Fri.

謎の地下室3  

 上手く詠唱に集中できたミナスが、すかさず【蛙の迷彩】で一行の回避力をアップする。
 続けざまに、スキル辞典をめくっていたジーニが、【眠りの雲】を唱えて敵を眠らせた。
 深い魔法の眠りに落ちた敵を、エディンやアレクが殴っていく。
 最後の一人をギルが気絶させ、やっと戦闘が終わった。

「一丁あがり!」
「このスキル辞典って、ページ数が多過ぎてめくるの大変ねえ。便利は便利なんだけど」

 ジーニは分厚い辞典の表紙を、その感触を確かめるように撫でて言った。
 すると、男たちが列を成していた穴の向こう側から、役人にありがちな固い印象の、鎧を着た壮年の男が走ってくる。

「あの・・・・・・あなたは?」

 ミナスが不思議そうに声を掛けると、男はこう答えた。

「私はリューンの牢獄に勤める者だ。ところでお主、この辺りで迷彩服を着た6人組を見なかったか?」
「めいさいふく・・・」
「6人組・・・・・・」

 アレクとエディンが顔を見合わせて言った。

 その隣で、きょとんとした様子のギルが、「それならここに・・・」と声を上げてしまう。
 慌てて口を塞ごうとしたが、時既に遅し。
 脱獄の助手の疑いをかけられ、あっけなく一行は脱獄囚と共に連行されることになってしまった。

ScreenShot_20120722_140711875.png

 事情を説明し、時間はかかったものの誤解を解くことに成功した一行は、なんと看守から、捕縛のお礼として1000spもの大金をもらった。
 疲労を滲ませつつ、それでもホクホク顔で宿に戻ったのだが、

「留守番ご苦労・・・・・・って、なんだその穴は!?」

と、出先から帰ってきた親父さんに詰問されてしまった。
 エディンが焦って

「いや、これはその・・・」

と言い掛けたが、親父さんはきっぱり一言。

「弁償してもらうぞ」

 床の修理代は、結局500spもかかってしまった。
 カウンターで頬杖をつきつつ、アウロラとジーニが言う。

「元はといえば、簡単に崩れるくらい老朽化してる床を放置した、親父さんが悪いんじゃないですか」
「そうよねー。私たちの責任じゃないわよお」

 しかし、それも泣きながら床を直す男性陣には聞こえなかった・・・。

※収入500sp、【空間歪曲】(売値1000sp相当)、【凶運】(売値500sp相当)、スキル辞典(売値1000sp相当)、金の鍵(売値2500sp相当)※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
3回目のお仕事は、Allegroさんの謎の地下室です。
とってもギャグっぽいテイストなんで、気軽に張り紙をはがしたら戦闘がシビアで私が半泣きしたのは、蛇足な話でございます。リードミーに、”「レベル1で突貫しま~す!」なんて事を考えているのであれば、魔法の矢を最低でも2つと傷薬を何本かは用意”とか書いてるのにね!
なお、ここで手に入れられる金の鍵についてですが、無制限の盗賊の手みたいなものですので、正直売るのはもったいないです。私は現金が欲しくて売却してしまいましたが、とっておくのをオススメします。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/11/02 00:45 [edit]

category: 謎の地下室

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top