Sun.

東の妖獣 2  

「これが問題の屏風か」
「本当に怪物が出るのかしら?」

 商売上の興味から屏風を見つめるエディンの横で、ジーニが少女のように口を尖らせて言う。
 アレクはジーニ以外のメンバーを2交代制にして、屏風を見張ることを提案した。
 そうして数時間後・・・・・・。

「・・・・・・・・・?」

 「それ」に初めに気づいたのはギルだった。
 彼は、魔法関連に関してはまったく素養のない人間なのだが、傭兵のような戦いの勘とも言うべきものを持っている。
 見張りをしていた豪奢な屏風から、緑色に濁った煙が四隅から湧き出たかと思うと、たちまちそれは中央に集まりだして黒く形をとり始めた。その姿は、まさしく妖獣と呼ぶにふさわしい。

「みんな、起きろ!」

 でかい声で仲間を起こしつつ、ギルは武器の柄を短く持って構えた。
 室内での戦闘ということで、あまり長い間合いでは戦うことが出来ないので、腰を低く落としていつでも相手の懐に飛び込める用意をしている。

 アウロラ・ジーニが呪文集中の詠唱にかかり、他の4人が現れた怪物へと武器を持って向き直る。
 特にエディンは、怪物をまず足止めしようと【磔刑の剣】を繰り出す構えだ。
 詠唱のために魔力を集中していた状態のジーニが、声をあげた。

「こいつまだ完全に実体化してないみたいよ!」
「完全に実体化したら厄介です。今のうちに倒しますよ!」

 アウロラの激に、他の仲間が頷いた。
 戦闘が始まると実体化は完全ではないものの、怪物に物理的攻撃は有効らしく、エディンが腰のダガーを使って突き刺した技も、怪物の太い足を床に見事縫いとめていた。

ScreenShot_20120920_212045718.png

 しかし。

「こ、こいつ、無理やり足を引っこ抜きやがった!」
「傷が少し塞がってる。再生能力!?」

 正体不明の妖獣の動きに、エディンとアウロラが動揺する。
 恐ろしいことに、妖獣は自分の行動力と抵抗力を高めることができるらしく、呪文も唱えずパワーアップしたその様子に、パーティの一部が浮き足立った。

「ひるむな!これで終わりだ!」

 あくまで冷静さを保って攻撃のチャンスをうかがっていたアレクの、渾身の力を込めた一撃が、妖獣の首を叩き潰した。

ScreenShot_20120920_212101562.png

 黒い姿を、どうと大きな音を立てて沈めた怪物の姿に、しばらく一同は構えを解かないまま注意していたが、やがて完全に沈黙したことが分かるとほっと息をつく。

「どうやら終わったようですね」
「みたいだね」

 アウロラの言葉にミナスが頷く。
 その後、一同が妖獣と戦ってる間に熟睡していた依頼人から、約束の報酬を得た。
 その技能【投銭の一閃】は、誰も適性のないことが分かり売り払うことにしたが、初歩的な技能書であることもあり、大した金にならなかったため、アレクは身銭を切って仲間達にエールを奢る羽目になったのだった・・・。

※収入400sp+800sp(東の妖獣+要港都市ベルサレッジ)、【投銭の一閃】入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
8回目のお仕事は、Wizさんのシナリオ・東の妖獣です。
非常に短いシナリオで、リプレイの下書きも今までで一番ファイル容量が小さいという・・・しかし、シンプルな内容だけに、戦ってスカッとしたい方には最適のものだと思います。
もし、【投銭の一閃】に誰か適正を持ってたら使おうと思っていたのですが、みんな普通以下にしかなりませんでした。残念。

一箇所、スクリーンショットを起動させるタイミングを間違えて変な風になってますが、心優しい読者の方は、アレクのトドメは見なかったことにしてください(酷)。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。


2012/11/11 23:52 [edit]

category: 東の妖獣

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top