ハムスターは短い前足をくるくる顔に擦り付けて洗っていた。
-- 続きを読む --

2018/03/19 13:42 [edit]

category: Under the stone

tb: --   cm: 0

Mon.

Under the stoneその2  

 牢屋から出てきたロンドは、懐に入れた奇妙な石を服の上から撫ぜた。
 滑らかな台座の上に放置されていた真っ赤な石は、どういう仕掛けなのか中心部に昏い光が明滅しており、その一定のリズムが自分の心音とシンクロしているようだった。
 確かに台座に刻まれた文字には、

”この石はお前の心臓””努々手離すことなかれ”

-- 続きを読む --

2018/03/19 13:38 [edit]

category: Under the stone

tb: --   cm: 0

Mon.

Under the stoneその1  

 水の……音が響く。
 揺れ、渦を巻き、漣を起こし、流れゆく水の音。
 ロンドは夢現な頭の中で、聴覚からの情報から海を連想していた。
 家族同然の娘の眼は、温かな春の海と同じ色をしており、生き生きとした光がそこで躍るのを見るのが好きである。

(冒険者になって、色んな理不尽なことや腹立たしいこと、悲しいことがあったけど……でも、あいつの目はまだ死んでない。俺たちはまだ、冒険を続けられる。)

 ぴちゃり、と滴の跳ねた音が耳に届く。

(しずく……滴……?)

 あれ、と彼は訝しんだ。

ScreenShot_20180319_131933237.png

-- 続きを読む --

2018/03/19 13:36 [edit]

category: Under the stone

tb: --   cm: 0

Wed.

見知らぬ仲間その5  

 迷宮と化した、いくつかの小部屋に分かれた地下室――。
 無意味な行き止まりや、力任せに崩されたと思しき壁――。
 それらを目にする前から、ここに住まう”獣”の異質さや危険性は感じていたはずだったのだ。
 だが、推測はただ推測でしかない。

「何だってんだ、この咆哮とプレッシャーは……!」

 こちらへと一心不乱に向かってくる”獣”の気配に、ロンドの皮膚が粟立っていた。
-- 続きを読む --

2018/03/07 19:12 [edit]

category: 見知らぬ仲間

tb: --   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。