--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sun.

解放祭パランティア 3  

 広場に戻ると、妙な黒髪の男から何故少年を逃がしたのかと尋ねられたりしたが、それに適当に答えた”金狼の牙”たちは、続けて足を書物区の方へ向けた。

 今度はギルが先頭に立って、皆を案内する。
 肩車を終了させられたミナスは、アウロラとアレクに両側から手を繋いでもらい、たちまち機嫌を直していた。
 そうやって見て回っていると、人ごみの中から武具区で会った若者の戦士が現われた。

「お、よお!はは、どうやら俺たちは気が合うらしいな」

 男は嬉しそうに近づいてくる。
 元々陽気な性格なのか、もうこちらに打ち解けているようだった。
 アウロラとジーニが前に出ていたので、自然、この二人が彼に話しかける。

「どうです?調子は」
「駄目さ。全く良いナイフがない。実戦で使えなきゃ喜んで貰えないだろうしなあ・・・」
「誰にプレゼントするの?」
「へ、へへ!そ、それは内緒だ!」
「これは、好きな女の子だな・・・」

 からかうようなジーニの声音に、たちまち男の顔が真っ赤に染まった。

「ば・・・馬鹿!へ、変な想像するなよ!?俺はただ、仲間に喜んで貰おうと思って・・・」

 ひとしきり彼をからかい終わると、男は気を取り直してまたナイフ探しを始めたので、冒険者たちも呪文書に戻った。

「こっちのは、風を障壁にする魔法ね。珍しいのがあるわねえ」
「・・・・・・この呪文は、ちょっと役に立たなそうだな」
「ていうか、多分発動しないわよ」

 ”金狼の牙”たちは、ジーニやエディンが鑑定できるから良いものの、一般の客にはやはり魔術書はよく分からない品のようで、

「うわ、凄い難しい本!凄いかっこいい飾りも付いてる。いいなあ・・・。だれか、このにわとりと交換してくれないかな~」

等と言うとんでもない声も聞こえてくる。

ScreenShot_20121231_002354671.png

「まあまあ掘り出し物の呪文だったわねー」

 ジーニの喜ぶ声を聞きながら、一行はそのまま真っ直ぐ道具区まで向かった。

「あ、残念、髪飾りはないのね。でも、こっちの薬はいいものだわ」
「なんか変な十字架あるんだけど・・・・・・俺、気に入ったから買っていい?」
「お、おい。ジーニ、ギル!お前ら、俺の鑑定前に何勝手に金出してんの!?」
「あーら、あたしだって一応塔の鑑定人だったのよ?あんた忘れてない?」

 ジーニの手が本物に間違いないらしい魔法薬や金鉱石を選び出し、定価の半分以下でゲットする。
 ・・・・・・実はその横で、ギルがあからさまにガラス製らしい赤い石などをこっそり購入しているのだが。

「あら。素敵ですね」

 アウロラの視線が、素人目にもなかなかのものと分かるネックレスに集中する。
 話し好きの女店主が言うには、「身につけるだけで魅力的になれる首飾り」との事である。

「欲しいの?そうね、意外と掘り出し物だと思うわよ。買っちゃいなさいな」
「いいんですか?じゃあ・・・・・・」
(実は、多分それ魔法の品だけどね)

 それが店主に知れたら値を吊り上げられるし、アウロラが知ったら多めに代金を払おうとするだろう。
 ジーニはあえて鑑定結果を黙っていた。
 そんな一行に、見覚えのある人影が近づき呼び止める。
 またもや例の若い戦士だった。

「ははは!よっぽど俺たちは同じ趣味をしているらしいな!」
「こうまで偶然が続くと、ちょっとした笑い話だな」
「ははは、全くだ!ところでどうだった、今日は?」
「知りたいなら20sp・・・」
「金を取るのかよ!」

 ジーニの情報料請求に、男は思わず突っ込んだ。
 ひとしきり笑い声をあげると、一行は待合室に戻った。
 すると、そこは情報屋の言うとおり、物々交換を待っていたらしい人間でごった返している。

「おい、君達!その赤い宝石をわしの鉱石と取り替えてくれんかね?」
「もし・・・よろしいですか?その【曙光の法】と私の≪真実の水晶球≫を交換して頂きたいのですが・・・」

等など、色んな人間に声をかけられる。
 その中で、ふと青いローブを着た老人に恭しく頭を下げられ、ギルはどぎまぎした。
 老人は、妙な形の十字架を見ながらこちらに近づいてくる。

「これはこれは・・・。こんなところで同志の方に会うとは思いませんでしたな」
「ど、同志?」

 何の事か分からずに返事出来ずにいると、その老人は薄く笑った。

「君達、それは君達が持っていても何の役にも立たないものです。然るべき所に返してくれるならこの魔法のナイフと交換しましょう」

 老人の取り出したナイフは、紫色に光る、見とれてしまいそうな品だ。
 魔法の品らしい事は、見てすぐ取れる。

「どうです?その十字架とナイフを交換してくれませんか?」

 一応、自分が買ったものだからと未練を見せるギルに、「ねえねえ」とミナスが話しかけた。

「あのナイフあげたら、戦士さん、プレゼントのこと解決するんじゃない?」
「あ、そっか!よし、じゃあ交換しようぜおっさん!」
「お、おっさん・・・・・・」

 呆れたような顔になったが、老人は咳払いしてまた顔を引き締める。

「危ないところでしたね。これを使っていれば酷い目に・・・遭って・・・・・・」

 老人が最後に忠告しようとすると、ギルとミナスは本当の兄弟のように連れ立って、知り合いになったばかりの赤髪の戦士のところへ走り去った後だった。

「・・・・・・ふん!」

 老人は呪文を唱えると、素早く人ごみから消えていった。
 老人から受け取ったナイフは、マンドラゴラという鎮静剤に変わり、次には空中浮遊できるマジックアイテムと交換になった。

「順調順調!いやー、物々交換って楽しいなあ!」
「これ、すっごくいい奴じゃない?ね、僕つけてみていいかな?」
「おう!どれ、俺が嵌めてやる」

 フェニックスの装飾がされた美しい腕輪は、ミナスのまだ未発達な手首にもすんなりと合うように縮み、鎮静剤を求めた男性の言うとおり、コマンドワードで飛行ができた。

「うわー!見て見て、アウロラ!」
「え、ええ!?ミナスどうしたんですか、それ!」
「・・・・・・ありゃあ、エア・ウォーカーじゃないの。まさかホントにあるとはねえ」
「ジーニは知って・・・?」
「あれは所有するだけで回避力が上がる、ありがたーい防具よ。もう一つのコマンドワード唱えれば、防御力も大幅に上がってくれるスグレモノ」
「すごい、良いものなんですねえ・・・・・・」

 これはこれ以上交換しないほうが良い、と意見が落ち着いた。
 何しろ、飛行の呪文は比較的上級の呪文なのだが、これなら好きなだけ魔法の翼が出せるのだ。
 結果に満足した一行は、他に何かいい物々交換の相手はいないかとうろうろした。
 その後は、≪真実の水晶球≫という暴露効果のマジックアイテムや、ギルの役に立たないガラス製の石を金鉱石と交換したにとどまったが、かなり満足して狼の隠れ家への帰路についた。

「おかえりなさい!ねえ、髪飾りは買ってきてくれた?」
「それが・・・・・・」

ScreenShot_20121230_235224906.png

 帰って来るなり娘さんにそう聞かれ、アウロラは言いよどんだ。

「・・・売ってなくて・・・」
「そっか・・・ならしょうがないわね。今度自分で買いに行こっと」

 娘さんの期待を裏切るのが後ろめたかったジーニが、ほっと安堵の息をつく。

「な、なんだ・・・。案ずるより産むが易し・・・は!」

 ふと見ると娘は隣でシャドーボクシングをしている。
 それを見た冒険者たちは、みな一様に青ざめたのであった・・・。

※【風刃の纏い】≪ミューズの涙≫≪真実の水晶球≫≪黙示録の剣≫≪魔法薬≫≪金鉱石≫≪白銀の麗刀≫≪エア・ウォーカー≫入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
19回目のお仕事は、ニルヴァーナさんの解放祭パランティア・・・別名バザーでお宝ざっくざく回です。
ニルヴァーナは、幸運の都フォーチュン=ベルなどの店シナリオでお馴染みのDjinnさんと、現在は凍結(再開待ってます!)されてますが『風を纏う者』リプレイ作者のY2つさんが組まれたチームです。

今回は、まずアレクに魔剣を持たせるのが目的でした。
Djinnさんの魔剣工房での購入も考えたのですが、多くのリプレイ作者さんが利用されてることもあり、ちょっと変化球気味な装備が欲しいな・・・と店用フォルダをひっくり返していたら。あったじゃないですか~、このシナリオが。
安売りと掘り出し物と別々のチャンスがあったのですが、≪黙示録の剣(アポカリプス・ソード)≫は掘り出し物なので、自然、三つの地区を回る順番も掘り出し物メインになりました。”金狼の牙”的にはこれで正解だと思います。
呪文の【風刃の纏い】は防御の薄くて仕方ないジーニにぴったりだし、≪エア・ウォーカー≫は飛行や浮遊のキーコードがついた防具なので、欲しい隙間を埋めてくれるこのありがたさ・・・思わず拝みそう。

さて、娘さんから逃亡した(笑)”金狼の牙”一行は、リューンから逃げ出します。そこでまた、以前の因縁と出会ったりするのですが・・・果たして彼らは無事生還できるのでしょうか?

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。


2013/01/06 03:40 [edit]

category: 解放祭パランティア

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。