--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Fri.

L'avenir ou la Mortその3  

「これは――いい景色ですね」
「はい。上から見ると、街はあんな風なんですね……まるで精巧な箱庭みたい……」

 オーガが拳で真っ二つにした大岩から抜け出ると、そこは山の頂上へ続く道になっていた。
 あの大岩で出口を塞いだのはオーガの仕業だろうが、何故彼らがそんなことをしたのかは不明である。
 ただ、大変な目に遭った洞窟から、一刻も早く距離を置きたいナディの心情は、ミカには手に取るように分かったので、促されるまま上り坂を上がっていき、無事に頂まで辿り着いたのである。
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

2018/05/11 14:05 [edit]

category: L'avenir ou la Mort

tb: --   cm: 0

Fri.

L'avenir ou la Mortその2  

 下生えはよく生い茂り、細い先端でこちらの足首を突いてきたが、山に立ち入ることを鑑みて足ごしらえした両者には、さほどの苦痛にはならない。
 それでも、石畳で整備された街中を歩く感覚とはかなり違うため、ミカは事あるごとに同行者の様子を窺い、疲労が溜まり過ぎていないかを確認していた。
-- 続きを読む --

2018/05/11 14:02 [edit]

category: L'avenir ou la Mort

tb: --   cm: 0

Fri.

L'avenir ou la Mortその1  

 ミカは目前に座る老年の男を、じっと見つめた。
 とは言っても、まったく艶めいた話ではなく、ただ単に依頼について聞きに来ただけだ――ミカひとりで。
 前にレイド・クラウンという暗殺者によって、嘘の依頼に嵌められそうになったこともある彼女が、単独の仕事に行かないよう、従者たるナイトが説得していたのだが、今回の頼みごとについては、賢者の搭の知り合いから持ち込まれたものである。
 曰く、『賢者の搭で学んだ子どもたちの”修了試験”に、同伴する冒険者を募っている。あなたも参加して欲しい。』と。
 ミカはリューンとは違う地方都市で魔術のいくつかを学び、修了試験に該当するものを受ける前に、冒険者として一人立ちした経緯がある。

ScreenShot_20180319_161447675.png
-- 続きを読む --

2018/05/11 13:55 [edit]

category: L'avenir ou la Mort

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。