Fri.

駆け抜ける風 6  

 戦闘に入る直前、ジーニが誰か1人宝の山の探索にまわしたらと提案したが、それは一蹴された。
 財宝を探る者がもしグリフォンに狙われたら、恐らく命はない。
 冒険者たちは瓦礫を飛び越え得物を構えて室内に踊りこむと、目の前の巨大な魔獣に立ち向かうべく素早く陣を整えた!

「――総員、全力を以って目前の敵を排除する!・・・人間をなめるな化け物め、来い、戦ってやる!」

 アレクの号令で戦いの火蓋が切られた。
 エディンやアレク、ミナスが呼び出したファハンの攻撃は避けられ、あまつさえエディンは軽く反撃をくらったものの、ジーニやアウロラの呪文、何よりギルの【荒縄捕縛】がワールウインドの巨体に刻み込まれていく。

ScreenShot_20121230_112827203.png

「捕まえたぜ!いけ、アレク、エディン!」

 動きを強制的に止められ恐慌状態になったグリフォンに、戦士たちが渾身の攻撃を繰り出す。

「おらよ!」
「悪いが・・・好機は逃せん!!」

 二人が武器を叩き付けた場所にアウロラの聖なる光が弾け、ワールウインドが一際大きな咆哮を上げる。
 それが火事場の馬鹿力を呼び込んだものか、青い羽毛に食い込んでいた荒縄が引きちぎれる。
 左手に剣を握ったままのアレクが、魔法による雷を人差し指の先に集め始めた。
 【召雷弾】は追尾性があるので、武器の攻撃と違って避けられない。
 女性二人が魔法の媒体を構える後ろで、ミナスも野人ファハンの再召喚を始めたが、その隙を見透かしたようにワールウインドが突進した。
 大きな鉤爪が、とっさにかざした柔らかい両腕を引き裂いて血を流す。

「きゃああああ!」
「ミナス!・・・・・・畜生、アウロラ頼む!」
「お任せを!あなたは攻撃に集中してください、ギル!」

 雷をぶつけ終わったアレクが、視線を敵から外さず仲間に叫ぶ。

「後一撃だ!皆、もう少し踏ん張れ!」

 その時。
 ――グリフォンが空中に舞い上がった!
 敵が空中にいる限り、近距離攻撃を仕掛けることはできないだろう。

「しまった!?これじゃ剣が届かん・・・」
「ふん、それで逃げたつもり?」

 グリフォンを小さく嘲笑したジーニが、唱え終わっていた【眠りの雲】を放つ。
 甘い匂いのする魔法雲が優位に着いたはずの魔獣を包み込み、巨体はあっけなく落下してきた。

「ほら、あと少しなんでしょ。男どもしっかりしなさいよ!」

 もう一度、援護のために【眠りの雲】を唱えようとしたジーニに、グリフォンは仕返しのつもりか巨体をぶつけた。
 あっさりと細い体が柱にぶつかり、そのまま気絶する。
 溜飲が下がったワールウインドだったが、その背中を怒りに満ちたアウロラが【光のつぶて】で焼き、崩れた瓦礫を足場にしたアレクが駆け上がる。

「これで・・・・・・終わりだ!」
「――ッ!?」

 アレクの会心の一撃を受けたグリフォンは最後にもう一度大きく啼くと、その体勢のまま瓦礫の中に落下して粉塵を巻き上げながら沈んでしまった。
 ――そして、舞い上がった埃が再び地に下りても、二度とその体を動かすことはなかった・・・・・・。

 グリフォンの集めた財宝からも銀貨400枚相当の貴金属や宝石を発見した一行は、目的の指輪を入手後、すぐに狼の隠れ家に帰還し、依頼人にミッションの成功を報告した。

ScreenShot_20121230_115512937.png

「・・・ほれ、これが例の結婚指輪だ」

 アレクが一つの指輪ケースをテーブルの上に載せ、その口をパカっと開く。
 すると、その中では一対の指輪が美しく外の光を反射していた。

「おおっ!まさにこれこそグリフォンに奪われた僕の指輪っ!・・・ありがとう、本当にありがとう」

 指輪を見た依頼人キャトラクト=フォールズはそのケースを両手で受け取ると、自らの頬に摺り寄せて再会を喜んだ。
 その様子を眺めたミナスが、小さくため息をつく。

(・・・・・・一々、大げさな人だなぁ)

 やっぱり人間は分からない、等と思われているとは夢に思わず。
 くどくどとキャトラクトがお礼の言葉を続ける。

「・・・いやはや、本当にありがとうございました。皆さんには何と御礼を言っていいやら――」
「――”言う”御礼はいいので、”払う”御礼の方をお願いします」

 流石に聞き疲れたらしいアウロラが珍しく報酬を切り出すと、キャトラクトがうんざりした様子に気づいたのか、慌てて取り繕うに笑った。

「・・・はは、確かに。それでは、成功報酬として残りの――」

 キャトラクトがそこまで言いかけた時である。


2013/01/04 05:05 [edit]

category: 駆け抜ける風

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top