Sun.

ネルカ城砦跡 2  

 ネルカ城砦跡のある街の近くまで訪れた”金狼の牙”たちは、さっそくマッピングをしながら進むことにした。
 薄い雲の浮かぶ晴天をギルが仰ぐ。

「いーい天気だな」
「全くだな。・・・で、どっちに向かえばいいんだ?」
「このまま東にひたすら歩いていけば城砦があるはずだけど・・・。ただ、途中にある街に寄ってみない?何か情報があるかもよ」

 エディンの疑問にジーニが答える。北東へ、という指示通りに彼らは隊列を組んで歩き始めた。
 するとほどなく、フィネルカの街並みが見えてくる。
 ミナスが赤褐色の屋根を持つ家々を指差した。

ネルカ城砦06

「あの大きな街?」
「そうよ。東国の大都市として知られたフィネルカ――」

 かつての大都市は、現在観光都市となっており、そこかしこに見目の良い昔ながらの建築物が並んでいる。
 一同はまず聞き込みを行うことにした。
 すると意外なことに、高度な魔法文明が栄えていた場所だというのに、現在の魔法の普及率が非常に低いことが判明した。
 雑貨屋にあるスクロールも、あれは実用品とは言えず骨董品と同じ扱いを受けているのだという。

「へえ・・・そんなことになってるなんてね。もったいないったら」
「こいつぁ、後で雑貨屋を覗いてみる必要があるな」
「なんで?」

 ぱちぱちと目を瞬かせるミナスに、エディンはそっと答えた。

「もし骨董品同然となりゃ、呪文書そのものの値段もリューンと比べて変動してる可能性が高い。目の玉を剥くほど高いか――ちり紙ほどに安いかだ」
「安かったら買っちゃおう、ってこと?」
「その方が良ければな。もっとも、売ってる物にもよるだろうが」

とエディンは付け加えた。
 ジーニが記憶している古文書によると、不滅城砦ネルカは一繋ぎの巨大な長城である。しかし、聞き込みによる現実のネルカ城砦跡は、ラーガリカ山を挟んで北部と南部に分かれている。
 この違いが確かならば、ネルカ城砦跡には何らかの仕掛けが――それも盗賊が見つけるのとは質の違う仕掛けがあると睨んだほうがいい。
 もし雑貨屋に置いてあるものでどうにかできるのなら、今のうちに唾をつけておくべきだと彼は自分の考えを述べた。
 眠たげな視線の先で、アレクとアウロラが、道端のベンチに座り込みながら編み棒を動かしていた老婆に話しかけている。
 アウロラがメモ用にとってある羊皮紙のきれっぱしを取り出し、何かを書き付けた。
 2人がこちらに戻ってきたのを見計らい、エディンが声をかける。

「よう。あの婆さんから何か教えてもらえたのかい?」
「エルレ・ピレ・なんとかという秘密の呪文があるそうなんです。城砦に纏わるものらしいのですが、それ以上はご存知ないようで・・・」

 やや頼りなげな顔でいうアウロラに、案外と神妙な顔つきになったジーニが言った。

「そういう土着の言い伝えってのは、結構ばかにできないもんよ。そのメモ、絶対に失くさないでね」
「それはもちろんです」
「それから・・・これも先ほどのお婆さんに教えてもらったんだが、ネルカの魔法石を採取するには、特殊な工具が必要らしいんだ」

 アレクが困惑した様子で言った。

「あん?工具を売ってる場所は聞いたのか?」
「石が採取されつくした現在じゃ、工具は作られていないんだそうだ」

 眉をひそめたエディンは、さっそく雑貨屋に向かい店内の様子を確かめてみたが、その工具とやらが置かれていることはなかった。
 呪文書についても思っていたほど値は安くなく、いずれの呪文についても備えのある自分たちが改めて買う必要は無いと、彼は残念そうに首を横に振った。

「ね、見て。これがネルカの魔法の石なんだって」

 ミナスが示したのは、不滅城砦ネルカの外壁から切り出したという魔法石だ。青白く滑らかな表面上に、ルーン文字に似た紋様が浮き彫られている。

ネルカ城砦05

 その傍らには、復元と強化の力を有し、味方全員の失われた体力を回復することができる、という注意書きが書いてある。
 ギルが唸った。

「ここに書かれたことが確かなら、貴重品もいいところだぜ」
「私の【癒身の結界】もアレクの【癒しの煌めき】も、そう簡単に手に入る呪文ではありませんでしたからね。ましてや、癒し手のいないパーティにはどれほど重要なアイテムか・・・」

 値段を覗き込むと、そこには銀貨2500枚とあった。
 ジーニがポン、と杖の髑髏で自分の肩を叩いた。

「そうだ。ココにはなくても、採掘に来てた冒険者なら持ってるんじゃない?工具」
「・・・俺は追いはぎは良くないと思うぞ」

 真面目な顔を崩さずに言ったアレクの額を、コツンと髑髏が軽く叩く。

「違うっ。交渉して得られないかってこと!中に入ったはいいけど、手に負えないから諦めたってやつに声をかけるのよ」
「あ、なるほど・・・」

 ジーニの意見に納得した一行は、城砦跡に行くことにした。

2013/05/05 05:25 [edit]

category: ネルカ城砦跡

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top