Tue.

月光に踊る長靴 6  

「そろそろ陽が落ちるな」

と言ったエディンの言葉を裏付けるかのように、あっという間に森が暗くなっていく。
 そんな中現れたキジトラ―――”ケット・シー”のアイルーロスに、一行は改めて自己紹介を済ませ、ダークエルフのことについて注意を促そうとした。
 しかし、いかな”ケット・シー”とは言え、大勢の前での結婚に浮き足立っているらしく、冒険者たちを妖精の広場へと案内し終わって、すぐ姿を眩ませてしまった。

(状況くらい聞けよな)

と思ったアレクの後ろから、灰色の毛並みのガートという”ケット・シー”が現れた。

「おっ、来たね」
「こんばんは。お邪魔するわよ」

 様々な小動物―――に見えるが、ガートに言わせるとみな妖精らしい。小さな広場を囲むように集まってきている。

「そろそろだな」
「あ、ほらあそこ」

 尻尾まで緊張させたトラ猫の”ケット・シー”の呟きに、ギルが広場の奥の闇から現れた姿を指差した。アイルーロスとコーシカの入場である。
 サテュロスの少年が角笛を鳴らし、満月の祭が始まった。
 幻想的な光景だった。
 長靴を履いた猫が踊り、違う妖精が蝶のような紋様の羽根を蠱惑的に羽ばたかせる。
 踊りの伴奏を担うのは、一見不気味な一本足。器用にリズムを取っている。
 青白く浮かび上がる森の中、皆一様に楽しそうだ。

「ねえ。さっきのダークエルフ・・・・・・」
「ああ、そうだな。俺たちだけでも警戒しておこうか」

 ミナスがアレクの袖を引くと、そう答えが返ってきた。
 変わらぬ仲間の反応に、ほっとしたミナスが精霊たちの力の動きを感知してみた。もし、ダークエルフが不自然な精霊の働きをさせていれば、これですぐわかるはずだ。
 ふと、ミナスは双子のように立ち並んだ木の一角に注目した。そこから妖精たちは出入りしてるようだ。

(ねえ、あれ―――。)
(ああ。あれが妖精界の門か・・・・・・。)

 アレクが頷くと同時、ふ、と楽の音が止まった。
 輪の中心―――焚き火はないが、皆が円を描いているその中に、コーシカを伴ったアイルーロスがすっくと後脚で立っていた。

「さて、お集まりのみなさん。さぞ人間をからかい、遊び、あるいは親交を深めていることと思うけど」

 アイルーロスは、照れたように左の足を掻いてから言った。

「人間にはこんな習性があるのを知っているかい?それは『結婚』っていうんだ」

 アイルーロスの話を聞いているものも、聞いていないものも、茶々を入れるものもいるが、構わず彼は話を続ける。

「僕は―――」

 コーシカがつ、と彼を見上げ、気持ち良さそうににゃあと鳴いた。

「僕は今夜、人間のその素敵な風習に倣おうと思う。―――僕は彼女が大好きだ。人間的に言うなら、愛してる」

 そう愛を宣言したアイルーロスは、コーシカとの結婚を口に出そうとして―――。

「ビンゴっ!」
(さっきの・・・・・・!うかつだった、ずっと【精霊感知】を続けていればもっと早く気づいたのに―――!)

 悔しそうにこちらをねめつけるミナスをにやりと見やり、ダークエルフは言った。

「やはり居やがったか、人間ども」
「現れたか。アイルーロス、こいつはさっき俺たちに揺さぶりかけてきたんだ」
「何故それを言わなかった―――」
「言う前に、ここに駆け出したのでね」

 アレクは苦笑しつつ、抜刀してアイルーロスに答えた。
 親友の構えを横に、ギルが己を奮い立たせるかのように笑って言った。

「友人を守るのが、今日の務め―――。用意はいいな、みんな!?」
「おう!!!」

 ギルの掛け声に、全員が応じる。
 たちまち、広場は剣戟の音に満ちた。

2012/11/06 05:16 [edit]

category: 月光に踊る長靴

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top