Wed.

奇塊 3  

 ”金狼の牙”たちはアウロラ・ジーニ・ミナスの補助魔法をかけ、召喚魔法で支援を呼んでから突っ込むことにした。
 ダスキンの言うには、ビボルダーの警戒しなければならない攻撃は、触手の先の目から放たれる睡眠光線と石化光線らしい。
 動かなくなったところをすかさず石化される、という最悪のコンボから脱出するには、何としても【血清の法】を習得しているアウロラに生きていて貰わねばならない。

「前の冒険で、銀の鍵の本を手に入れてて良かったですね」
「いいか、危ないと思ったらそれをかざすんだぞ!」
「俺達の命はお前に預けた!」
「・・・エディン、ギル。すごい怖いプレッシャー与えないでくださいよ・・・・・・」

 はあーっと深くため息を吐いたアウロラは、この世ならざるところから持ち帰った古い本の表紙を撫ぜた。
 鍵の掛かっているこの本は所有するだけで回避力が上がり、かざせば防御力と抵抗力まで上がる。

「よし、散会しろ!」

 ギルの合図で”金狼の牙”たちはそれぞれの間合いへと散会する。
 最初のほうの戦いで、早速魔法に少し弱いエディンが麻痺させられたものの・・・。

「【破邪の暴風】!!」

 神聖な力を宿し白く輝く斧が、小さな台風のようにビボルダーの身体へ傷を刻む。
 眠りにやられたジーニが膝を突いたものの、彼女の張っていた【風刃の纏い】が更にその傷を大きく広げる。
 その痛みに激昂したのか、ビボルダーから続けて二回も石化光線が放たれ、なんとエディンが完全石化・頼みの綱のアウロラまで麻痺してしまった。全滅の二文字がダスキンの脳裏にちらついた。
 ところが、ファハンの攻撃に紛れて投げたミナスの護身用ナイフが、一際大きなビボルダーの目に突き刺さる!
 
「グオオオオオ!!」

 怪物の断末魔が下水道にこだまする!ゆっくりと怪物の巨大な瞳が閉じて行く・・・。

ScreenShot_20130108_102108750.png

「・・・死にました?でも、なんだか気の毒ですね」
「気の毒なのはこっちだろ、ダスキン!ああ、アウロラとエディンが~!」
「ギル、落ち着いて。麻痺の緩和なら僕が出来るから・・・」

 ふたたび動き出した冒険者たちに、ダスキンが「この死体片付けるの手伝ってくださいよ!」と呼ばわった。

「あ、それと気を付けて下さいね。なんたってこいつの向こうには何万トンという汚水が溜まってるはずだからね。気をつけないと・・・」

 恐怖から解放されたダスキンの舌がまたしても高速回転を始めていたが、「ん?」と言って止まった。
 それと同時に、怪物の身体が風船のように破裂した。
 その向こうに見えるのは、天井まで満々と溜まった緑色に輝く汚水の壁・・・!!

「嘘ぉーっ!!な・・・なんつーふざけた生物っ!?」

 リーダーの叫びも、

「び、び、び、ビンゴぉぉぉっ!!」

 依頼者の叫びも、

(どばっしゃああああああ!)

 次の瞬間、崩れた水の壁の轟音に飲み込まれていった・・・。
 
「げへっ、げへっ・・・皆さ~ん、無事れすかぁ?」
「けほっ、けほっ・・・何とか・・・ね。けほっ・・・」

 ダスキンに応えたアレクが、流されながらがっちり抱えていたエディンの石像をそっと階段に置いた。
 ギルも麻痺しているアウロラを段に横たえている。
 【水淑女の守】をミナスが何度かアウロラにかけると、彼女は咳き込みながら起き上がった。
 呼吸を整え終わると、【血清の法】を使って仲間の石化を解除する。

「・・・・・・・・・っくはー!!!やべえ、今度は死んだと思った!」
「本当、危なかったですね・・・よく生きてたものです」
「ミナスのおかげよぉ。アレにトドメさしたのもこの子だもの」

 ”金狼の牙”たちは揃って汚れた水でくしゃくしゃになったミナスの頭を撫でて誉めた。
 汚水が止まっていた原因も分かり排除したが、最後にちゃんと確認だけしようと、疲れきったダスキンを慰めつつビボルダーを見つけた場所まで進んだ。
 ・・・水路の先は金属製の格子戸になっている。向こうから勢いよく汚水が流れてきている・・・。

「この格子戸の向こうが苦情のあった区画に続いているんです。それにしても・・・酷い荒れようだなぁ」
「・・・ん?ここは?」

 エディンは格子戸近くの壁が崩れて大きな穴が空いているのを発見した。
 声によって穴に気づいたダスキンも、その穴の近くまで寄って中腰になる。

「うわぁ~、こりゃ酷い。地震か何かで崩れたのかな・・・ん?穴の向こう、なんかあるぞ?」
「どれどれ?お、結構広・・・い・・・?」
「これは・・・旧文明期の遺跡だ!」

ScreenShot_20130108_104534546.png

 穴の向こうは下水道のとは少し違う石材でできた小部屋だった。
 灰色の石櫃が部屋の真ん中に設置されている。喉の奥で唸り声をあげたエディンが指を這わせて調べると・・・。

「罠が仕掛けられている。不用意に開けると罠が発動する仕掛けだ」
「外せそうか?」
「ここまで来て、やらないってのはないだろ。ちょっと待て・・・」

 エディンの繊細な指先が蓋の継ぎ目の辺りをさまよっていたが、カチリと小さな音がした。

「よし、開いた!」

 石櫃の中に入っていたのは一冊の本だ。他には何も無い・・・。
 本を渡されたダスキンは、中身を確認して歓声とも喚声ともつかぬ声を上げた。

「まさか、これ・・・いや、間違いない!これ、この下水道の地図だ!」

 最下層まで図面が載っているその本を解読すれば、念願の魔法装置の在処も分かるかも・・・と、ダスキンの興奮は最高潮に達した。

「こ、この本は私が清掃局の所員として管理させて頂きます」

 下水道の図面は惜しいが、今回の探索で色んなマジックアイテムを手に入れているし、ダスキンの本を捲る時の目の色ははっきりいってやばかった。冒険者達は大人しく帰ることにした。
 数十分後。
 宿に戻った”金狼の牙”たちは汚水まみれのため親父さんに入店を禁止され、バケツに汲んだ水である程度清めるまで、店の前に突っ立っていたという・・・・・・。

※収入1200sp、≪鋼鉄の箱≫≪魔法の護符≫≪癒しの錫杖≫≪光弾の書≫×3入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
23回目のお仕事は、GroupAskさんの公式シナリオ・奇塊でした。公式シナリオの中でもかなりコミカルで、気分を明るくしたい時にやりたいシナリオなのですが・・・一撃必殺(睡眠と石化のコンボ)があるので、ビボルダー相手の戦闘はどきどきです。(笑)。また、Askシナリオ最強のアイテムを手に入れるチャンスでもあります。これがないとこの後がね・・・・・・。
魔力の護符は、適正がエディンに合わず売ってしまいました。どうもエディン、大胆さに欠けるようでして。狡猾で好戦的だから、罠外しと戦闘で頼りになるんだけどなー。(笑)

そうそう、このシナリオではビボルダー撃退後にそのまま帰ってクリアも可能です。しかし、そこで勇気を出して戦いの現場に戻れば今回のリプレイみたいに地図発見できますので・・・もしご存じない方がいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2013/01/16 09:11 [edit]

category: 奇塊

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top