Thu.

傍迷惑な盗賊団 3  

 いくつかの部屋を歩き回って(ついでに下っ端も片付けて)いたミナスは、今までとまったく様子の違う部屋へ迷い込んでしまった。
 チンピラたちが使っていたと思しき部屋は、乱雑に生活用具が置かれているだけだったのだが、ここはちゃんとした寝台やテーブルが並んでいる。
 そしてその中央に・・・。

「なんだ?用事があるならまずノックしてからと言ってるだろうが・・・!!」
「あ」
「てめえ、生きてやがったのか!?」

 盗賊団の副長がいた。どうやらここは彼の部屋らしい。
 彼は舌打ちすると長剣をかざして襲い掛かろうとしたが、それよりもスネグーロチカが副長に抱きつく方が早かった。

「ハァ・・・こんな子供にもやられるとはね・・・実力は部下とそう大差ないんじゃないの?」

 ため息をついたミナスは、彼が握っていた剣を取り上げた。気絶から回復しても、武器がなければ下手に立ち向かってこないだろう。
 机の上の本を取り上げてみる。

(・・・これは・・・剣術を習得するための練習が書いてある・・・まともに剣術を習おうとするなら、騎士団へ行けばよかったのに・・・)
(こっちは・・・・・・うわあ、細かい地図。きっと盗難用のルートや逃走用のルートを考えていたんだろうね)

 二冊を机に戻すと、ミナスはまだ行っていない通路の方へと歩き出した。
 やがて日の光が差し込むのが見えてくる。恐らく出口だろう・・・。
 チンピラが二人、唖然とした様子でミナスを見つめている。最初に武器を取り上げようとなだれ込んできたが、副長に促され下がった下っ端たちだ。

「――!!て、てめえ、生きてやがったのか!?」
(皆同じような台詞だな・・・そんなに強そうに見えないからかしら?)

 そりゃギルやアレクのように鍛えてるわけでも、エディンのように人より背が高いわけでもないけどと、ちょっと彼が落ち込んでいると。

「ふ、副長は一体!?・・・!てめえ、その剣は、副長の!?」
「・・・あぁ、名誉の戦利品か」
「く、くそ、こんな時に頭が来てくれたら・・・」

 チンピラの一人がそう台詞を口走った時である。

「迎えが少ねぇぞ!!野郎ども、一体どうした!?」
「お、お頭!!」
「へぇ・・・お兄さんがこの間抜けっぽい盗賊団のお頭か」
「あん?・・・誰だ、そいつは」

ScreenShot_20130212_001443488.png

 親父が言っていた通り、若い男だった。年だけなら、アウロラより少し上くらいというとこだろう。
 しかし、その茶色くすばしこい目の光は、最年長であるエディンと変わらぬ熟練さを示していた。
 ミナスが取り上げておいた副長の剣に気づき、怒りをあらわにした頭は、チンピラ二人を叱咤して武器を抜いた。

「て、てめぇ・・・許さねぇぞ!!行くぞ野郎ども!!」
「へ、へい!!お頭!!」
(・・・やれやれ、また戦闘か・・・)

 ミナスは≪森羅の杖≫を振り上げて叫んだ。

「出でよ、ナパイアス!!激流でこいつらを押し流して!」
『お安い御用さ』

 たちまち具現化したナパイアスの激流が、大の大人三人を凄まじい勢いで流していく。

ScreenShot_20130212_001820863.png

「グ・・・つ、強え・・・」
「駄目だ・・・敵わねぇ・・・」

 すぐリタイアしてしまった部下を見て、頭領が狼狽する。

「どうする?降参する?」
「するわけねぇだろ!!バカにすんな!」
「あ、そ」

 ミナスはむしろ面倒くさそうに答えた。彼はもう一度、ナパイアスに呼びかけて――そのまま戦闘は終了した。

「全く・・・傍迷惑な盗賊団だ」

 盗賊団のアジトが山腹にあったため、時間をかけてようよう宿まで帰還したミナスだったが、ひとつ重要な事を忘れていた。
 それは・・・。

「・・・ただいま~・・・」
「おい、ミナス!朝っぱらに出かけておいて夜に帰ってくるとは一体何事だ!!」
「勘弁してよ、親父さ~ん・・・朝に言ってた盗賊団に捕まって・・・」
「ハァ?」

 事情を話すが、中々信じてもらうまでに時間がかかった。

「・・・まぁいい・・・で?」
「え?」
「頼んだ食器類はどうした?」
「へ?食器・・・・・・あ!!」

ScreenShot_20130212_002351301.png

 ――この後、親父さんにたっぷりと説教されたのは言うまでもない。
 数日後、リューン騎士団の団員からあの傍迷惑な盗賊団を壊滅させた礼金(500sp)を受け取ったミナスだったが、この時はそんなこと知る由もなかった。

※収入500sp≪龍鱗鎧≫≪無銘の剣≫≪琥珀≫≪傷薬≫×5※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
39回目のお仕事は、オサールでござ~るさんのシナリオで傍迷惑な盗賊団です。さくっと楽しめる短編シナリオですが、文章量的にも時間的にも非常にやりやすかったです。ありがたや~。
このシナリオを選んだ理由としては・・・仲間が過保護で(ファレンの後遺症ですが)なかなかミナス一人で依頼を引き受けそうになかったことが挙げられます。そこで悩んでいたらこちらのオープニング。
親父さんから(脅されて)お使い頼まれたなら、依頼じゃないんだし行くよなあ、と。
なのに盗賊団に誘拐されてしまうのですから、よくよく彼は運がなかったのでしょう。(笑)
前回の宣言どおり、こちらの作品は月下美人とはクロスオーバーしておりませんが、この方がミナスの性格からするとスムーズだったので、親父さんのお使いに行く理由として使わせていただきました。

次回は、やっとフルメンバーによる冒険となります。装備もそこそこ揃ってきたので、お楽しみに。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2013/02/14 00:19 [edit]

category: 傍迷惑な盗賊団

tb: --   cm: 2

コメント

更新、いつも楽しみにしています。
そろそろ全員7レベルの大台に上がる頃でしょうか。
精霊術師の醍醐味はやはり今回のリプレイでもあるようにソロシナリオでの手数確保ですね。
召喚スキルはリューンのものだけでなく、低レベルから使用できるスキルが増えたおかげで、ずいぶんと利便性が上がったように思います。

URL | 堀内 #wKzDXcEY | 2013/02/14 23:10 | edit

コメントありがとうございます

堀内さん、いつもコメントありがとうございます。リプレイ更新の励みになっております。
はい、お察しの通り全員が7レベルになりました。召喚スキルメインのミナスとしては、ここからいよいよ本領発揮というところでしょうか。
リューンの精霊宮嫌いじゃないんですが、ちょっと7レベルまでスキルお預けは辛いですよね・・・。Martさんが作った精霊術師の概念て、広くカードワースで浸透してるんだな~とよそ様のリプレイ見てよく思っています。

URL | Leeffes #GxgKbucs | 2013/02/15 00:02 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top