Fri.

腐者の洞窟 4  

 すると、そこにはまだ残っていたらしいゾンビが5体いた。
 ため息をついて、ギルが剣を抜く。

「まだいたのかよ。魔法使いたち、援護は任せたぜ!」
「唱え終わるまで、あんたたち攻撃は避けなさいよ」
「が、がんばるよ・・・!」
「お任せください!」

 ルーンマスターが詠唱に入るのを横目に、最後の掃討が始まった。
 【魔法の矢】の詠唱の途中でジーニが怪我を負うものの、【水淑女の守】がそれを癒す。
 攻撃で詠唱を邪魔されたが、それでも放たれた【魔法の矢】で、ボロボロに崩れかけたゾンビにエディンが飛び掛り、首と足首を傷つけた。
 その向こうで、アウロラの新しい法術【光のつぶて】もゾンビを打つ。
 たちまち起こった戦いは、あっという間に終わりを告げた。

 ゾンビの群れは何かを守るような形で、この部屋にいた。
 てっきりエディンはこの部屋に何かあるのかと思ったが・・・。

「ふう・・・何もない、か」

 しかし辺りを見回しても何もない。
 一見すると何かありそうな気配はするが・・・?
 首を傾げる仲間に、ギルが言った。

「探し方の問題じゃねえの?ジーニ、さっき使ったオーブで何か分からないか?」
「んー・・・あ、そうだわ。生命のオーラじゃなく、魔力だとしたら・・・!」

 荷物袋から出したのは、オレンジ色の”魔彩のオーブ”。
 掲げてコマンドワードを唱えるジーニに、ギルが声を上げた。

「あ、それか!」
「多分ね・・・・・・・・・・・・あっ、魔力でできた壁がある!」

 部屋の何かを隠すように存在する魔力の壁は、見かけだけで通れるようだ。
 一行はジーニに手を引かれながら、目では視認できないあちら側へとすり抜けていく。
 そこには、奥のほうにオーブを納めていたのと同じ大きさの宝箱があった。

「魔法の鍵がかかってる。罠はない・・・」

 調べていたエディンは、ポケットの中の硬い感触を思い出した。
 あの鍵束は、これを開け閉めするためのものだったのではないだろうか?
 魔力の使いすぎで黒ずんだ鍵束をポケットから出すと、エディンは躊躇なくそれを宝箱へと差し込んだ。

ScreenShot_20120724_133515812.png

「よし、開いた」

 砕け散る鍵には目もくれず箱を開ける。
 すると、中から出てきたのは一本の杖だった。
 しかも、よく賢者の塔にいる魔法使いが使うような、青い宝玉のついた杖ではない。
 宝玉のつくべき部分には、灰色の小さな髑髏が鎮座しており、見るからに禍々しい印象を受ける。
 嫌な顔でそれを持って立ち上がった盗賊へ、ジーニが繊手を差し出して杖を取り上げた。

「これは死霊術士の杖ね。ネクロマンサーが魔法を使用する時、この髑髏に魔力が集中して詠唱を助けてくれるのよ」
「呪われたりとか・・・」

 ミナスが恐々と覗き込むのに、ジーニは微笑んで言った。

「魔力を操るだけの知力と、髑髏の負のエネルギーを制御する狡猾さがあれば、呪われたりなんてしないわよ。少なくとも、私なら平気ね。リーダー、これもらってもいい?」
「えー?そんな杖でいいのかというか、大丈夫なのか?」
「こけおどしにはちょうどいいじゃない。詠唱の助けになるなら、髑髏も宝玉も、私にとっては同じことよ」

 杖で自分の肩をたたきながら、ジーニが笑った。
 ネクロマンサー、と聞いて渋い顔をしていたアウロラも、ため息をついて応じる。

「まあ、私も氷心の指輪を購入させてもらいましたし・・・ジーニが杖の力で、悪の魔法使いの道を歩むわけでもないのなら、目を瞑ります」
「しないわよ、そんなこと。めんどくさい」

 一同の懸念を、めんどくさいの6文字で叩き切ったジーニは、意気揚々と帰りを促す。
 冒険者たちは、それぞれの笑みを浮かべながら、宿への帰路へとついて報酬を受け取った。

 数日後。
 あの洞窟で助けた男性が、狼の隠れ家にやってきた。
 宿の親父さんに呼ばれて、階下へと降りてきた冒険者たちは、その姿にあっと声を出す。
 男性は照れくさそうにお辞儀をして、自己紹介した。

「私は、ウィザニールという町で商人を営む、カンテラという者です。あのときのお礼です。どうぞこれをお受け取りください」

と言って、ハーブポーションと300spをギルに渡してくれた。
 ハーブポーションは、傷薬に解毒作用をもつハーブをブレンドした、珍しい品である。
 カンテラ氏は、元々商談でリューンに足を運んだらしく、礼が終わると慌しく立ち上がった。

「それでは私はこれで・・・もし機会があればウィザニールで会いましょう」

 そう言って宿から出て行く姿を、冒険者たちは手を振って見送った。

※収入600sp+300sp、生命の瞳、魔彩のオーブ、ハーブポーション、死霊術士の杖入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
4回目のお仕事は、iuoさんの腐者の洞窟というゾンビ退治シナリオです。
形としては非常にシンプルな洞窟探検(とモンスター退治)なのですが、その中に魔力感知や生命感知など、キーコードを持ってないと手も足も出ないギミックが盛り込まれており、短編だとは感じさせないよく考えられたシナリオだと思います。
最後の杖取得も、腐者の洞窟らしいいいデザインだなあと。

このシナリオ前に、一気にスキルをそろえ、とりあえず火や氷、実体のないものにも対応できるようになってきました。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/11/02 01:20 [edit]

category: 腐者の洞窟

tb: --   cm: 0

Fri.

腐者の洞窟 3  

「数が多い・・・・・・!」

 アウロラは、思っていた以上のゾンビの数を見て舌打ちした。常にないことである。
 普通のゾンビに守られるようにして、コボルトやコボルトリーダーのゾンビまでいたのだ。
 これに動揺したらしいギルが、初動で重傷寸前まで追い込まれたものの、アウロラが氷心の指輪の力で詠唱に成功し、傷を【癒身の法】で癒した。

「指輪、買っておいて良かったな!」
「店員が値引きつけてくれて、助かったぜ」

 アレクとエディンが、先見の明を誇るように叫びながら、同じ敵へ攻撃を繰り返していく。
 二人のコンビプレイの合間を縫うように、雪精スネグローチカが、部屋の隅っこで身を守るミナスの指示に従い、氷の腕でゾンビの身を削った。

ScreenShot_20120724_125034937.png

 結局、怪我らしい怪我は、初動のギルが負ったものだけで済んだ。
 ゾンビの中心的役割を果たしていたのは、コボルトリーダーのゾンビだったらしい。
 恐らく、ネクロマンサーがいなくても人間を組織的に攻撃したのは、彼の影響だろう。
 そのコボルトリーダーゾンビのポケットから、戦闘中、鍵束らしきものが落ちたのを、エディンは発見していた。それをつまみ上げ、ジーニに見せる。

「これ、普通の鍵じゃないぞ。魔法の品か?」
「どれ?・・・ああ、これは魔法の鍵を開けたり閉めたりできる物よ。でも、もう大分魔力は弱まってるわね」
「これもさっきのオーブと同じようなもんか」
「ええ」

 ジーニの見解に頷いたエディンは、とりあえず自分のポケットにそれを納めた。
 そして、ギルにまだ行ってない通路や部屋の捜索を提案する。

「一応、親玉は倒したから大丈夫だと思うんだが、掃討を命じられたからには、しっかり見たほうがいいだろう」
「そうだな。怪我も大したことないし、全部見てしまおう」

 そんな訳で移動した一行だったが、確かめたのはひどい現実だった。
 部屋の一面を覆うように、死体の山が積み上げられている。
 酷い腐臭を放ち、見るに堪えない光景だ・・・。

「うぅ・・・・・・」
「!!」
「どうした?」

 ジーニが、弾かれたように顔を上げるのに、ギルが問う。

「今、生きてる人の呻き声が聞こえたわ」

 死体の呻き声と生者の呻き声は、先ず誰でも聞き間違える事はない。
 ゾンビの呻き声は独特なのだ。

(調べるか?いや、しかし確証を得ないと近づくのは危険ね・・・死体の山から生命体を見つけるにはどうすれば?)

 ジーニは厚めの唇に人差し指を押し付けて考え込んだ。
 死体の量は尋常ではない。うっかり踏み込めば、武装してる者が助ける人を踏んで、骨折させてしまうかも知れない。

(そうだ、あれなら!)

 ジーニは荷物袋を下ろすと、”生命の瞳”を使った。
 海よりも青いオーブが一際輝き、ジーニの双眸に生命のオーラを映し出す。

「いた、やや手前側に一人生きてる人がいる」

 彼女の声に、慌ててエディンとギルが死体の山をかき分ける。

「うっ・・・うぅぅぅ・・・」
「気づいたみたいね」

 それは、壮年から初老に差し掛かる頃の男性だった。
 裕福な家庭の人らしく、着ている物は貴族とは言わないものの、それなりに上等である。

「・・・ぅ・・・ここは?そうか、私はネクロマンサーに襲われて・・・」

 どうやらリューン外の都市に住んでいる一般の人のようだ。
 ネクロマンサーに襲われ、運良く致命傷を避けたが、死体と共にここに連れて来られたらしい。
 一応、毒を警戒して、ミナスが【水淑女の守】をかけて傷を癒した。

「ウンディーネの力で傷も塞がったけど、念のため、帰ったら薬師とかに診てもらってね?」
「ありがとう・・・私は大丈夫だ。何とか自力で洞窟から出れそうだよ」

 そう言って遠慮する男性を、とりあえず洞窟の入り口まで送り、一行は最後の横穴へと歩を進めた。

2012/11/02 01:04 [edit]

category: 腐者の洞窟

tb: --   cm: 0

Fri.

腐者の洞窟 2  

 洞窟の地図をもらった一行は、用心をしつつ、エディンを前にする隊列を組んで中へ入ったのだが、

「! さっそくか!」

 入って早々、ゾンビたちに強襲されていた。
 幸い、一体しかいなかったので、入り口付近では苦戦しなかったものの、その後も洞窟内の架け橋を渡りきったところで、腐った死者たちが、冒険者たちへと襲い掛かってくる。
 今までの戦いの経験が生かされたのか、誰一人怪我をすることもなく奥へ進むと、行き止まりに宝箱があった。
 早速、エディンが屈みこんで調べる。

「鍵がかかってる。それと毒ガスの罠がある」
「外せそうですか?」
「やってみるよ・・・仕掛けの構造は簡単だな」

 アウロラとやり取りをしてる合間にも、器用な彼の指はとどまることを知らず、

「もう開けても大丈夫だ」

と、あっという間に罠も鍵も解除してしまった。
 ギルがどれどれ、と取り出すと、中から二つのオーブが出てきた。
 それはどちらも林檎よりひとまわり大きいくらいのもので、片方が青、片方がオレンジ色をしていた。
 多分マジックアイテムだろうと思ったギルは、ジーニにそれを鑑定してもらう。

「あら!これは”生命の瞳”ね。こっちのは”魔彩のオーブ”だわ、珍しい」
「どんなアイテムなんだ?」

 興味深そうに覗き込むアレクに、ジーニは興奮で早くなってしまう口調を押さえつつ説明した。

「青い”生命の瞳”は、【生命感知】の魔力が宿ってるの。ようは、生物のオーラを視認できるようになるわけ。”魔彩のオーブ”は、それの魔力版ね。主に魔法の仕掛けを見破るのに使うことが出来るわ」
「なるほど。それは結構便利そうだな」
「でも、永続的なアイテムではないの。そうね・・・篭っている魔力の強さからすると、精々、使えて1~2回がいいところじゃないかしら」
「・・・・・・金になりそうってことは分かった」

 ジーニとアレクの会話を黙って聞いていたギルが、理解不能といった顔でぶすくれているのを、エディンは苦笑して頭を撫でた。
 いきなり発生したゾンビを、何か動かしているものがあるのかもしれない、という憶測に則って、奥へ奥へと進んできた一行だったが、北へ続く通路の向こうは、腐臭の他に、通常のゾンビではない咆哮が聞こえる。
 冒険者たちは、ボス級の敵がいると見て準備を始めた。
 まず、ミナスの【蛙の迷彩】。
 そして、ジーニがしっかりした防具を持たない仲間を心配して購入した、【魔力の障壁】という呪文を唱えた。
 洞窟内の風景に溶け込んだ冒険者たちを、今度は生成された魔法のフィールドが包み込む。
 不可視のこれは、肉体的な攻撃を半減する一方で、魔法に対する抵抗率を一時的に向上させるのだ。
 新たな補助魔法を唱え終わったジーニの向こう側で、今度はミナスがウージョのエルフから教わってきたという、雪精を召喚した。
 今の実力で何度も唱えられるものではないらしく、彼の周りで冷気を発しながら飛び回るスネグーロチカのように、顔が青白くなっている。

「これで、前よりは傷がつきにくくなったわよ。この先には只のゾンビじゃないやつもいそうだからね・・・戦士さんたちの準備は良い?」
「おう。みんな、突っ込むぞ!」

2012/11/02 01:02 [edit]

category: 腐者の洞窟

tb: --   cm: 0

Fri.

腐者の洞窟 1  

 胡桃の入ったパンを齧りつつ、ギルはその依頼書の文章を読んだ。
 彼は本日、他の仲間より寝坊をしたので、一人で朝食をかき込んでいる。
 宿の娘さんが、無言で「早く片付けたい」と訴えているので、食べる速度はいつもの倍だ。

「ミミニャヒク、ヒチタイ・・・」
「ミミナ地区自治体、な。口の中のもの、飲み込んでから話せよ・・・」

 呆れたようにアレクが幼馴染へ言うのに、宿の親父さんが苦笑した。

「その依頼はリューンの外れにある地方団体からの依頼だ。ゾンビの巣になっている洞窟から、ゾンビを駆除して欲しい、とのことだ」
「ゾンビかあ。臭そうだなあ・・・」

 嫌そうに顔をしかめたのは、最年少のミナスだ。
 彼は精霊使いの才能があるのだが、それは盗賊は違う意味で、感覚が鋭くなることを意味している。
 周りの自然に溶け込んでいる精霊たちを感知し、使役すること。
 これが精霊使いの基本であり、極意でもある。アンデッドにも、負の生命の精霊というのが働いており、それは腐臭以上に、精霊使いであるミナスの神経を苛立たせるのだ。
 親父さんが、目線で催促するギルに、温めたミルクを差し出しながら言う。

「相手はアンデット系だが、聖水など意外と弱点が多い種族だからな。対策を立てれば、駆け出しの冒険者でも易々退治できるだろう」

ScreenShot_20120724_121732750.png

 その隣でアウロラが首をすくめた。

「私の新しく授かった法術もありますし、ジーニさんの魔法もあるでしょう?次に受ける仕事として、ふさわしいかと思って、親父さんに取っておいてもらったんですが・・・」

 エディンが、手元の銀の剣を手入れしながら言う。

「いや、お前さんが神官としてこの仕事をやりたい、というなら仕方ないだろう。幸い、エクソシストの剣もまだ使えるし、俺は構わんぞ」
「この依頼を受けるか?」

 親父さんの問いかけに、なみなみと注がれていたミルクを飲み干したギルが、ゆっくりと頷いた。

2012/11/02 01:00 [edit]

category: 腐者の洞窟

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top