Fri.

腐者の洞窟 4  

 すると、そこにはまだ残っていたらしいゾンビが5体いた。
 ため息をついて、ギルが剣を抜く。

「まだいたのかよ。魔法使いたち、援護は任せたぜ!」
「唱え終わるまで、あんたたち攻撃は避けなさいよ」
「が、がんばるよ・・・!」
「お任せください!」

 ルーンマスターが詠唱に入るのを横目に、最後の掃討が始まった。
 【魔法の矢】の詠唱の途中でジーニが怪我を負うものの、【水淑女の守】がそれを癒す。
 攻撃で詠唱を邪魔されたが、それでも放たれた【魔法の矢】で、ボロボロに崩れかけたゾンビにエディンが飛び掛り、首と足首を傷つけた。
 その向こうで、アウロラの新しい法術【光のつぶて】もゾンビを打つ。
 たちまち起こった戦いは、あっという間に終わりを告げた。

 ゾンビの群れは何かを守るような形で、この部屋にいた。
 てっきりエディンはこの部屋に何かあるのかと思ったが・・・。

「ふう・・・何もない、か」

 しかし辺りを見回しても何もない。
 一見すると何かありそうな気配はするが・・・?
 首を傾げる仲間に、ギルが言った。

「探し方の問題じゃねえの?ジーニ、さっき使ったオーブで何か分からないか?」
「んー・・・あ、そうだわ。生命のオーラじゃなく、魔力だとしたら・・・!」

 荷物袋から出したのは、オレンジ色の”魔彩のオーブ”。
 掲げてコマンドワードを唱えるジーニに、ギルが声を上げた。

「あ、それか!」
「多分ね・・・・・・・・・・・・あっ、魔力でできた壁がある!」

 部屋の何かを隠すように存在する魔力の壁は、見かけだけで通れるようだ。
 一行はジーニに手を引かれながら、目では視認できないあちら側へとすり抜けていく。
 そこには、奥のほうにオーブを納めていたのと同じ大きさの宝箱があった。

「魔法の鍵がかかってる。罠はない・・・」

 調べていたエディンは、ポケットの中の硬い感触を思い出した。
 あの鍵束は、これを開け閉めするためのものだったのではないだろうか?
 魔力の使いすぎで黒ずんだ鍵束をポケットから出すと、エディンは躊躇なくそれを宝箱へと差し込んだ。

ScreenShot_20120724_133515812.png

「よし、開いた」

 砕け散る鍵には目もくれず箱を開ける。
 すると、中から出てきたのは一本の杖だった。
 しかも、よく賢者の塔にいる魔法使いが使うような、青い宝玉のついた杖ではない。
 宝玉のつくべき部分には、灰色の小さな髑髏が鎮座しており、見るからに禍々しい印象を受ける。
 嫌な顔でそれを持って立ち上がった盗賊へ、ジーニが繊手を差し出して杖を取り上げた。

「これは死霊術士の杖ね。ネクロマンサーが魔法を使用する時、この髑髏に魔力が集中して詠唱を助けてくれるのよ」
「呪われたりとか・・・」

 ミナスが恐々と覗き込むのに、ジーニは微笑んで言った。

「魔力を操るだけの知力と、髑髏の負のエネルギーを制御する狡猾さがあれば、呪われたりなんてしないわよ。少なくとも、私なら平気ね。リーダー、これもらってもいい?」
「えー?そんな杖でいいのかというか、大丈夫なのか?」
「こけおどしにはちょうどいいじゃない。詠唱の助けになるなら、髑髏も宝玉も、私にとっては同じことよ」

 杖で自分の肩をたたきながら、ジーニが笑った。
 ネクロマンサー、と聞いて渋い顔をしていたアウロラも、ため息をついて応じる。

「まあ、私も氷心の指輪を購入させてもらいましたし・・・ジーニが杖の力で、悪の魔法使いの道を歩むわけでもないのなら、目を瞑ります」
「しないわよ、そんなこと。めんどくさい」

 一同の懸念を、めんどくさいの6文字で叩き切ったジーニは、意気揚々と帰りを促す。
 冒険者たちは、それぞれの笑みを浮かべながら、宿への帰路へとついて報酬を受け取った。

 数日後。
 あの洞窟で助けた男性が、狼の隠れ家にやってきた。
 宿の親父さんに呼ばれて、階下へと降りてきた冒険者たちは、その姿にあっと声を出す。
 男性は照れくさそうにお辞儀をして、自己紹介した。

「私は、ウィザニールという町で商人を営む、カンテラという者です。あのときのお礼です。どうぞこれをお受け取りください」

と言って、ハーブポーションと300spをギルに渡してくれた。
 ハーブポーションは、傷薬に解毒作用をもつハーブをブレンドした、珍しい品である。
 カンテラ氏は、元々商談でリューンに足を運んだらしく、礼が終わると慌しく立ち上がった。

「それでは私はこれで・・・もし機会があればウィザニールで会いましょう」

 そう言って宿から出て行く姿を、冒険者たちは手を振って見送った。

※収入600sp+300sp、生命の瞳、魔彩のオーブ、ハーブポーション、死霊術士の杖入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
4回目のお仕事は、iuoさんの腐者の洞窟というゾンビ退治シナリオです。
形としては非常にシンプルな洞窟探検(とモンスター退治)なのですが、その中に魔力感知や生命感知など、キーコードを持ってないと手も足も出ないギミックが盛り込まれており、短編だとは感じさせないよく考えられたシナリオだと思います。
最後の杖取得も、腐者の洞窟らしいいいデザインだなあと。

このシナリオ前に、一気にスキルをそろえ、とりあえず火や氷、実体のないものにも対応できるようになってきました。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/11/02 01:20 [edit]

category: 腐者の洞窟

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top