2竜人族の邑

 見張りのリザードマンを倒すと、後から後から敵が溢れてきた。
 外にいる見張り役を眠らせるなり暗殺するなりしなかったのは、見通しの悪いよく茂る森の中、地の利は圧倒的にリザードマンにあったからである。
 下手に小細工をすれば、その間に隙をつかれてしまう可能性が高い。
 ならば力技で押し通る方がこっちの被害は少ないはず――と、酒精から解放されたジーニが指示したのは中央突破という策であった。

「・・・なるほど統率も取れているし、よく見るリザードマンよりも強いのがちらほら見られるな」

 【魔風襲来】の準備をしていたアレクが、じっと敵を図りながら呟いた。
 槍を携えたものや、人間では両腕で支えなければならないような大きい得物を2つぶら下げたものまで混ざっている。
 彼らリザードマン側の戦術は中々巧妙で、召喚獣の出現タイミングをずらされている現状に、精霊使いであるミナスが臍を噛んでいた。

「ああもう!出るならいっぺんに出てきてよ、面倒なんだから」

 純白のドレスを身にまとい、ダイヤと見紛うような氷の宝石がついた首飾りを手にした彼――いや、今は彼女か――をちらと横目で確認したエディンは、

「あちらさんも戦い慣れているってこったろう。油断はならねえぜ」
「・・・奥から出てきたの、ロード種のようですね」

 気息を整えたアウロラが仲間たちに注意を促した。
 リザードマンとは言え、ロード種ともなればかなり竜に近い存在である。
 少なくとも、≪狼の隠れ家≫にいる中堅冒険者たちでは、生半なことで太刀打ちするのは難しいであろう。
 しかし、それをものともせず嬉々として飛び込んでいく者がいた。

「あれ、俺がもーらい!」

 ・・・・・・・・・ギルである。

「どうしてあんなにうちのリーダーは好戦的なんだか・・・」
「めくらめっぽうに喧嘩を売ってるわけでもない。相手が好戦的だからそれに相応しい感情を返してるだけだ。・・・・・・多分?」

 エディンのぼやきにアレクがフォローともいえないフォローをする。
 ロード種からの、人間にはよく分からない激がどう飛んだものか、リザードマン側が士気を上げてこちらに襲い掛かってくる。
 それをギルとアレクが委細構わず切り込んで打ち払い、エディンは戦況を見ながら面倒そうな敵(実は回復役だった)に狙いを定めて討ち取った。

「これなら大丈夫・・・かしらね」
「油断はせんでくれよ。こっちも、妖魔たちがこれほど統率が取れてるとは思ってなかったからな」
「まあねー。だからちゃんと盾は構えてるわよ」

 ジーニが薔薇の模様が描かれた盾を誇示するように振った、その時であった。
 ”金狼の牙”の強さに慌てたリザードマンの一人が、自棄になって手にしていた槍を投げつけてきた。投げた当人ですら思いもせぬ速さで飛んでいったそれは、盾を構えていたジーニの肩を掠める。

「グガアアアァァ!」
「痛っ・・・!・・・もう!ちょっとは大人しくなさい。眠れ、空気よ眠りの雲と化せ!」

 振り上げた≪死霊術士の杖≫の髑髏から、誘眠性のガスが発射される。

3竜人族の邑

 気合のよく入ったジーニの魔法――それに包み込まれた妖魔達は、強制された眠りに打ち勝つことができずに次々と膝をついた。

「神精ヴァンよ、我が呼び声に応えて出でよ。汝が力をここに示し、愚かなるものを打ち倒さんことを・・・」

 アウロラの歌が戦場に響く。その神聖なる音によって召喚がなされた神精ファナス族の幼生は、牙をむき出しにして寝ている妖魔の喉笛をかききった。

「あと二匹、か」
「どっちがロード討ち取るか競争と行こうぜ、アレク」

 幼馴染コンビがそう言って飛び出す。
 ギルの力強い振りで繰り出される斧と、フェイント交じりのアレクの剣――しかし、どちらの斬撃も厚い鱗によって弾かれてしまった。
 これは長期戦になるだろうかと舌打ちしたエディンの後ろから、妙に強い魔力が膨れ上がる。
 一体何事かと視線を走らせると、ちょうど【雪花の装飾】の持続時間の切れたミナスが、≪森羅の杖≫を振り上げて新たな召喚を行なっていたところであった。

「渓流の魔精・ナパイアス!出てきてあの敵を押し流しちゃえ!」

 たちまち、≪森羅の杖≫を軸として澄み切った奔流が迸り、いとし子を守るかのようにミナスの体を包んだ。そこからジーニに飛ばされた槍の何倍もの威力で、水の槍が勢いよく噴出する。
 真っ直ぐにロード種を狙ったその魔法は、狙い過たず心臓を串刺しにする。

「・・・・・・ありゃ。とられちゃった」

 困ったように頭を掻くギルを置いて、アレクが落ちていたリザードマンの槍を拾い上げた。

「死体を持ち歩くのも嫌だし、これを証拠に持ち帰るとしよう。・・・何だか妙に軽いな」

 アレクがよく観察すると、その槍は攻撃を受け流しやすいようなつくりになっていた。
 どんな材質で作ってあるのか非常に丈夫そうで、投擲にも向いたその形は、おそらく実戦で磨かれてきたものなのだろうと思われる。
 それを手にしたアレクを先頭に、次々と”金狼の牙”はリューンへと引き上げていった。

※3000sp+800sp、≪竜人族の槍≫※
--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳

59回目のお仕事は、SADさんのバトルオリンピアトーナメントと、レカンさんの竜人族の邑でした。どちらも戦闘もので、まずバトルオリンピアが2003年にアップされた作品です。SADさんの他シナリオと言えば、「科学魔法研究所」とか「666の獣」辺りが有名でしょうか。独特の観点からいつも毛色の違うシナリオをお作りになられています。
一方、竜人族の邑は2012年の作品で、ギルド投稿された中では「封印の剣」辺りが知られているかと思いますが、それ以外にも魅力的な一人旅シナリオ等どんどんアップなさっている意欲的な作者さんのシナリオです。

・・・それで、何ゆえ今回は2つを合体させたのかと言うと・・・。
私如きの筆力では、どうにもバトルオリンピアを一カテゴリ分として書ききることができなかったのです。
こちらのシナリオ、勝ち進んでいく上で後輩たちとの会話があったり、前に準優勝したチームと優勝したチームの間において、チームメイトを過失により殺害にいたってしまったというしこりがあったりと、非常に魅力的な挿話があるのですが・・・どういうわけか、生かしきることができません。
すでにシナリオクリアをしているので、書かないわけにもいかず。
困っていた私の出した結論としては・・・「そうだ、もう一つ魅力的で短い戦闘シナリオくっつけて、1カテゴリ分まで書いてしまおう」でした。
それでシナリオフォルダを漁っていると、そういえばレカンさんのシナリオはまだプレイしたことがなかったことに気づき、9レベルで挑めてかつ世界観的にバトルオリンピアから繋げられるものを探すと・・・ありましたありました、竜人族の邑が!
竜人族の邑にとってはまさにとばっちりと言えなくもない経緯だったりしますが、両作品の作者様やファンの皆様には多めに見ていただけるとありがたいです・・・すいません・・・。

次回はちょっと毛色の違うシナリオを選んでみようと思います。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2013/04/24 08:14 [edit]

category: バトルオリンピア+竜人族の邑

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top