Tue.

空となるか?その2  

「もう~。どうして、遅かったの?」

 唇を尖らせたリタの文句に、少しだけ首を傾げてシシリーが宥める。

「ごめんね。少し、君のおばあちゃんと話をしていたんです」
「早く!早く行こう!」

-- 続きを読む --

2016/02/16 22:14 [edit]

category: 空となるか?

tb: --   cm: 0

Tue.

空となるか?その1  

 怠けている一行を叱咤し少々強引に送り出した依頼で、かなりのトラブルが起きてしまったことを悔やんでいた宿の亭主が、早朝に貼り出した依頼書はずいぶん拙い文字で書かれていた。
 亭主の厚意により、常よりちょっとだけおかずの多い朝食を食べ終わったアンジェが、きょとんとした表情でそれを眺めている。

空となるか?

「ね、親父さん。これってどんな依頼なの?」
「おお、これか…詳しいことは、直接聞きに来て欲しいって話になってたな」
-- 続きを読む --

2016/02/16 22:10 [edit]

category: 空となるか?

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top