Sat.

家宝の鎧 3  

 結論から言うと、ギルが家宝の鎧を傷つけることはなかった。
 後ろで精霊を呼んでいたミナスが、「鎧を脱がせればいいんでしょ!?」と、ノミの入った瓶をオークロードへと投げつけたのである。当然、ガラス瓶はオークの鎧に当たって砕け散った。
 同時に黒い小さな粒が四方八方に飛び散る。

 突如、オークロードは悶え苦しみ始める・・・それはそうだろう、瓶には相当な数のノミがいたのだから。
 体中をかきむしろうとするが、鎧が邪魔でできないと見るや、オークロードは即座に鎧を脱ぎ捨てた。

「ぶひぃ~♪」
「・・・うーん、これで攻撃はできるけど、素っ裸のオークとか俺いやだな」
「リーダー、そんなこと言ってる場合かよ」

 オークたちは、弱い個体だと認識しているのか、女性たちばかり攻撃してくる。
 だが、その痛みに耐えて詠唱を終えたジーニが、杖を大きく振り回して、指先から甘い匂いの【眠りの雲】を発射した。
 たちまち眠り込んでしまったオーク達の隙を、見逃す彼らではない。
 ギルやアレクの重い一撃の後で、素早く詠唱したジーニの【火炎の壁】が決め手となり、オークロードは情けない断末魔をあげて倒れた。

「ぶひひぃ~ん・・・」
「よし、やったぜジーニ!」
「新しい呪文は、好調らしいな」
「ふふふ・・・無理して呪文書を買った甲斐があったってものね」

 酷い火傷を負わされた手下のオークたちも、これはやばいと我先に逃げ出していく。
 後は追わなくてもいい、と依頼人から言われた冒険者達は、武器を収めて一息ついたのだった。

「うぅぅ、爺様の霊になんとお詫びしてよいやら・・・。よもや、形見の鎧を豚なんぞに着させてしまうとはっ!」
「いやぁ。それは不可抗力ってことで、ご先祖様も許してくれるんじゃない、かな・・・?」

 ギルはたはは、と困ったように笑って言った。
 何はともあれ、屋敷に巣くったオークはこれで全部片付いたようだ・・・。

 宿への帰途に着いた一行だったが、リヒャルト卿のため息が止む事はなかった。
 ドアを開けて入ってきた彼らを、宿の親父さんも温かく迎えてくれたのだが、

「はぁ・・・」

という依頼人のため息に、ぎょっとして冒険者達の方を向いた。

「おい、なんか酷く落ち込んでるようだが・・・しくじったのか?」
「いや、成功したんだけどね。実は・・・」

と、瓶を投げた功労者であるミナスが、笑いを堪えきれない様子で親父さんに説明した。

「ありゃま、オークが家宝の鎧を?そいつは気の毒になぁ・・・」

 しばらく落ち込んでいたリヒャルト卿だったが、やがて何とか立ち上がると、皮袋を懐から出して、そっとカウンターに置いた。
 銀貨のジャラジャラという音が響く。

「・・・諸君、ご苦労じゃったな。これが約束の報酬じゃ。それじゃ、吾輩は失礼させてもらうよ・・・はぁ」

 オークロードのせいで薄汚れた家宝の鎧を、大事そうに抱えてリヒャルト卿は狼の隠れ家を出ていった。

「なんかお気の毒ですよね・・・」
「でも、俺達言われたとおり、鎧は傷つけなかったし。鎧だって、またちゃんと手入れしてやればいいんだからさ」
「そうだな、ギルの言うとおりだ。大体、家宝なんだから、リヒャルト卿が着るということもそうないだろう」

 アウロラが、頬に手を当てながら言うのに、ギルとアレクが応じた。
 一番端のカウンター席に座ったジーニが、持って帰ってきた【氷柱の槍】の呪文書を読み始め、ミナスが横からそれを覗き込む。
 仲間のそんな様子を見たエディンが、やれやれという顔をして鼻を鳴らした。

「すべて世はこともなし、か?」

※収入800sp、【氷柱の槍】入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
5回目のお仕事は、GroupAskさんの公式シナリオ・家宝の鎧です。
これがどれだけ良シナリオか、というのは私が申し上げずとも、皆さまご存知でらっしゃると思います。コミカルなリヒャルト卿のファンの方も多いのではないでしょうか?
このシナリオに出てくるガラス瓶、私は最初意図が分からず、荷物袋の肥やしにしておりました・・・(笑)。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/11/03 16:52 [edit]

category: 家宝の鎧

tb: --   cm: 0

Sat.

家宝の鎧 2  

 屋敷のホールから、まず右手にある部屋に入った一行は、鉄の箱を見つけた。
 まるで宝箱のようなそれは、リヒャルト卿にも覚えのない品だったらしい。
 もしや、妖魔たちが宝を集めて入れたのでは・・・と、期待に胸を膨らませて、エディンが開錠したのだが。

「空のガラス瓶・・・?」
「なんじゃ、その瓶は? なんか黒い小さなもんがたくさん入っとるぞ?」
「え・・・?」

 アウロラが、もっと目を凝らして瓶に近づくと、突然悲鳴を上げて飛びのいた。

「きゃあああ!」
「ほれ、動いたっ!」
「・・・ああ、これ、ノミですよ、リヒャルト卿。まったく、こんなもん、大切にとっといて何に使うつもりだったんだ」

 どことなく平坦な口調のエディンだったが、ミナスが嬉しそうに手を差し出すので、「間違っても、俺らに投げるなよイタズラするなよ」と、念を押した上で渡してやった。
 空き瓶に入った黒いノミに、ミナスは興味津々である。
 鉄の箱に、それ以上何も入っていないことを確かめると、一行は反対側にあった部屋へと向かった。

 もう一方の部屋には、驚くほど大きな本棚があった。
 年代物らしい、様々な本が並んでいる。
 別におかしなところはないだろう、とリヒャルト卿は通り過ぎようとしたのだが・・・。

「あら」

という、ジーニの声に足を止めた。

「何かしら・・・本の間に呪文書が挟まっているわ」
「なんじゃ、魔法の呪文か? ふむ、爺様の遺品じゃろう。晩年の爺様は魔法に凝っておったからな・・・」
「魔法剣士目指したのかしら。何々、【氷柱の槍】・・・?」
「わしには不要の品じゃ、持って行って構わんぞ。報酬の足しにでもするとよかろう」
「さすがリヒャルト卿、太っ腹!ありがとうございます」

 新しい呪文書を得たことが嬉しかったのか、ジーニは目の色を変えてリヒャルト卿に礼を言った。
 その後ろで、こっそりアウロラとギルが、

「聞きました?今の・・・」
「2オクターブくらい、声が跳ね上がったな」

等と、仲間の現金具合を話していた。

 屋敷は広く、北にある奥の扉からようやく二階へと上がる。
 すると、長い廊下と部屋が続いていた。
 途中でオーク三匹と交戦したものの、あっという間にそれらを切り捨てると、一行はさらに用心をしながら奥へと進んだ。

 やがて、大きなの樫の扉の前まで出た。
 エディンが、罠がないか調べようと、軽くドアノブに手をかけると・・・なんと、この部屋だけ山荘の管理人が油をよく差していたのか、そのままドアが開いてしまった。

「ぶひっ!?」
「あらら、こりゃいかん」

 呑気な声とは裏腹に、エディンは目を鋭くさせて体勢を整える。
 扉の向こうに現れたのはオークの一団だった。
 仲間たちが装備を構えるのを横目に、ギルがリヒャルト卿に用心するよう、声を掛けようとした時だった。

「ぶ、ぶ、ぶぶぶ・・・」
「・・・リヒャルト卿?」

ScreenShot_20120730_010957484.png

「豚が爺様の鎧を着とる!!」
「はぁ?」

ScreenShot_20120730_011000859.png

 ぽかんと口を開けたリーダーに、アウロラが冷静に指摘した。

「オークの頭が着てる鎧、あれは恐らく家宝の鎧です。間違っても、攻撃しちゃいけません」
「え、え!? だって、攻撃しなかったら、どうやってやっつけりゃいいんだよ!?」

 大混乱になってしまったギルを見て、ここぞとばかりにオーク達が襲い掛かってきた!

「ぶひぃっ!」
「げえええ!おい、来るなって!」

2012/11/03 16:46 [edit]

category: 家宝の鎧

tb: --   cm: 0

Sat.

家宝の鎧 1  

 うっとりとした笑みを浮かべながら杖を磨いているジーニの姿を見て、ギルが呆れたように言った。

「機嫌いいのはいいんだけどさ。磨いてる対象が”あれ”じゃなきゃ」
「仕方ないだろ、もうジーニのお気に入りになったみたいだぜ?」

 エディンがちびちびと干し肉を齧りつつ、それに答えた。
 ジーニの白い手に握られているのは、灰色の髑髏がついた杖だった。
 以前、ゾンビの出る洞窟で、魔力によって隠されていた部屋から見つけた、死霊術士の魔法の媒体である。
 詠唱に集中する手助けに、よくルーンマスター(魔法を扱う者)は指輪や杖を選ぶのだが、数ある中で、どうしてああいうデザインの物を好むのか、女性はギルにとって永遠の謎である。
 干し肉をエールで流し込んだ後、エディンが何かを思い出したように、自分の懐を探った。

「おっと、そうだリーダー。さっきから依頼書を選んでたんだが、こんなのどうだい?」
「なんだい?・・・求む、勇敢な戦士・・・?」
「親父さんによると、リヒャルト卿って騎士さんからの依頼なんだと。なんでも、長く使ってなかった山荘の大掃除を手伝って欲しいって」
「・・・大掃除ぃ?冒険者の仕事じゃないだろ、それは」
「いやいや、依頼書がこういう書き方ってことは、俺が思うに、ただの大掃除じゃないだろう。リヒャルト卿っていや、一応羽振りは悪くない筈だしさ。近所に家があるらしいし、行ってみないか?」

 結局、彼らは騎士リヒャルト卿の家へと向かうことにした。
 宿の親父さんからは、「相手はプライドの高い騎士さんだ。くれぐれも粗相のないようにな」と釘を刺されている。
 刺されているが、自分たちのリーダーに失言が多いのも事実だ。
 どうか、何事もなく終わって欲しいと、アウロラは祈らずにいられなかった。

 徒歩10分も歩いた先に、その目的の場所はあった。
 ノックで出てきた中年男性に、事のあらましを説明すると、中に入るよう促される。
 どうやら、彼が依頼人のリヒャルト卿だったらしい。

 通された応接室は、古ぼけてはいるが、品のいいデザインの家具が多かった。
 大きな窓からは、リューン市内の一部が見える。

「じゃ、早速じゃが仕事の話をさせてもらおう」

と言って、一人がけのソファに腰を下ろしているリヒャルト卿は、今回の依頼の詳細を説明し始めた。

 リヒャルト卿は、なくなった祖父から譲られた山荘を、北の山に持っている。
 王宮勤めの身では、そうそう足を運ぶわけにもいかないので、人を雇って管理しているそうだ。ここまでは、よくある話なのだが・・・。

 ところが、最近になって、その山荘に下等妖魔が住み着いてしまったらしい。
 管理人の職務怠慢としか言いようがないが、いまさらそれを言っても仕方ないので、退治に行くことに決めた。
 が、私用では部下を使うこともできない。
 そこで、ギルたち冒険者を雇った、というのが彼の話だった。

 報酬は800ガメル。今の実力からすれば、相場より少し高めである。
 ギルは、ただの大掃除ではなく、妖魔との一戦が待っていることを予想して、嬉しそうな顔になった。もとより、他の面子に否やはない。
 依頼を引き受けることになった。

 翌日の正午、リューンを出発した一行は、大した障害もなく、問題の山荘に到着した。
 さっそくドアへと一歩踏み出した彼らへ、「こほん」と咳払いをしたリヒャルト卿が声を掛ける。

「作戦遂行に当たり、まず諸君らに言っておかねばならん事がある。心して聞いて欲しい」

 はてなんだろう?と首をかしげたのはミナス、なぜ昨日のうちに言わないのかと、憮然とした顔になったのがアレクである。
 それに気付いているのかいないのか、リヒャルト卿は言葉を続けた。

「屋敷にすくっておるのは卑劣極まりない妖魔どもじゃ。戦うとなれば建物を傷つけてしまう事もあるじゃろう。それはそれで一向に構わんが・・・」
「構わないんかい!」
「いやいや、それじゃリヒャルト卿、何が問題なんです?」

 ギルが思わず突っ込むと、その後ろでエディンがブルネットの髪をかきあげるようにして言った。

「ただし・・・ただしじゃ。二階に安置されている鎧だけは、間違いなく回収して欲しい」
「・・・鎧?」

 エディンがそう言って眉をひそめる。

「さよう、鎧じゃ。高名な騎士であった我が亡き祖父の愛用の鎧でな。時の国王陛下より賜った大切な家宝の鎧じゃ」
「家宝ねえ・・・」

 頬をぽりぽりと掻いて、アレクが呟く。
 国王からの下賜だのなんだのは、正直、貴族でもない彼らに実感は沸かないが、祖父の愛用の品だったというのであれば、何となく大事にしたい気持ちは分かる。
 最善を尽くす、という返答を口々に言う冒険者たちに、リヒャルト卿は満足そうに頷いた。

「話は以上じゃ。では、そろそろ参ろう。覚悟はよいな?」

2012/11/03 16:43 [edit]

category: 家宝の鎧

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top