Thu.

スティープルチェイサー 2  

 マートウ家の競走馬、ハセオは鹿毛で、足ががっしりとした馬だった。
 大きな黒目が、厩の薄暗がりの中で静かに輝いている。
 逞しく、美しい馬だった。

「俺に乗りこなせるもんかねえ・・・・・・」
「しっかりしてくださいよ、エディン。リューンの街中にかけては、あなた以上によく知ってる人なんて私たちの中にはいないのですから」

 ハセオの美しさに半ば飲まれながらも、そう言って頭をかきながら苦笑するエディンに、アウロラは発破を掛けた。
 バタン、というドアの閉まる音がして、席を外していたジーニが≪死霊術士の杖≫を適当に振り回しながら戻ってくる。

「ただいま。依頼人のマートウさんから、スティープルチェイスについて、さらに話を聞いて来たわ」
「わー、ご苦労さま」

 ミナスは自分が食べていた人参入りマフィンを二つに割り、大きく割れた歯形のない方を彼女へと手渡した。純粋な労いのつもりらしい。
 それをちょっと照れつつ受け取ったジーニは、「ゴホン」と空咳をしてから改まった口調で切り出した。

20130306_103.png

「えー、冒険者たる皆さん。依頼を受ける以上は、ベストを尽くしたいものよねえ」
「ん?ずいぶん意気込んでるな。最初はしぶっていたくせに」

 アレクは不思議そうである。ソウに依頼を諦めさせるかのような発言をしていたのを、彼が止めようとしたのだから無理もないだろう。
 その横で、にやりとエディンが笑う。

「こんな不利な条件で、勝ちに行く秘策でもあったか」
「秘策という程のものではないけど、いくつか面白い話を聞けたわ。皆、ちょっと聞いてくれる?」
「何々?」

 こういう悪巧みの雰囲気が決して嫌いではないギルが身を乗り出した。
 どっかりと腰をおろしたジーニが、くるくると杖の髑髏で円を描きながら口を開く。

「まず。このレースって出発地点は決まってるんだけど、目的地である聖北教会までは、どんなコースを選んでもいいの。ルート取りの裁量も競技の内、・・・という訳ね」
「へえ」

 エディンが顎に手をやった。

「そして、出発地点がどこなのかは、レース当日まで選手に知らされない。選手は、とっさの対応が求められるの」

 杖の髑髏が、二回床を叩いた。

「・・・この二点を聞いた時に、少し突破口が見えたの。もしかしたらこの要素は、こちらの味方に出来るかもしれない」
「・・・・・・コースがきっちりしているレースだったら、どう考えても素人に勝ち目はないからな。けっこう野性的な競技なんだな」

 ジーニが何を言わんとしているのかを薄々察したアレクは首肯する。

「それから、出発地点は伏せられているものの、コースの全長は3km程度という目安があるの」
「全速力の馬だったら、ものの数分の勝負なんでしょうね」
「そうなのよ!さっすがアウロラ、よく気づいたわね!」
「え、えーと。つまりさ、どういうこと?」

 戸惑っているギルに「いい?」と言ってジーニが人差し指をぴっと立てた。

「この程度の短距離なら・・・たとえ当日まで全容が分からないコースであっても、何らかの形で、レースに出ないメンバーが、騎手をフォローできる可能性があるの」
「フォローねえ」

 苦く笑ったエディンの隣に、ちんまりと座っていたミナスが挙手した。

20130306_104.png

「はーい。他の選手を、根こそぎ罠にかける」
「・・・・・・・・・・・・ギルバート。アンタの影響じゃないの、これ」
「や、その・・・・・・それはダメだぞ、ミナス。うん」
「・・・すみません」

 あっさり下がった小さな頭をぽん、と軽く叩いてから、ジーニは言った。

「ライバルに直に手を下す訳にはいかないけど、間接的な手助けなら、チャンスがあるかもしれない」
「うーん、なるほど。やり方次第では、トンビが揚げじゃがをさらう・・・なんて展開が・・・」

 左手を顎に添えて考え込んだアレクに、ジーニは含み笑いで答えた。

「フフフ。あるいは」

 そして、すっと背筋を伸ばして仲間たちを見渡す。

「ねえ、みんな。依頼人は、勝ち負けよりもレースに出場さえしたらそれで満足、という節があるけど・・・それに甘んじているだけなんて、退屈だとは思わない?」
「・・・この条件で、勝ちに行くって言うのか?」
「ええ。冒険者流でね」
「言ってくれるじゃないか」

 大人コンビのやり取りに、ふっとアウロラも口を緩めた。

「へえ。面白くなってきましたね」
「どっちにしても、分の悪い賭けに変わりはないがな」
「そこはまあ、望むところ、と言うやつですよ」

 あくまで悲観的な考えを引きずっているアレクに、アウロラは不敵な表情で微笑む。
 そこまで言われてやる気がやっと出てきたのか、

「まぁ・・・な」

と彼までもがやっと身を入れて話を聞く体勢に入った。

「よし、さすが”金狼の牙”。そう来なくちゃね・・・じゃあ、騎手は当日までひたすら乗馬に専念してね」

 乗りこなすのが依頼達成の最低条件である。
 エディンは小さく首を縦に振り、「了解」とだけつぶやいた。

「さぁ、残りは情報収集よ。地道よ。覚悟してね」
「他の選手の情報とか、レース主催元に問い合わせたり?」

 イマイチ、どんな風に情報を集めるつもりか分かっていないミナスが、小首を傾げてジーニに訊ねる。
 ひらひらと白い繊手を動かして、

「そこはざっと抑える程度でいいわ。どうせまともにやり合う気は無いんだから」

と彼女は言った。
 では何を調べるのだろう、と目を丸くしている小さなエルフの眼前に、何も書かれていない羊皮紙を一枚広げる。

「地形情報よ。リューン半径3kmの地形情報を、徹底的に集めるの。さらに手分けして現地に赴き、自分達の目で現状を確認するのよ」

 そう話しながら、ジーニは羊皮紙の真中に小さくリューンと綴り、羽ペンの羽のほうでくるりとその周りを撫でてみせた。

「うへー。本気?」
「そうすれば、当日の作戦に幅が出るし、使われそうなコースの候補も浮かび上がって来るはずよ」
「・・・なるほど・・・」
「地道で大変な作業だけど、地図を過信したら駄目。半径3kmなら、手分けをすればきっと出来る」

 やっと納得の言ったらしいミナスが、ふうと息をついてつぶやいた。

「・・・了解。地図ってやつが言うほど当てにならないものだってのは、嫌になるほど知ってるから」

 どうやら、亜麻色の頭の中にはあの地図作製組合の主任の顔がちらついているらしい。その人物もまた、地図の正確さに血道をあげているのである。
 今までの作戦のおさらいが終わった後、ジーニはきっと眦を上げて確認する。

「当日は、メンバーみんなでスタート地点に向かうわよ。行き当たりばったりだけど、この限られた期間、素人が勝負できる可能性に、全力を尽くしましょ」

 そこで、彼女はトン、と杖の髑髏で自分のことを指した。

「・・・みんな、ついて来てもらうわよ。冒険者のお手並みってやつを見せてやろうじゃない」

20130306_105.png

2013/03/07 18:01 [edit]

category: スティープルチェイサー

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top