--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Thu.

アルク・トゥルスピカ 2  

 しばらくすると行く手に滝が見える。さらに奥へ進むと・・・・・・。
 エディンがまたもや手で仲間を遮った。
 目を凝らして見てみると滝壺のそばの穴倉から、熊が顔を覗かせている。
 しかしエディンは同時にある事に気づいた。
 穴倉の奥のほうで何かがキラリと光ったのだ。

(金銀財宝を蒐集する野獣か・・・・・・)
(前に風車の遺跡で倒したグリフォンみたいねー。ワールウインドだっけ?)
(・・・・・・あの時はいい金になったな)

 全員がばっとアレクを見つめた。まさかそう言う意見がこの男から出ると思わなかったからである。

(な、なんだよ)
(・・・・・・いえ、あなたでもそういうことを気にするのかと思いまして・・・)
(違う、皆。アレクは最近、防具が欲しくなってきたんだ)

 俺もだけど、とギルが呟いた。
 その推測は当たっていたようで、アレクは羞恥からか白皙へかすかに血の色をのぼらせていた。

(最近、肉弾戦の応酬が激しいものねー)
(・・・そういうことなら仕方ない、もっと近づいてみるか)

 僅かに歩を進めた瞬間・・・・・・。

「グオオオオオン!!」

 熊が穴倉から勢いよく飛び出してきた!
 どうやら初めから”金狼の牙”に気づいていたらしい。

「あぶねっ!」

 咄嗟の判断で、エディンはそのグリズリーの太い足を【磔刑の剣】で岩場に釘付けにした。

ScreenShot_20130120_054243578.png

 反射的に【信守の障壁】を唱えたアウロラの手から、法術による魔法のベールが全員に降りかかる。

「よし、よく二人ともなーいす!もらったあああ!」

 ギルが勢いよく【暁光断ち】を放ったが・・・・・・。

「げ、まだ倒れない!今の結構必殺技だぜ!?」
「野生の獣の体力を甘くみるんじゃねえ、リーダー!」

 折角束縛していた細剣も怪力に引き抜かれ、敵は傷の痛みにますます猛り狂っている。
 慌ててギルやアレク、エディンが波状攻撃を繰り出すも、致命傷にはなっていない。

「仕方ないわね~。やっぱりここは・・・」
「魔法攻撃、だよね。出でよスネグーロチカ!」
「旋風の護りよ!」

 それぞれの魔法の媒体である杖をかざし、ジーニとミナスが魔法を唱えた。
 現れた雪の精霊と風の刃による障壁が、グリズリーに襲い掛かる。
 後一歩のところまで追い詰めたからか、油断したアレクとエディンが岩に足を取られて体勢を崩し、僅かに熊の爪で怪我を負ったものの、その後どうにか仕留めることができた。
 やれやれと息をつき、穴倉の中を調べる。
 すると、一振りの剣・魔道具らしき指輪・いくらかの銀貨を発見することが出来た。

「こっちの剣は普通の武器ね。でも、指輪は【魔力感知】の魔法が込められているわ」

 ジーニの鑑定で価値の高いものと分かった。どうやらこの場所に訪れた無謀な者を殺して蓄えたものらしい。
 ”金狼の牙”たちは亡くなった者への冥福を祈りながら、それらを頂戴することにした。

「・・・・・・・・・?」

 ジーニは周囲に微弱な魔力の波動を感じた。
 先程手に入れたばかりの指輪を使って、波動の元を探る。

「・・・・・・そこね」

 穴倉の奥深く、人骨か獣の骨か分からぬものの山に小瓶が埋もれていた。
 土で汚れて中身が見えないからと、ギルが小瓶を開けてみる。
 ぽん、と軽い音がして小さな影が飛び出してくる。それは、先の冒険の時に会ったのと違う種類の妖精だった。
 そうして皆が驚いて呆気に取られていると、常緑樹の髪をしたその小さな妖精は滝へ向い・・・忽然と姿を消してしまった。
 不思議に思って後を追ってみると、滝の裏には洞穴への入り口があった。

2013/01/24 19:09 [edit]

category: アルク・トゥルスピカ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。