Wed.

泥沼の主 4  

冒険者たちが大蛇退治を終えて沼の入り口まで戻ってくると、そこには既に依頼人の姿はなかった。

「げー!?もしかして、依頼人とんずら?俺等ただ働き?」
「いや・・・よく見てみろよ、ギル。そこを」
「ん?」

アレクの指摘で、彼が寝そべっていた場所をよくよく見れば、岩の上に泥で汚れた皮袋がぽつんと置かれている。
狐につままれたような表情で、ギルが言った。

「あの皮袋が報酬か?」
「見てみりゃ分かるさ」

強烈な一撃を喰らい、頭がまだくらくらするものの、アウロラの必死の癒しで怪我は癒えたエディンが、皮袋を手に取り、中を確認する。
――すると、中には泥に汚れながらもキラキラと光り輝く金貨が、数にして三十枚ほど収められていた。

「少し多いな・・・320sp相当ある。・・・ん?なんだこれは」

エディンの訝しげな声に、他の仲間たちの視線が集まる。
彼が示しているのが、皮袋の裏側であることを理解したミナスが、もっと顔を近づけた後、「あ!」と大声を上げた。

「それ、精霊魔法の呪文だよ!効果は、詳しく見てみないと分かんないけど・・・【蛙の迷彩】って書いてあるよ」

よく手入れされた爪の目立つ人差し指を、皮袋の文字に当てつつ、ジーニがざっと解析した。

「ぱっと見たところ、術式からして補助魔法の一つじゃないかしら。良かったじゃないの、レアものの魔法よ」
「なら、この皮袋は、後でミナスがじっくり見るといい。魔法が増えるのは大歓迎だ!」

ギルの決定に、一同は大きく頷いた。今回のような冒険であれば、きっとこの呪文は、これから大きな役に立ってくれるに違いない。

――冒険者たちがその袋を懐に収めた時、沼の淵にある岩の上から蛙の鳴き声が聞こえてきた。
声に反応して冒険者たちがそちらを見ると、普通のものよりひとまわり大きな蟇が沼の中にある岩の上に座して、笑みを浮かべる様に頬を膨らませている。

「・・・ヒキガエルか。こいつは随分と立派なもんだ。この沼のヌシって奴かい?」
「蛇を退治した御礼でも言ってんのかね?こいつは律儀なもんだ」

エディンとギルが呟く様子をよそに、蟇は一際大きな鳴き声を上げて、沼へ飛び込んでいった。
それ見て、アウロラが首を傾げる。

「不思議ですね。どういうわけか、あの依頼人の笑い方に似てた気がしました」

――その晩、冒険者を讃える蛙達の唱は、夜明けまで止む事がなかったという。

※収入320sp、髭天狗茸×1、【蛙の迷彩】入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
タナカケイタさん作の泥沼の主を、金狼の牙たちの初冒険として選択させていただきました。
こちらのシナリオ、15分と想定プレイ時間は短いのですが、【聖霊の盾】の適正互換スキルが上手くすると手に入ったり、登場する依頼人の意外な(?)正体が面白かったりで、Leeffesお気に入りシナリオの一つです。
スタートは、あまりリューンから遠く離れないところがいいな、という個人的嗜好にばっちり当てはまったのも、選択の大きな要因でした。

CardWirthのリプレイは、すべからず文章が多くなるものですが、文才がない自分の小説で、それは読む側が苦痛になるだろうと思い、なるべく簡素に、分かりやすくを心がけて書いたのですが、いかがだったでしょうか?

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/07/25 17:46 [edit]

category: 泥沼の主

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top