こんにちは、Leeffesです。
 鼻水は回避できたんですが喉の調子がいかんともし難い昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 大寒波の時に外出せざるを得なかったのがやはり良くなかったのだと思われます。家にいたかった…。

 アニキ・その従者の冒犬者・イケメン以外の特徴がない占星術師・忍者幼女に連れ込みNPC二名という新規パーティを作ってみたところ、忍者の話術・交渉スキルとか解読スキルとかなかったので、カッとなって作成したシナリオです。
 後は新しい素材があってウキウキしながら作ったスキルとかご飯とかお菓子とか。
 お時間がある方や、お優しい方などいらっしゃいましたら、またテストプレイお付き合いお願いします。

 忍の道も一歩から

 2017年3月27日をもって、Ver1.00として完成版といたします。
 テストプレイしてご報告いただきました皆様、ご自分のシナリオフォルダにダウンロードしてくださった皆様。
 自分がほしいから作っただけのシナリオでしたが、遊んで下さってありがとうございました!
-- 続きを読む --

2017/01/26 11:36 [edit]

category: シナリオ

tb: --   cm: 0
 こんにちは、Leeffesです。
 例によって素材の更新で、リプレイの続きやシナリオをご期待なさってた方には申し訳ない。
 大した更新でもなく、ちょっとスキル絵が増えただけ。
 ただ、一応新シナリオのフロアニアで使ったスキル絵を入れてありますので、「あのスキル絵どこ!?」という方がいらっしゃれば、利用規約に目を通して頂いた上で、どうぞいかようにもお使いください。

 こちらから素材をダウンロード可能です。

2017/01/18 14:11 [edit]

category: 素材

tb: --   cm: 2
 男は――いや、ダーフィットは、人気のない墓地の中で、つい数時間ほど前に行なった凶行を思い返していた。
 ただの野鍛冶だった自分が、なぜリューンという都会の治安を担う組織に属する人間を、ああまで多く殺すことが出来たのか、未だに良く分からない。
 だが、あのモルナロヴァという魔術師に渡されて以来、ずっと使ってきたナイフを握っていると、不思議と相手のどこを刺し、刻み、切り裂けば良いのか、本能的に腕が動くのである。
 血盗りナイフ、と個人的に呼んでいるそれは、非力な魔術師でも人体を刻めるよう『魔法で切る』術式が篭められていた。
-- 続きを読む --

2017/01/12 12:43 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0
 旗を掲げる爪は、モルナロヴァの召喚した骨喰らいの悪魔を退治し、魔術師のアジトを探索していくつかの証拠物件を挙げた後に、何名かの傷を完治させるため、常宿で休養を取っていた。
 治安隊が魔術師から自白の情報を得るのを待つくらいしか、やることはない。
 それまで得た情報を宿の亭主に退屈しのぎに話すと、彼は重いため息を吐いてから言った。

「それは……大変だったな。まあ、怪我はしても飯を食う体力が残っていて良かった。さすがこの宿の冒険者だ」

 それにしても、と亭主はずっと俯いたままのシシリーに目をやった。
-- 続きを読む --

2017/01/12 12:39 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0
 春の海と同じ青に、頬の削げた男の顔が映っている。
 ずっと見つめていると、自分がゆらゆらと透き通った水の底で、静かに佇んでいるようだった。
 光を通さぬ深海ではない。
 確かな温みを分けてくれる、慈愛に満ちた陽光の差す海の中である。
 澄んだ水に、他でもない血を求めて人を殺す自分――赤黒い色がもくもくと湧き立ち、綺麗な青が染まってしまう。
 それに気づいた時、男の肩から上の毛穴が一斉にぶわっと開いたような気がした。
 ガタッと音を立てて立ち上がる。

「あ、の……?」

 青が、ゆっくりと瞬く――聖北教会の聖印を首から提げた、癖のない金髪の娘は、男がギルドから聞いていた情報で想像していたよりも遥かに若く、恐ろしい怪物や凶悪なクドラ教徒などの退治で名を上げたという割に、雰囲気に血腥さがなかった。
-- 続きを読む --

2017/01/12 12:36 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0
 マルガレッタは、以前に叔父が買い求めてくれた絵本をゆっくりと捲りながら、本の向こうで彼が己についた汚れを取っている姿を視界に入れていた。
 今月の頭に血が足りなくなって、いよいよ死んでしまうのかと覚悟をしたというのに、今はそれに比べると、なんと平穏でありがたい日々だろう。
 まるで夢みたいだ、とマルガレッタは思った。
 あまり叔父に血を飲む自分を見せたくなくて、必要最小限の血液だけを口にしてきたのだが、叔父から強く勧められて余分の血を摂取したところ、曇り空の下でなら、あの忌々しい太陽の光にも少しだけ耐えられた。

ダーフィットの日記7

 もしかしたら――。
-- 続きを読む --

2017/01/12 12:33 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0
 少しトウが立っているとは言え、化粧に引き立てられた顔は十二分に他者を魅了するものだった。
 毛皮のコートを肩脱ぎしており、濃い紫色のドレスに包まれた肢体が、豊かに張った胸から引き絞ったようなウエスト、ふっくらと脂の乗った太ももまでの官能的なラインを惜しげもなく晒している。
 きらきらと光る翠のアイシャドウは、孔雀石を砕いた贅沢品だ。
 恐らくはぽってりした唇に塗られたルージュも、リューン最新流行の品なのだろう。
 白く柔らかな肉のついた腕を絡められれば、よほどの朴念仁か特殊な性向の持ち主でもない限り、男なら嫌な気持ちなどしないに違いない。
 豊頬の美女、という言葉がぴったりの相手だった。

「いい女じゃないか。性格は知らないが」
-- 続きを読む --

2017/01/12 12:29 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0
 年が明けてしばらくのことだった。
 旗を掲げる爪が短期間の仕事を終わらせた翌日は雨で、よく知っている雑貨屋へのお使いから帰ってきたウィルバーが、青いコートから冷たい雫を落としつつ、秀でた額を腕で拭った。

「ただいま戻りました~」
「おお、お帰り。ひどく降られただろう?」
「ええ、まいりました。しかし、お使いはしっかりこなしましたよ。これを預かって来ました」

 ウィルバーは、コートに包むようにして運んできた紙袋を、注意深くカウンターへ置いた。
-- 続きを読む --

2017/01/12 12:27 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0
 男は傍らの少女を見つめていた。
 もうすぐ、新年を知らせる聖北教会の鐘が鳴ろうという時刻、男と少女を照らす明かりはひどく小さいもので、第三者がここにいればもっと暖炉へ薪をくべて、ランプの油を継ぎ足したことだろう。
 だが、薄暗い方がかえって落ち着くのは、少女はともかくとして、男には忌々しい出来事があったからであった。
 彼は、汚れを洗い落としたはずの手へと視線を移した。
 骨ばった硬い指先に存在する爪の内側には、黒いものがこびり付いていた――血液だ。
-- 続きを読む --

2017/01/12 12:22 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0
 シガン島から戻ってきた旗を掲げる爪は、これといった依頼のないまま二週間ほどを過ごしていた。
 パーティの頭脳役を自認している魔術師が宿に不在なのは、当たり障りのない範囲でシガン島の地理などについて、賢者の搭へ報告をしに行っているからである。
 それをいい事にアンジェやロンドなどは、夜遅くまで起きて昼近くに起きてくるという自堕落な生活を過ごしており、もしテアが生きていれば、箒で二人を容赦なく叩き起こしていたことだろう。

ダーフィットの日記

-- 続きを読む --

2017/01/12 12:18 [edit]

category: ダーフィットの日記(合間の手袋の話と年末の冒険者達)

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top