Mon.

階下に潜むモノ 5  

 アウロラやジーニ、ミナスが、手馴れた様子で補助魔法を唱えるのを横目で見つつ、ギルは途中で拾った、奇妙な目の紋様が入ったタワーシールドを構え直した。
 鑑定をしたジーニによると、これは≪邪眼の盾≫というもので、魔法回避率が高くなるらしい。
 斧と併用するのは・・・としり込みするリーダーに、ジーニは強気に言い放った。

「何言ってんの、アレクなんて慣れない魔法と精霊受け入れて、体内の魔力がしっちゃかめっちゃかなのよ?盾持つくらい、なんてことないでしょ」
「でも、なんで俺?後衛でもいいんじゃ・・・・・・」
「これね。邪眼の効果跳ね返す時、所有者が気絶してちゃダメなの。だから丈夫なアンタが持ちなさい」
「大丈夫ですよ、ギル。怪我したらすぐ癒しますからね」
『私もついていますよ』

 精霊含む女性陣に言われ、渋々ギルは盾を預かることとなったのである。
 そして、シェリの案内であちこちから水の流れ出している地下を駆け抜け、一行はとある大きな穴倉へと辿り着いた。

「ここ?」
「大きな破壊の跡・・・ここから地下水脈へと繋がっているわけだ」

ScreenShot_20121115_165027375.png

 ギルの台詞が終わると同時に、眼前に広がる水面が波立ち、大きく揺らめく。

「どうやら、この破壊の張本人が現れたようだな!」
「グオオオオオオ!!」

 雄叫びを上げつつ、巨大な海蛇が水からその首を持ち上げた。
 同時に、なんと一行の背後から、先ほども見た小型のバジリスクがやってくる。

「げ、挟み撃ち!?魔物の癖にやるじゃないの!」
「そんなこと言ってる場合か!俺が守るから、ジーニとミナスはこっちに来い!」

 エディンが怒鳴り、二人は慌ててその背中へと隠れる。
 ギルとアレクは大海蛇に向かって武器を構えた。

「よし、いくぜ!」
「おお!!!」

 勢いよく飛び出した一行は、エディンの重い一撃と召喚されていたスネグーロチカにより、背後からの強襲の憂いをまず取り除いた。
 ギルが気迫をこめた縄の操縦術で海蛇の移動を一時的に止め、アレクが追撃をかける。

「よっし、ここまで計算どおり!」
「計算なんか・・・・・・してたのかよッ!」

 恐慌状態に陥った海蛇を見て、アレクがにやりと笑みを浮かべる。
 だが、大海蛇の横に漂っていた眠りの雲の成分が、ミナスの小さな体を包む。
 ミナスは音もなく倒れ伏し、ギルが慌てた。

「うわわ、ミナス!?」
『大丈夫、あの子は眠っただけ・・・・・・。私が起こしましょう』
「頼む」

 体内にいるシェリと交信したアレクが走る。
 大海蛇は縄の拘束を引きちぎり、傷を再生させるが、追い討ちをかけるように、ジーニが再生した傷の上から【魔法の矢】を突き刺した。

ScreenShot_20121115_165457390.png

 さらなる憎々しげな咆哮。
 それに気をとられたアウロラが隙を見せてしまい、かなりの傷を負ったものの、

「っ!!これで終わり、だああ!」

ミナスが野人・ファハンの石つぶてに紛れ、小さなナイフを投げつけると、それは狙い過たず、大海蛇の口の中へと吸い込まれた。

「ギャアアアアアウウウウオオオオ・・・・・・」

 長大な体でのた打ち回り、しばらく大海蛇は咆哮をあげていたが・・・・・・やがて、最後の一声の響きが済むと同時に、水の中へと沈んでいった。
 それを見届けたらしいシェリが、アレクの体から離れてまた実体化する。

『皆さん・・・ありがとうございました。これでこの神殿も、元の姿に戻ります』
「別れの時間だな・・・・・・」

 そう呟いたアレクに、シェリは愛しげな目線を向けた。

『ひと時とは言え、主となった方よ。私はここで結界を張りなおさなければなりません・・・再び破られる事のないよう・・・強固な結界を』
「ああ。短い時間だったが、世話になった」
「シェリ、元気でね!」

 それぞれに別れを告げるアレクとミナスの後ろから、ひょっこり手を上げてジーニが言った。

「あのー、ね?お礼は?」
『そう・・・お礼の事ですが・・・上の階層の私が石像にされていた場所を調べてみてください。きっと皆さんのお役に立てる物と思います』

 また、途中の扉の部屋には、珊瑚でできた指輪もあると言う。
 収入に満足げに頷いたジーニが、弾んだ足取りで帰ろうとするのを、アウロラとエディンが慌てて止めながら追いかける。
 ミナスの手を引っ張って、ギルもその後に続いた。
 彼らを「やれやれ」と言って追ったアレクが、階段に足を乗せたところで、もう一度だけシェリに視線を向けたが結局何も言わず、確固とした上り方でその場を去っていった。

 状態異常を治すマジックアイテムや指輪を回収した一行は、その足でさっそく村長の家へと向かった。
 事情をつぶさに説明すると、

「魔物達を追い払ってくださったか!これでまた漁に出る事ができる・・・」

と、村長は安堵した。

ScreenShot_20121115_170706781.png

 報酬の500spを受け取ると、アケビ村に留まることもなく冒険者達は宿へと帰還した・・・。
 神殿は元の姿を取り戻し、村には再び活気が戻ってきた。
 彼らの活躍はこの小さな村で、永らく記憶に留められる事になるだろう。

※収入500sp、≪精霊杯≫≪神殿の鍵≫≪邪眼の盾≫≪珊瑚の指輪≫≪願いのアンク≫【召雷弾】入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
14回目のお仕事は、寝る前サクッとカードワースフォルダより、ABCさんの階下に潜むモノです。
大海蛇を退治するシナリオなのですが、短い中に戦闘ありお宝あり美女(?)ありの、いろいろ詰め込まれたお話です。
サクッとできるのに、下手な行動を取るとたちまち厳しい戦闘が待ち構えているので、とてもやりがいのあるお仕事だと思います。

作者のABCさんにはその意図はなかったと思うのですが、うちではシェリを【海妓召喚】の海精シレーネの亜種として扱っています。
ご存知の方も多いかと思いますが、これはMartさんの碧海の都アレトゥーザにて教わることのできる技能で、同じ海の精霊同士ということを鑑みて、何らかの関係があった方が面白いと思い、ミナスにそのように説明させました。
それに絡めて、ミナスのお母さんについても出してみました。想い出では美化されていますが、シレーネのほかにウムガルナやナパイアスも使う豪快なお母さんです(笑)。

また、精霊を連れ歩くことができるので、チラッとアレクの家庭環境についても出してみました。
本文中にもありますが、彼は精霊剣士と魔法使いの間に生まれた子で、父そっくりの美男子なのですが、それゆえにコンプレックスを抱いています。精霊に父ほど親和性がないことも一因ですね。
私としては、アレクをこれから魔法剣士に育てようと思っているのですが・・・さて、どうなることやら。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/12/10 20:25 [edit]

category: 階下に潜むモノ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top