Fri.

駆け抜ける風 7  

 宿の扉が唐突に開いたかと思うと、一人の女性が飛び込む様にして入ってきた。
 年の頃は二十歳前後――。
 長い髪を後ろでアップにした秀麗な女性であった。

「・・・・・・」

 その女性は入ってくるなり左から右へと視線を移して室内を一望すると、すぐに冒険者たちの方へ目を留めた。
 そして、此方を見据えたまま、つかつかと真っ直ぐに歩み寄ってくる。
 見覚えのない姿に不審を覚えたアウロラが首を傾げていると、

「――か、カレン!?」

 対面に座っていた依頼人が素っ頓狂な声を上げる。
 ・・・どうやら、彼女は彼の知り合いの様だ。

ScreenShot_20121230_121001984.png

「・・・・・・もしかして、この人が婚約者の?」
「・・・え、ええ。彼女が婚約者のカレンです」

 ジーニの疑問にキャトラクトがそう紹介する。
 女性――カレンは冒険者たちにお辞儀をしながら軽い挨拶をする。
 そして、すぐに依頼人の方へ向き直ると、その顔をキッと睨み付けた。

「・・・・・・」
「ひっ・・・・・・。か、カレン、どうして君が此処に!?」
「貴方が二人の結婚指輪をグリフォンに盗られて冒険者の宿に出入りしてるって女中のメアリさんから聞いてね」
(あらま、この依頼人口止めしておかなかったのね・・・。)
「宿の名前から場所を割り出して追いかけてきたの」
(全部バレてる、いや、バラされてる。駄目すぎでしょ、この人)
「いや、あの、その・・・・・・お、怒ってらっしゃる、よね?」

 秘密裏に指輪を取り戻そうとしていた男である。すべてがばれたその狼狽振りは、見るに耐えないと言っても良かった。

「――うん」
「――ひ、ひえ~。ご、ごめんよ、カレン。僕ったら、いつもこんな情けなくて・・・・・・」
「キャトラクト!貴方、何も分かってない!私が怒ってるのはそんな事じゃないわ!」
「・・・・・・え?」

 依頼人と共に、”金狼の牙”たちも首を傾げる。

「貴方が情けなくて、頼りがいがなくて、隠し事のできないバカ正直な人間だなんて、婚約者の私が一番良く知ってる」
「うわー・・・・・・容赦ねえ」
「はっきり物言う人だなあ」

 無自覚な暴言に、ギルとエディンが茶々を入れる。
 しかし、それに構わずカレンは続けた。

「――そんな事で今更怒ったりなんてするわけないじゃない!・・・私が怒ってるのは、そんな大変な事になっているのに、貴方が私に何も言ってくれなかった事よ!」
「・・・・・・ほへ?」

 どうやら、キャトラクトにはまったく予想外の答えだったらしい。
 あまりの女性の剣幕に怯えアレクの後ろに隠れていたミナスが見上げると、アレクは女性の気持ちが理解できたらしく、「ああ、なんだ」と小さく頷いている。

「あのね、キャトラクト。私達、結婚するの。夫婦になるのよ?これから大変な事が沢山あると思う――」

 カレンの言葉に、キャトラクトはどう反応していいか分からず、壊れたマリオネットのように頷くばかり。

「でも、それを二人で乗り越えていこうって決めたから、私は貴方との結婚を決意したのよ?」
「あ・・・・・・」
「・・・それなのに、最初から早々に一人で抱え込んでしまうなんて、そんなの酷いじゃない!」
「カレン・・・・・・」
「貴方みたいな人と結婚するんだもの。このくらいの間抜けな失敗談、とうに覚悟の上だわ」
「それって、こういうレベルの失敗が日常茶飯事って事・・・・・・?」

 ぞっとしない等とジーニは思うのだが、カレンにとっては大切な男性なのだろう。
 うっとりとした目つきで、中々辛らつな台詞を吐いている。

「・・・私は貴方のドジで間抜けでバカ正直な――。そんな所が大好きなの」
「・・・う、うん!約束するよ、カレン。これからはどんな困難も二人で向き合っていこう!」

 二人はミュージカル宜しく、店の真ん中でうっとり抱き合っている。
 目を閉じて互いの唇を重ねようと――。

「――はいはい、お二人さん。ご馳走様、ご馳走様っ!」
「・・・いちゃついている所を邪魔する様で悪いのですがね。報酬の方、忘れないで下さいね?」

ScreenShot_20121230_123250718.png

 エディンとアウロラのツッコミに、慌てて二人は身を引き剥がした。
 謝罪後に差し出してきた銀貨600枚は、確かにいい重さをしていたのだが――。

「・・・ああ、そうだ。よかったら、これから家に来て二人の馴れ初め話でも――」
「誰が聞くかっ!」
「ねえねえ、アレク。エディン、何で怒ってるの?さっき、どうして僕の目を手で見えないようにしたの?」
「・・・・・・お前にはまだちょっと早い」

 色々と精神面で疲れる依頼であった・・・・・・。

※収入1400sp、【駆け抜ける風】入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
18回目のお仕事は、タナカケイタさんの駆け抜ける風です。
”金狼の牙”が一番初めに受けたお仕事「泥沼の主」と同じ作者さんの、短めな遺跡探索シナリオで、この方の文章力やキャラクターが本当面白くて好きです。敵のワールウインドすら素敵。
リンクを貼らせていただいている宿屋【星の道標】様(環菜様HP)においても選ばれており、魔法使いをリーダーとした魅力的なPCたちのやり取りが楽しいリプレイが載っているので、避けようかなあと思ったんですが・・・どうしても”金狼の牙”で遊んでみたかった。環菜様、シナリオ被りお許しくださいませ。

さて、このシナリオで大人コンビ(エディン&ジーニ)とアウロラが5レベルにアップしました。そろそろ、中堅と名乗っていい頃合になってきましたね。
spもそこそこ貯まってきたので、ちょっと装備を整えていきたいと思います。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。



2013/01/04 05:27 [edit]

category: 駆け抜ける風

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top