Fri.

かぼちゃ屋敷の夢その4  

 自分と同じ白髪の、自分とはずいぶん違う体躯の人間が、部屋の片隅に体育座りをしているのを見つけたロンドは、訝しげな顔になってずかずかと近づいた。
 頭部につける南瓜の被り物を抱えた魔女っ子は、ぎょっとした顔になって思わず後ずさる。
-- 続きを読む --

2016/02/26 12:51 [edit]

category: かぼちゃ屋敷の夢

tb: --   cm: 1

Fri.

かぼちゃ屋敷の夢その3  

「……」

 ロンドは、しきりに自分の名前を呼んでくる人魂に顔を引きつらせた。

「……ロンド!ロンド!!」
「うわあぁっ!?って……その声は、アンジェか?」
「うん、そうだよ!よかった、やっと兄ちゃんに気づいてもらえた…」
「アンジェ……」
-- 続きを読む --

2016/02/26 12:50 [edit]

category: かぼちゃ屋敷の夢

tb: --   cm: 0

Fri.

かぼちゃ屋敷の夢その2  

「いやー、お客さんは記念すべき第一号の来客!!嬉しいねえ嬉しいねえ!!」
「や、やった!!……じゃなくて。俺は何でこんな所にいるんだ。あと皆はどこいった!?」
「さっきも言ったよー、ここはかぼちゃ屋敷!君の友達もみんなここにいるよ!」
-- 続きを読む --

2016/02/26 12:48 [edit]

category: かぼちゃ屋敷の夢

tb: --   cm: 0

Fri.

かぼちゃ屋敷の夢その1  

 子供達のために、ハロウィン用新作菓子を試していたのが一週間前。
 もうそろそろ、本格的に万聖節前夜がやってくるというある日、その依頼人が仕事を持ち込んできたのだった。

「……というわけで、君達にはその屋敷の調査をしてもらいたい」

かぼちゃ屋敷の夢
-- 続きを読む --

2016/02/26 12:45 [edit]

category: かぼちゃ屋敷の夢

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top