Tue.

月光に踊る長靴 2  

「こちらです、ご主人様」

 一行を一室に待たせたジュビアが案内してきたのは、中年も後半に差し掛かってきた風貌の男性である。
 どこか控えめに、先ほどの少女も付いてきている。

「皆様、こちらはカファール候グルナード様でございます」
「ああ、よろしく」

 鷹揚に挨拶したその男の身分を聞いて、ジーニとエディンは驚いた。
 カファール候と言えば、領地の堅実な治め方で有名な侯爵である。
 文弱そうだが、それは見かけだけなのだということが、候の意志の強い瞳を見ると理解できた。

「君達のことは、そこのジュビアから聞いたよ。旅路の途中、引き留めてすまない」

 一行は別に構わない、と返事をして、さっそく少女―――カファール候の令嬢プルクラの依頼内容について聞き出した。
 なんでも、数日前から彼女の飼い猫がいなくなってしまったという。
 雪のように真っ白なその猫は名前をコーシカといい、村中を探し回ったが、まだ見つかっていないらしい。
 たかが猫とは、候やプルクラの真剣な眼差しを見ると、言うことはできなかった。

ScreenShot_20120920_001647531.png

 ジーニが報酬を確認すると、なんと銀貨2000枚を出すという。
 猫探しとは厄介だが、リスクの小さそうな依頼で銀貨2000枚。相当美味しい仕事と言える。

「わかりました。お手伝いしましょう」

 エディンが力強く請合うのを見て、ギルとアレクが苦笑した。
 ジュビアが配った飲み物を手に候の話を聞いてみると、この村には避暑の時にしか訪れないそうだ。
 コーシカを拾ったのは2年ほど前で、プルクラが見つけたという。
 すっかり衰弱していたのを必死で看病し、育てたというのだから、いなくなってどれほど心配か、想像に難くない。

「ところが2、3日前のことだ。ふい、とコーシカがどこかへ消えてしまったのだ。屋敷中どこを探しても見当たらない」

 候は深くため息をついた。

「あれだけ娘になついていたのが、どこかへ去ってしまうとは考え難い。何か事件に巻き込まれたか、と娘は心配の極みで村中を今も探し回っている」
「妹や弟のように思っていたなら、そうでしょうな」

 ギルが頷くのを、驚いたようにアウロラが見やる。
 この猪突猛進なリーダーが、プルクラ嬢や候の繊細な気持ちに理解を示すとは意外だった。
 実は、ギルは内気で人見知りだったために、アレクという親友が出来るまで、身近な小動物たちを可愛がっていた過去があるのだが、それを知る者は少ない。

「なるほど。事情は概ね解りました」

と頷いたエディンが、候やプルクラ、ジュビアから事件に関係するかもしれない事柄を、順序良く聞いていく。
 コーシカではないとは言え、村の近くの森で他の猫を見かけた、というプルクラの証言を得た一行は、村ではなく森を重点的に探してみようということになった。

 そして一夜が明ける・・・・・・。

2012/11/06 05:12 [edit]

category: 月光に踊る長靴

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top