--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Thu.

死者の村へ・・・ 4  

 敵の中には生きている人間も混じっているということで、ジーニは早速【眠りの雲】の詠唱に入った。
 ギルとアレクが、それぞれ取り巻きの数を減らす為、【薙ぎ倒し】や【風切り】の対多数用の技を出した。
 戦場を縦横に駆け抜けるギルやアレクの姿に、ボルラスは焦りを禁じえない。
 その焦りが原因か、中々詠唱に集中できないアンデットの親玉を、こっそりと後ろに回っていたエディンが銀の武器で傷つける。

「き、貴様・・・・・・!!」
「へへ、死人になったのが運のつきって奴だな」
「許さん、許さんぞ!」

 ジーニの援護のほかに、しっかりと覚えたらしいラインの【亡者退散】も飛び、ワイトを浄化する。
 それに動揺した盗賊や魔術師を、ギルの斧とアレクの剣舞がばたばたと気絶させていった。

「こんな・・・・・・ところで・・・」

と、盗賊が眠りに着く間際に飛ばしたナイフが、深くギルの利き腕を抉る。

「リーダー!」

 はっとしたエディンの叫びに、ギルは案外と平気そうな声で答えた。

「俺にかまうな。ボルラスに集中しろ!!」

 エディンのすぐ後ろに回ったアウロラはやや逡巡したが、治療よりもボルラスへの攻撃を優先させ、【光のつぶて】の詠唱に入る。今度こそ、この男を逃すべきではない、と判断したからだ。

「塵に還りなさい!」

 アレクやエディンの攻撃を杖で受け流したボルラスに、気合のこもったアウロラの光弾がぶつかるが、ぐらりと傾くもまだ倒れない。

「おのれ、冒険者たちめが・・・・・・!」
「スネグーロチカ、お願い!あいつにぶつかって!」

 追い打ちをかけるように、ミナスの召喚した雪精がボルラスの行動力を削ぐ。
 エディンの銀剣が左肩を穿ち、宿敵の動きの硬直したところをアレクの剣が凪いだ。

ScreenShot_20121230_072326500.png

「グハア・・・・・・な、なんと言う事だ・・・・・・」

 血の通わぬ体は、足から徐々に動かなくなっていく。

「こ、この私が・・・・・・。こ、こんな奴等に・・・・・・・・・・・・」

 ボルラスが倒れると、それと同時に戦場を徘徊していたアンデットの動きも止まったようだ。
 動きの止まった死人たちを教会の主力部隊が打ち砕き始める。しばらくすれば、すべてかたづけられるだろう。
 片手を額にかざし、それを眺めていたアレクが呟く。

「ふう・・・・・・。戦場のほうもあの様子ならすぐにカタが付くだろう」
「そうですね」

 呟きに応じたラインが、じっと手元の剣を見つめながら独語した。

「やっとけりが付けられました・・・・・・。それにしても、このボルラスの死体どうしましょうか、ほっといたらまた復活するかもしれませんし・・・・・・」
「しょうがないわ・・・・・・。気味は悪いけど、教会まで運んでそれ相応の処置を施すしかないわね」

ScreenShot_20121230_072955828.png

 パーティ1の知恵袋の助言に頷いたラインが、「では私が責任を持って処理することにします」と言って死体をかつぎ上げた。
 そのまま、”金狼の牙”たちへ、

「それでは教会の兵力と合流して、聖西教会に戻りましょう」

と促した。

 宿敵ボルラスを倒し、アラン村のアンデットをも殲滅した冒険者たち一行は、ファイフル司祭たちと共に、意気揚々と聖西教会に引き上げた。

「ありがとう、冒険者諸君。君たちの働きのおかげで、我々の目的を完全に果たす事ができたよ」
「いえ、こちらこそお礼を言いたいくらいですよ。アンデットを抑えてもらったおかげで、ボルラスを倒すことができましたから」

 興奮した司祭に手を握られ、否応無く上下に振られながらもエディンは言った。
 その顔には、充実感のほかに少々の狼狽も混じっているように、ミナスには思えた。
 盗賊が商売道具である手を他人に預けるような真似は避けたがる、というのは、まだこの幼いエルフには分らない。

「これが謝礼だ、受け取ってくれ。少々色をつけといたからな」

 ファイフル司祭の差し出した謝礼を受け取り、冒険者たちは頭を下げる。
 代表してアレクが受け取ったそれは、1200spもあった。
 やがて彼らが暇を告げると、ファイフル司祭は別れを惜しみながらも、

「うむうむ、では気をつけてな。またなにかあったら宜しく頼む」

と言う。
 司祭の傍らにいたラインとも、ここで別れることになる。
 彼は、ジーニに宣言したとおり、ここでボルラスの遺体について処理しなければならない。すでに、かの遺体には聖水による浄化作業が行われていた。

「では冒険者の皆さん、ありがとうございました。私はボルラスの死体をきっちりと火葬してから帰ります。本当にご苦労様でした」
「お前もな、ライン。あの【亡者退散】は正直助かったぜ」
「フリッツに負けないくらい、剣技も磨けよ。じゃあな」

 ギルやアレクの別れの言葉に、ラインはやや目じりに光るものを滲ませつつ、冒険者たちを見送ってくれた・・・・・・。

「ただいま~」

 無事、店に帰ってきたギルを親父さんがいつものように出迎えた。

「おうおう、お疲れさん。ところでお前たち大活躍だって?すごい噂になってるよ」
「え!本当に?噂はシルフより早いってよく言うけど、本当なのね♪」
「・・・・・・と、ところで、報酬のほうもたんまりもらったんだろ?」

 たちまち上機嫌になったジーニの現金さに呆れつつも、親父さんがパーティを見渡した。
 ギルが、「ああ」と応えた。

「まあな。たんまりってほどでもないけど、そこそこいい稼ぎになったよ」
「ほほう、それじゃ今日こそはツケの清算をしてもらえそうだな」
「え~~~と・・・・・・・・・」

 ギ、ギクウ!?と大きく肩を揺らして、アレクが額に一筋の汗をたらしながら抗弁する。

「うん、今日は疲れたから、もう休ませてもらうよ、すまないな、その話は明日って事で・・・」

 ”金狼の牙”たちはそそくさと二階へ消えていった。
 その後を追うように、親父さんの大きな笑いが響く。

「あっはっはっはっは、大活躍した英雄もツケは怖いとみえるなあ」

※収入1200sp※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
17回目のお仕事は、マットさんの死者の村へ・・・です。密売組織血塗られた村の続きで最終話となります。
ショートキャンペーンシナリオということで、短いながらもよく纏められたシリーズだったと思います。
PCのモチベーションとしても、「あいつをこのまま野放しにはできない・・・!」という感じで結束が固まっていたはずなので、今回倒すことができてすっきりしました。
戦闘では、ちょっとアンデッドうざいなあ、と思っていたらベストタイミングでラインの【亡者退散】がきたもので、どじっこラインも成長したなあ、と嬉しかったです。
・・・が、よく考えたらその設定私が勝手につけたんだった、ごめんねライン君(笑)。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2013/01/03 02:32 [edit]

category: 死者の村へ・・・

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。