Sat.

迷宮のアポクリファその1  

「暗いな」

とぼそりと囁いたのは誰であったか。
 冒険者たちは闇に身を伏せていた。
 一行のリーダー役を務めているシシリーが、小声で懸念を口にする。

「相手にエルフや吸血鬼…夜目の効く連中がいたらやっかいなことになるわ」
「どうでしょうか。治安隊の話では――」

 落ち着いた声音で応じたのは、≪万象の司≫を握り締めたウィルバーである。

アポクリファ


-- 続きを読む --

2016/03/12 11:52 [edit]

category: 迷宮のアポクリファ

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top