Wed.

幽霊屋敷その2  

 夜のしじまの中に佇む屋敷は、昼に調査へ来たときと違って見えた。
 また扉を軋ませて玄関へと入ると、背筋を冷たいものが這う感覚を覚える。
 そっと【亡者感知】を発動させたシシリーは、

「邪悪な気が漂っているけれど、まだ対処が出来るレベルね。一刻早く解決するに越したことはないけど」

と言って、建物の奥の方を眇めた。
-- 続きを読む --

2016/03/02 12:13 [edit]

category: 幽霊屋敷

tb: --   cm: 0

Wed.

幽霊屋敷その1  

 その日の仕事は、不動産業者からの依頼であった。
 ローレンツ・ヴィレッドと名乗った、やや年よりも老けた印象の拭えない中年男性は、

「依頼内容は屋敷の異変の調査、及び解決です」

と話を切り出した。

幽霊屋敷
-- 続きを読む --

2016/03/02 12:06 [edit]

category: 幽霊屋敷

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top