Sun.

東の妖獣 1  

「冒険者募集・・・奇妙な怪物?」
「ふーん、怪物退治か。銀貨400枚はちょっと安くね?」

 壁の張り紙をはがして読み始めたアレクの手元を、ギルが覗き込んでいる。

「相場より安いが、他にお礼でもらえるものがあるだろ」
「そういやそうだな。東方で仕入れた技能書、か・・・」
「サトウ・イチロウか・・・東の名前だな」
「おや、あんたたちその張り紙に興味があるのかい?」

 童心に返ったかのように賑やかな二人に、宿の親父さんが声を掛けた。

「そいつは東方から来た商人からの依頼でね。何でも家に化け物が出るらしいんだ」
「商人からの依頼が多いな、ここのところ」

 苦笑して張り紙をカウンターへ差し出したアレクとギルに、親父さんは温めていたコーンスープを差し出した。
 階段を軽やかに下りてくる音がして、エディンが階下に顔を出す。

 エディンは盗賊だ。無論、音をまったく立てずに階段を下りることも出来るのだが、普段からそんなことをしていては、たちまち正体がばれてしまうので、必要のないところでは普通に足音を出すようにしているらしい。
 しかし、聞き耳の良さは相変わらずで、違和感なくカウンターに寄り集まっている3人の会話に飛び込んできた。

「だからそいつを退治してくれ、と」
「そういうことだ。依頼人の家はリューンの郊外にある。長くはかからんだろうし、話を聞くだけでも行ってみたらどうかね?」

 エディンが頷く。

「その技能書とやらも気になる。ああ、行ってみるぜ」
「よし、じゃあ依頼人の家までの地図を渡しておくぞ。詳しい話は向こうで聞いてくれ」

 コーンスープを飲み干したギルが、弾むような足取りで2階に向かい、残りの仲間に依頼のことを伝えに行く。
 報酬が安いと文句をたれながらも集まった冒険者たちは、そのまま依頼人宅へ向かった。

 地図の通りに進み依頼人宅へ訪れた冒険者たちは、要件を告げると客間に通され、しばらく待つように告げられた。
 これが東方の建築様式で建てられた家らしい。普段目にする家とはずいぶん違って見える。
 紙や木を使った引き戸、初めて見る壁の材質などを観察していると、この家の主人、すなわち依頼人がやってきた。

「待たせてしまって申し訳ない。私が依頼を出したイチロウです」

 東方から来たというイチロウは、変わった髪形と服装をしている。
 口を開くと、やや母音を強調するような発音が気になったものの、概ね意思疎通に問題のないこちらの言語が飛び出した。

「えー、私どもももう大変困っておりましてね」
「胸中お察しします」
「どうやらこの家に化け物が出るようなのですよ」

 からかってるのか真面目なのか、よく分からないギルの言葉には眉も上げず、依頼人は話し続けた。
 アレクが必要と思われる質問をしてみる。

ScreenShot_20120920_204638156.png

「その化け物ってどんな奴なんだ?」
「私は怪物には詳しくないのですが、鹿に似ていて13尺ほどの大きさで、顔は狼に似ていたそうです」
「あなたが目撃なさったわけではない・・・?」
「ええ」

 頷いた依頼人を見て、ふむとアレクが唸った。
 伝聞による怪物像というのは、えして情報不足だったりすることもあるので、注意が必要である。
 そんなことを知ってか知らずか、依頼人はまた口を開いた。

「何でも目撃した使用人が言うには、怪物はある屏風から飛び出した、とか言っておりました」

 屏風というのは、リューンの東方趣味の収集家の間でも流行っている、部屋を一時的に仕切るための衝立のようなものらしい。
 屏風の表面には大抵絵が描いてあるものだが、それが高名な画家の手によるものだと値段がたちまち跳ね上がるという依頼人の説明を聞きながら、ギルが首を捻った。

「それを捨てればいいんじゃ・・・」
「そんな勿体無いことがどうしてできましょうかっ!」
(あ、高い奴なんだな)
「あれは銀貨に換算すると4000枚もするんですよ!それを捨てるなんて勿体無い!」
(人死にが出てからじゃ、高いとも言ってられないと思うけどね・・・)

 後ろでこっそりとエディンとジーニが話し合っているのに気づかず、イチロウは屏風の貴重性を拳を振り上げて力説していた。

「と、とにかく屏風から現れた怪物を倒してくだされば報酬は払います」
「・・・・・・・・・」

 ギルは困ったように頭を掻いた。あまり、この手の商人が好きではないのだ。
 しかし、一度仕事を請け負ったからには、ここで下りるとは言えない。
 アレクはギルの代わりに質問をした。

「それで怪物はいつ出るんだ?」
「分かりません」
「・・・・・・・・・」

 ジーニが明らかに顔を歪めた。めんどくさい、の6文字が書かれているのが仲間には分かった。

「だから皆さんにはずっと屏風を見張ってもらうことになります」
「・・・・・・ちょっと、アレクシス?」
「・・・・・・分かった、俺が悪かった」

 冷え冷えとしたジーニの声に、アレクは敗北を悟った。
 ジーニには、化け物が出るまで休憩しててもらうのが一番良さそうだ。

「その化け物を退治してくれれば、銀貨400枚と東方より仕入れました技能書をお渡しいたします」
「・・・・・・・・・」

 黙り込んだエディンは、もうその技能書とやらがいい品であることを祈るばかりだった。

2012/11/11 23:36 [edit]

category: 東の妖獣

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top