--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Thu.

命を失くした話 3  

 無造作にギルバートはドアを蹴り破った。
 得物を握り直し、鋭く闇を見据える。

「・・・隠れてないで出てきな。もはや隠れても無駄だ」
「・・・・・・・・・」

 ギルバートが見据えた先にはこの村の村長の姿があった。
 ゆっくりとした足取りでギルバートの元まで歩み寄ってくる。

「げに恐ろしき男よ・・・ただの一人で村の人間を殺し尽くすとは・・・」

ScreenShot_20130204_200537101.png

 村長はゆっくりと愛用のパイプを左手に掲げて言った。

「我らが何をした?貴様ら冒険者には我らを裁く権利はあるまい」
「惚けなくていい。ここが小規模な麻薬の精製場である事は調査済みだ」

 ギルは静かに言い渡した――この村に来たのは、ある人物からの依頼である事。

「麻薬が世に広まる事を危惧しての事だろう」
(麻薬の・・・精製場・・・?)

 エセルはひたすら身を硬くして二人の会話に聞き入っている。

「この村で採れるラッシュと呼ばれる麻薬・・・それは体質的な都合で大人の男性しか服用できない。この村に女性が少ない理由が分かる。昔は村の全員で吸っていたのだろうな」

 黒い眼が細められる。憤慨?悲哀?どちらだろう――?

「辛うじてこの世に生を受けることが出来たのはあのエセルのみだ」
(・・・・・・・・・!!)
「・・・いつから気づいておった」
「俺が集会所に行ったとき・・・無理に煙草を奨めてくるからそのときに確信したよ」

 ギルバートは静かに首を振った。

「お前らはこうやって村の人間を増やして来たんだ。禁断症状という見えない鎖で旅人をこの村に縛ったんだ」
「ふん・・・。それで、どうするつもりじゃ。僅かに・・・じゃが、街には輸送した」

 手のパイプを再び口に戻し、もったりとした口調で村長は喋った。

「そやつらはここの薬がなければ死んでしまう。貴様はそういった人間をむざむざと見殺しにするか」
「それは、お前の台詞じゃない。見殺しにするもしないも、俺は彼らが麻薬をヤった事とは全くの無関係だ。残念だが、今の医療技術では麻薬の呪縛から脱却することは不可能に等しい」

 不心得者であるギルバートは口を歪めて笑う。

「たとえ聖北の神の力でもな。だからといって麻薬を許すわけにはいかない。自分の意思で禁断症状と闘うか、あるいは・・・」
「・・・・・・・・・」
(・・・・・・・・・)

 村長は黙り込んでいた。それに合わせる様に、隠れているエセルもそれ以上のことを考えられない。
 重々しい音を立てて、ギルバートが斧を構える。

「お喋りが過ぎた・・・そろそろ覚悟して貰おうか」
「ふん・・・とうに覚悟は出来ておるわ。だが、最期に教えて欲しい。貴様の依頼人とは・・・」
「悪いが、冒険者の義務だ。依頼人の素性を話すことは出来ない」
「そうか・・・まぁ良い。間違いではないじゃろう・・・」

 言い残す事があるかギルバートが問うと、村長は銀貨の入った袋を投げて寄越した。300spあるという。

「その金で、エセルを助けてやってくれ」
(・・・・・・・・・!?)

ScreenShot_20130204_201928101.png

「あの子は何も知らない。村で麻薬を造っておることも我らの正体も知るまい・・・」

 村長は皺をいっそう深めて、いとし子を見る時のように微笑んだ。

「あの子はこの村の最期の良心なのじゃ・・・言うなれば、腐ったこの村の誇りじゃ」

 後生だから助けてやって欲しい、と言い募る村長に、ギルバートは努力はすると答えて斧を振るった。

「村、長・・・・・・」
「次は君だ、エセル」

 ギルバートは得物を収め、懐から短剣を取り出した。

「・・・うん。あんなこと聞かされたら、私だけ生きてる訳には・・・」

ScreenShot_20130204_202340257.png


2013/02/07 20:13 [edit]

category: 命を失くした話

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。