Fri.

新人と私その5  

 気密性の高い、(ミカを抜かして)男だらけの狭い部屋の中に、ぱっと花が咲いたようである。
 堂々と大きな花弁を何重にも開く、匂い立つような艶やかな花――だが、その色は毒々しいまでの血の赤であることは間違いない。
 胸をそらすようにしてにこやかに現れたその女性に、少し戸惑ったような顔をしていた男は、気を取り直して声を掛けた。

「…ほお、お前も来たのか。これまた随分なタイミングだな。で、ここの事は話さなかったが良く場所が分かったな?」




-- 続きを読む --

2017/04/28 19:25 [edit]

category: 新人と私

tb: --   cm: 0

Fri.

新人と私その4  

 山中の獣道は、確かに心得のない人間にとって、道案内をしてくれる相手がいなければすぐ見失ってしまうようなものであった。
 だが、妖精のムルによって森や山の歩き方を習い、多々ある植物の判別が容易につくようになってきているミカにとっては、あまり困難な道ではない。

(だから……出来れば、断りたかったんですけど……。)

 やはり自分だけでも良かったか、とミカは気が重くなった。
-- 続きを読む --

2017/04/28 19:21 [edit]

category: 新人と私

tb: --   cm: 0

Fri.

新人と私その3  

 綺麗に整えられた部屋の中で、壁に掛かった絵や胡桃材の書き物机を物珍しそうに眺めているレイをよそに、その男性は淡々と口を開いた。
 彼は今しがた、ミカがリューンから運んできたオルゴールの木箱を受け取り、受領についての証明書を羊皮紙に書き記したばかりである。

「…遠い所わざわざご苦労さん」

 年の頃なら50歳前後――彼が、アントゥルの村の長である。
 落ち窪んだ双眸や頑固そうに引き結ばれた口は、少なくない責務を預かる男のことを、雄弁に語っているようだった。
-- 続きを読む --

2017/04/28 19:19 [edit]

category: 新人と私

tb: --   cm: 0

Fri.

新人と私その2  

 リューンの数ある通りの中でも、最も有名な住宅街の”木の葉通り”。
 冒険者が探せば、たくさんの知り合い(依頼人等)が住んでいる通りでもある。
 井戸端会議をして高笑いする主婦たち、追いかけっこをして遊ぶ子供たちなど……様々な人が、それぞれの持つ時間を有意義に使っているように見えるだろう。
 凝った装飾がついていたり、端整なレンガ造りだったりする建物が多い中で、ミカとレイが訪れたのは、白い外壁を持つ一軒家だった。
 今回の依頼人たるティルア・ライン嬢の家である。
-- 続きを読む --

2017/04/28 19:16 [edit]

category: 新人と私

tb: --   cm: 0

Fri.

新人と私その1  

 やや曇りがちな空の広がる、雨が上がった朝のリューン。
 やっと乾いてきた地面を選ぶようにして足を出し、若者たちが騒がしく去っていく。
 青物を扱う店舗では、果実や根菜の詰まった樽を奥から取り出し、新鮮に見えるよう朝日に当てて、通りかかりの主婦に声を掛け始めていた。
 そんなつかの間の明るさを見せている街中で、スラムにほど近い一角に、冒険者の店である≪狼の隠れ家≫があった。

新人と私

-- 続きを読む --

2017/04/28 19:13 [edit]

category: 新人と私

tb: --   cm: 0
 こんにちは、Leeffesです。
 あんまり素敵な素材が次々とできていて、楽しく合成させてもらっていたら店になってました。
 カフェの割に軽食じゃなくてがっつり系のご飯ものも置いてたりしますが、そこはご愛敬で。
 ……空いてるスペースで武具売ってる人もいますが、そこもご愛敬で……どう考えても怪しいけど。
 お時間がある方や、自分のところのパーティの冒険者は色んな他シナリオのクーポン持ってるぜ!などという方などいらっしゃいましたら、また出来上がるまでお付き合いお願いします。

 Cafeさんでなん

 2017年5月2日をもって、Ver1.00として完成版といたします。
 テストプレイしてご報告いただきました皆様、ご自分のシナリオフォルダにダウンロードしてくださった皆様。
 私にしては珍しく時節に合わせた、春ぽいシナリオとなりましたがいかがだったでしょう。
 ちょっとでも楽しんでいただけたなら光栄です!
-- 続きを読む --

2017/04/17 12:33 [edit]

category: シナリオ

tb: --   cm: 0

Fri.

旗を掲げる爪の装備  

 9レベル、緊急の依頼にて(RE様作)をクリア後の冒険者たちの装備は、現在こんな感じです。





-- 続きを読む --

2017/04/14 13:08 [edit]

category: 設定・出納帳など

tb: --   cm: 0

Fri.

緊急の依頼にてその4  

「やはり――」

 ガウスは得心がいったような顔でそっと目を閉じた。

「アレは本当だったようだな…。人間よ…ここまで来るとは」

 彼が”森閑の悪魔”に聞いていた情報は、間違いなかったのだ。
 支配している魔獣たちが全滅したことを感知し、ガウスはぐるりと周囲を見渡した。
 実に稚拙な悪魔や魔獣たちを召喚するための魔法陣。
 召喚した対象を研究し、解剖し、合成し尽すことを意図した設備。
 相手の魔力を抑えるために拵えられた、いくつかの魔法の品。
-- 続きを読む --

2017/04/14 12:58 [edit]

category: 緊急の依頼にて

tb: --   cm: 1

Fri.

緊急の依頼にてその3  

 レイスに似たローブ姿の生物が新月刀で斬りかかって来るのを、小柄な肢体が俊敏な蜂のように回避し続ける。
 死霊かと最初勘違いしたのだが実体はあるようで、アンジェの振るう糸や短剣は確実に相手へダメージを及ぼしていた。
 先ほど、Cブロックで奮闘している研究員からの援護要請に引き続き、悲鳴も聞こえてきていたのだが――今では、不気味なほど沈黙を保っている。
 さらにアンジェへ追いすがろうとした敵を、ロンドがスコップの一閃で吹き飛ばす。

-- 続きを読む --

2017/04/14 12:51 [edit]

category: 緊急の依頼にて

tb: --   cm: 0

Fri.

緊急の依頼にてその2  

 集合場所でまず目を引いたのは、大剣一本を背中に負った金髪の青年だった。
 美丈夫という訳でもなく、どこの冒険者の店でも見かける風貌をしているが、滲み出る雰囲気はそこらの駆け出しや中堅とは一線を画している。
 青年の隣に立つ女性は、黒髪に黒い瞳と色彩的には地味なくせに、その麗姿は傾国の美女もかくやといった様子だ。
 ……しかし、その見た目とは裏腹に、装備している武器が鎌・刀が二本・槍とずいぶん物々しい。
 使い込んだ武器というのがすぐに分かるほど、全ての装備が違和感なく装備されている。
-- 続きを読む --

2017/04/14 12:48 [edit]

category: 緊急の依頼にて

tb: --   cm: 0

Fri.

緊急の依頼にてその1  

 魔界において数多い派閥の中でも大勢力のひとつである魔王ディアーゼとその軍勢が、たかが人間の冒険者たちごときに滅ぼされたという噂は、相手を騙すのが本能といっても過言ではない悪魔たちにとってにわかに信じがたいことだった。
 だが、その斥候を務めていた”森閑の悪魔”が罠に嵌められていなくなった後も、ディアーゼ側の動きは全く見られず、ついには魔王の片腕と見做されていたフレッシュゴーレムの女が、なんと人間に負けて向こうの世界に居座っているとなると、その信憑性もいや増すというわけだ。
 いつしか――では、魔王を滅ぼした冒険者とやらに打ち勝てば、あの大勢力を率いていた悪魔よりも実力が上だと示せるのではないかなどと、埒もない話が伝播していった。
 そんな中である――かの”森閑の悪魔”が戻ってきたのは。

緊急依頼
-- 続きを読む --

2017/04/14 12:43 [edit]

category: 緊急の依頼にて

tb: --   cm: 0
 こんにちは、Leeffesです。
 某所で夢小説シナリオの話を何名かの方がなさっておられたのですが、今一よく分からなかったので、「何か夢絡んでいたらそれでもいい?」と当て所なく尋ねてみたら、とりあえず作ってみたらどうだろうと、璃姫さんや鳥もちさんという親切な方にお声をかけてもらったので形にしてみました。
 ……何か違うものっぽいんですが、元々よあ様の素材使いたかったので、これはこれで。
 雨柳堂夢咄(波津彬子さん著・朝日ソノラマ)シリーズの中にあった鬼の灯という話が下敷きです。
 でもストーリーはちょっと違ってますので、読んだことのある方でも安心してプレイして下さい。
 お時間がある方や、読み物シナリオ大好きというお優しい方などいらっしゃいましたら、また出来上がるまでお付き合いお願いします。

 あなたに贈る灯

 2017年4月17日をもって、Ver1.00として完成版といたします。
 テストプレイしてご報告いただきました皆様、ご自分のシナリオフォルダにダウンロードしてくださった皆様。
 そして、素敵な素材を提供してくれた各素材作者様。
 短編読み物シナリオでしたが、少しでも楽しんでいただければ光栄です。ありがとうございました!
-- 続きを読む --

2017/04/04 13:55 [edit]

category: シナリオ

tb: --   cm: 3

Mon.

白いジグゾーパズルその1  

 夕方近くに降りだした雨は、太陽が完全に沈んでしまう辺りから土砂降りに変わり、雨具を装備して先を急ぐ人々を重たげな音で打った。
 悪天候の中、無理矢理外出を決行する者も多くはなく、夕餉の香りが住宅のそこかしこから漂い始める頃には、僅かな人影もいなくなっていた。
 寂しげなリューンの街中は、飛沫によって白く煙っている。
 北東にある黄昏の森の大妖魔を討ち果たして戻ってから数日、旗を掲げる爪に大きな仕事は舞い込んでいないが、今のところよく同輩が悩まされているツケもなく、彼らは平穏な日々を過ごしていた。

白パズル

-- 続きを読む --

2017/04/03 11:34 [edit]

category: 白いジグゾーパズル

tb: --   cm: 0

Sun.

黄昏の森の妖魔その2  

 時折立ち止まり、ムルが上空から方角を確かめて行く道を定める。

「……ここは、何で他の森と違うんだろうな?」

と近くにいるウィルバーに尋ねたのは、ロンドが同じような景色に飽きてきたからだろう。
 平凡な容姿の男は、それに怒りもせず思慮深げな表情で応えた。

「それは恐らくですが、ここが原初の森だからでしょう」
「げんしょ?」
「人の手はおろか、道具を持って文明を作る何者の介入も許さない、古い森なのですよ。大陸ではたまにこんな場所があるものですが……」

-- 続きを読む --

2017/04/02 11:39 [edit]

category: 黄昏の森の妖魔

tb: --   cm: 0

Sun.

黄昏の森の妖魔その1  

 交易都市リューンより遥か北東…。
 旗を掲げる爪は、モンスターの能力によって創造されたゴーストタウンを通り過ぎ、<白の王>――北風の尊称である――の道と呼ばれる辺境の街道を、東に逸れて前進していた。
 この先には、大陸へ未だ版図を広げる人間の想像も付かぬほどの悠久の昔より存在する森がある。
 黄昏の森。
 決して広大とは言えないが、との名は広く知られている。
 途轍もなく太古の時代の種である木々が聳え立ち、地面には誰も見たことも無い数多の馨しい花が、そこかしこに咲き誇るという。

黄昏の森の妖魔
-- 続きを読む --

2017/04/02 11:28 [edit]

category: 黄昏の森の妖魔

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top