Thu.

ファレンの騎士 3  

「いい匂いがする・・・」

 やっと目的地にたどり着いたミナスは、応対した金髪の女性にリューンから来たことを伝え、中に通されていた。
 お店は薄暗く、ベージュのソファは座り心地がいいものの妙に落ち着かない。
 そわそわしつつ待っていると、樫のドアが軋みをあげて開いた。

「お待たせしたようね・・・わたしが亭主のミリアよ」

 菫色の髪、というのものを生まれて初めてミナスは見た。不思議さを感じる前に、賛美しか浮かばない。
 穏やかに微笑む亭主だというその女性は、やはり彼の人生経験ではいくつなのか分からなかった。白い肌をしていて、店の薄暗い照明にそれがちらちらと映えている。

「あら、気の利かない娘ね。今、飲みものを・・・」
「気にしないで」

 ミナスは慌てて首を横に振った。ここには仕事で来ているのだ。
 しかし、ミリアは繊手にワイングラスを持ち、ロゼをそこに注ぎ入れた。

(ワ、ワイン・・・?)
「あら、まだ子供だったのね・・・これも職業病ね・・・」

 変わりに渡されたのは熱々の紅茶で、蜂蜜が入っていた。ミナスは喜んで息を吹きかけて冷ましつつすすり込む。

「・・・・・・親父さんからの・・・手紙を預かっているのね」
「はい」

 手紙を手渡すと、ミリアはその場で封筒を開いて読み始めた。

「・・・・・・・・・」
(それにしても親父さんとどういう知り合いなんだろう?)

 やがて、手紙を読み終わったミリアは愉快そうに笑って言う。

「ふふふ、ごめんなさいね・・・てっきり・・・それなら話は早いのよ」
「?何の事かわかんないけど、お仕事でここに泊まらせて欲しいんだ」
「いいわ・・・協力するわ・・・部屋も好きに使って」
「助かりました、ありがとうございます」

 きちんとお礼を言って頭を下げたミナスに、ミリアは目を細めた。
 店の娘たちにもミナスのことを伝えておくと言ったミリアに、お願いしますと頷きながら、

(ウネちゃんに会えるのかな?)

とミナスは思った。
 店の手伝いをすれば報酬も払うと言われ、店の仕事をただの宿屋だと思っているミナスは簡単に頷いた。
 たまに店に嫌がらせがあるらしいが、乱暴沙汰は避けたいという。

「お店の外に出てお仕置きしてくれれば充分よ・・・」
(こ、こわい・・・)

 それも充分乱暴沙汰だろうと思ったのだが、あえて口には出さない。
 実際のところ、地の精ファハンも雪の精スネグーロチカも、しっかり彼に付いて来てくれている。
 よほどの剣の達人や魔術師などでない限り、一般客相手にミナスが後れを取ることは早々ない・・・はずだ。

ScreenShot_20130105_160850515.png

「これからお世話になります」

と礼を言って与えられてた部屋に下がったが、なかなか寝付けなかった。
 めったにない柔らかい寝心地のベッドが落ち着かないのだ。

「きっと、いつも、野宿や宿の固いベッドだから・・・」

 もっと親父さんの話をよく聞いてから依頼を受けるべきだったろうか――ミナスの脳裏に、アウロラやギルなどの仲間の顔が浮かんだ。
 自分ももう一人前だと証明したいからと急いで依頼を受けてしまったが、いつもは内容の吟味をギルやアレクやエディンが、報酬の交渉をジーニがやっており、受けた依頼の危険性や装備の確認をアウロラがやっている。

(何もかも自分ひとりでやるなんて、こんなに大変なんだなあ。街に来てからも、結局助けて貰っちゃって・・・)
「・・・・・・・・・さっき助けてくれた人って、誰なんだろう?」

 仲間たちの顔の後で、衛視から助けてくれた美女の顔が浮かぶ。

「いい匂いがした・・・」

 後日、同じ匂いの香水瓶をメレンダ街で見つけることになるのだが・・・・・・この時のミナスには分かるはずもない。
 女のひとって不思議だと思いながら、ミナスの意識が眠りに引き込まれる。
 眠ってから2~3時間ほど経ったろうか。不意に店内からピアノの切ない音色が聴こえ、ミナスは目を覚ました。
 店の娘が弾いてるのだろうか・・・ひょっとしてウネが?

「・・・ちょっと様子、見てこようかな」

 暖かな毛布から抜け出すのは少し嫌だったが、手早くマントを身につけると、ミナスは廊下に出て人の気配を探った。
 手近なドアを叩くと、ぎょっとするようなパックをつけている女性が出てきた。
 ピアノはどこで弾いてるのか、という質問に、パックを取った女性――ルーシアはしばらく黙り込んだ。

「・・・夜の探検もいいけど、ここでは詮索や干渉をしないほうがいいわ」
「・・・?」
「・・・ピアノを弾きたい夜があったっていいじゃない」
「・・・・・・うん」
「あなたも事情があってここに来たのでしょうけれど・・・」

 ルーシアは愛しそうにミナスの頭を撫でた。

「一人の時間をそっとしてあげるのもここで暮らす大切なルールよ」

 彼女はそう言うと、カーラーを巻き直しながら部屋へと引っ込んだ。

「・・・・・・もう寝よう・・・」

2013/01/10 01:10 [edit]

category: ファレンの騎士

tb: --   cm: 0

Thu.

ファレンの騎士 2  

 花の街、ライラック。刺激・喧騒・退廃と・・・安らぎを求め、男たちが集う街。

「・・・ふう・・・着いた。さてと、宿を探さないと・・・」

 ミナスが到着したのは、もう夜半過ぎのことだった。しかし、不夜城とでも形容すべきなのかまだまだ人通りは多い。ミナスは通りの向こうから歩いてくる男に宿の所在を尋ねようとした。

「あの、すいませ・・・」

 ところが、男がミナスに一瞥することもなく通り過ぎて行く。
 他の通行人も中々声をかけ辛い感じがしてミナスが立ち尽くしていると、人々が忙しく行き来する雑踏の中、一人の女性が道行く人を眺めているのを見つけた。どうやら待ち合わせのようだ。

ScreenShot_20130105_150748890.png

「あの、すいません。この宿に行きたいんだけど」
「ええと、宵の夢亭・・・あら、ここ?わたし、この店にいるのよ」
「じゃあ、あなたがミリアさん?」

 ミナスの目が輝いたが、女性はにっこりと笑いつつも否定する。

「ううん、わたしはウネちゃん。ミリア様のもとで働いてるの」
「ふうん」
「案内してあげたいけど、わたしここで彼を待ってるの。ごめんね。道は、そこの角を曲がってね・・・」

 ウネの説明は分かりやすく、ミナスは一人でも大丈夫そうだと安心した。

「うん、わかったよ。ありがとう・・・」
(デート・・・かな・・・)

 ウネが別れを告げるのに手を振り返し、ミナスは教えられた路地へと走っていった。

「ここを曲がって・・・・・・ん?」
「おや・・・?きみはどこの店にいるのかな・・・?なかなかかわゆらしい子だ・・・」
(き、気色悪い・・・)

 ミナスを途中で呼び止めたのは、髭の濃いでっぷりと肥えた男性だ。40代といったところだろう。年相応に落ち着いている挙措はともかくも、気色の悪い笑みを浮かべながら手を伸ばしてくる。

「よしよし、おじさんが楽しい世界へ道案内をしてあげようか・・・?」
(何だろう・・・この言い知れない危機感・・・鳥肌が出てる・・・!逃げよう・・・)

 ミナスは男の不気味な手をかわし、そこから上手く逃げ出した。
 走っている最中に、左手に光の精霊を利用したらしいイルミネーションが見える。

「すごい・・・きれい・・・こんなのリューンじゃみたことないよ」

 足を止めると妙な雰囲気の男にしょっちゅう声をかけられるので、ミナスはすっかり疲れてしまった。
 本人に自覚はないが、亜麻色の髪と藍色の双眸のこのエルフは、地味な服装をしていてもぱっと人目に立つ美形である。エルフという種族はすべからず容姿の美しさで知られているが、その中でも群を抜いているだろうと思われた。
 やがて、街の衛視らしい男が呼び止めてきたので、これ幸いとミナスは事情を説明することにしたが・・・。

「ならば詰め所まできてもらおう」

と言われてしまう。
 それは困る・・・とミナスはまた逃げ出そうとするが、その時彼に声をかける者があった。

「ロンスったらここにいたの、まったく探したんだから・・・」
「・・・え?ぼくは・・・」

 声をかけてきたのは年齢不詳の美女である。青みがかった長い黒髪を結い上げレースのベールで頭部を包んでいるが、経済的に困っている様子がないことを見れば、そこそこ金は持っているのだろう。
 小さなエルフと謎の美女の関連性がさっぱり見えず、衛視は当然、

「あなたは?」

と訊いた。

「この子の姉でございます。兵士さまにご迷惑をかけて・・・」

ScreenShot_20130105_153114265.png

 種族違うんだからその言い訳じゃ無理だろうとミナスが思った瞬間、女性はしなやかな手つきで兵士の手に数枚の銀貨を握らせる。

「本当にご迷惑をおかけしましたわ。お勤めごくろうさまです」
「・・・今後、目を放さぬようにな」

 兵士が目にも留まらぬ速さで懐に銀貨をしまいこみ去っていく。ミナスは女性に向き直って頭を下げた。

「・・・ふう、助かりました、どうもありがとう」
「ここはふつうの街とは違うのよ。気をつけて」
「ふつうと違うって・・・?」
「ここはお金でいろんなものが買える。夢すら、ね。あなたもそのうちわかるわ」
「でも夢は売り物にできないでしょう?」

 純真なミナスの疑問に、女性は僅かに苦く微笑んだ。

「ふふ・・・そうね・・・お金で夢は買えないわ・・・幻を見るだけね・・・」
「・・・よくわからないけど、さっき男の人に払ったお金・・・」
「ああ、いいのよ・・・役に立ててよかったわ」

 かすかな芳香――林檎にチョコレートやバニラの混じった甘い濃厚な香り――を残して女性は去った。

「不思議な人・・・」

 ポツリと呟くと、ミナスはまた歩き始めた。

2013/01/10 01:07 [edit]

category: ファレンの騎士

tb: --   cm: 0

Thu.

ファレンの騎士 1  

 ある日の夕暮れのことである。
 近ごろ仕事の少ない”金狼の牙”の最年少メンバーであるミナスは、近所にある孤児院の子どもたちとかくれんぼをして帰ってきたところだった。

「ミナス・・・!!は、早かったな」
「あ、あら、お帰りなさい」
「ああ疲れた。あれ、娘さん、今、なにをかくしたの?」

 上ずった声の親父さんと娘さんが”あること”を誤魔化すため挨拶するが、つぶらな瞳は不審な動きを見逃していなかった。
 娘さんが後ろ手に隠したものを、無理やり覗き込む。

「あっ、おいおい・・・」

と親父さんが止めるが、すでにその羊皮紙はミナスの手の中にあった。

「ええと・・・・・・・・・」
(ギクッ)

 よもや声に出して読むつもりか、と親父さんは身構えた。この依頼、どう考えてもミナスには早すぎる――何しろ、この子はまだ12歳なのだ。エルフという種族そのものの寿命は人間と比べ物にならないほどの長寿だが、ミナス自身はまだ同じ年の子どもと変わらぬ成長速度なのだから・・・と親父さんが止めようとした時。

「そちらの依頼については私からご説明しましょう」

 カウンターの一番右端に座っていた男が、ミナスの言葉を遮った。

「お客さんがいたんだね。こんにちは」
「はじめまして。テニオス・ナーグと申します」

 男からは非常に生真面目で几帳面な印象を受けた。胸元に銀のクロスが輝いている。
 まだまだ修行中の身の僧侶だ、と彼は自己紹介した。
 自分と似たようなものだね、とミナスが言うと、それを耳にした親父さんが慌ててたしなめる。

「おいおい、聖北教会の方に失礼じゃないか・・・!」
「いえいえ、構いませんとも。本日はお願いがあって参りました」
「ふうん、どんな依頼なの?」
「いや、おまえには・・・まだ・・・むりでは・・・ないかと・・・」

 冒険者相手にさくさくと意見を言う親父さんにしては、珍しく歯切れが悪い。

ScreenShot_20130104_065555203.png

 ミナスが首を傾げていると、テニオスというその依頼人は話を聞いてくれるのかと確認してきた。

「実は、ある街を調査してほしいのです」
「・・・・・・調査?」

 はて、とミナスは思った。それなら冒険者に頼らずとも現地に直接行けば済む話では――と考えた矢先、

「・・・知人のお嬢さんが暮らす街です。しかし私はそこへ赴くことが許されておりません」

と依頼人が言った。

「その娘さんが暮らす街がどのようなところか、みてきていただきたいのです」
「なんだ、それだけ?」

 親父さんが口ごもるくらいだからさぞ難しい依頼だろうと覚悟していたミナスは、肩透かしを食らわされたような気がした。

「私は知人亡き後、お嬢さんの行く末を見守ろうと決めました。ですから・・・」

 テニオスは胸元のクロスを握り締める。その様子がどこか鬼気迫るようで、ミナスはちょっと怖くなりながらも尋ねた。

「・・・どうしたの?顔色が冴えないけど・・・」
「・・・いえ、大丈夫です。どのような街か調べていただけますか?」
「どんなところか見てくればいいんだよね」
「はい、さようでございます」

 まだ口を挟みたそうな親父さんを横目に、ミナスはテニオスから報酬や拘束期間について質問した。
 報酬は前払いで銀貨500枚、拘束期間は2~3日様子を見てくれればいいという。

「行き先の・・・ライラックの街って、どんなとこ?」
「私も実際に足を運んだことがございませんので・・・なんとも・・・」
「親父さん、何か知ってる?」
「(ギクッ)なななんだ?」
「・・・?」

 明らかに不審な感じがするが、特に悪意を受けるようなものでもなかった(しかも相手は親父さんだし)ので、ミナスは構わないことにした。もう少し入り組んだ内容だったり、長い拘束期間をしかれていれば仲間に相談してから決める予定だったのだが、この程度であれば自分ひとりで行っても構わないだろう・・・。こないだから、仕事がないと困っていたのだし。
 依頼を受ける旨をテニオスに伝える。

「・・・感謝いたします。それではこちらをお受け取りください」
「ありがとう」

 報酬の皮袋を受け取った。
 テニオスが挨拶をしてその場を去ると、ミナスは親父さんに向き直って訊いた。

「・・・ねえ、親父さん。本当になにも知らないの?」

 ところが、それに先に応えたのは親父さんではなく娘さんのほうだった。

「あのね、ミナスちゃんには大変な依頼かもしれないわ」
「そ、そうだ、だからな、今回はな・・・」
「僕を子供だと思ってそういうことを言うの?僕だって冒険者の端くれさ」

 年より幼い反応を見せるとはいえ、立派な精霊使いであり冒険者だという自負が彼にはある。
 ミナスは両の拳を握り締め、濃藍の双眸をきらきらと情熱に輝かせて言った。

「ねえ、どうして僕には無理だと思うの?教えてよ」
「(ヒソヒソ)・・・どうしよう、この子で平気かしら?」
「(ヒソヒソ)下手に若い男よりは・・・このぐらいの年頃ならまだ・・・」

 最初、親父さんはこの話を見た時、エディンかアレク当たりに持ちかけようと思っていたのだが――。そう、かえってこのぐらいの年齢なら、あの街に行っても誘惑されずに済むかもしれない。
 親父さんは娘との会話を打ち切ると、「分かった」とため息をついた。

「それじゃあこの手紙を宵の夢亭のマダムに渡してくれ」
「宵の夢亭ね。それとマダムの名前は?」
「ミ、ミリアさんだ・・・おそらく協力してくれるはずだ」
「ありがとう、じゃ、行ってきます。アウロラやアレクたちに、すぐ戻るからよろしくって伝えておいて」
「だがな、根掘り葉掘り質問するんじゃないぞ・・・言われたことだけをだな・・・」
「お父さん、もう行っちゃったわよ」

 親父さんの長広舌を、娘さんがジト目でぶった切った。
 へ?という顔になった親父さんがミナスの座っていたスツールを見ると、もうそこに小さなエルフの影も形もなかった。

2013/01/10 01:05 [edit]

category: ファレンの騎士

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top