Thu.

アルク・トゥルスピカ 4  

 洞穴が行き止まりになったため、一行は森へと引き返してきていた。
 相変わらず鬱蒼とした風景が続く。
 かなり時間をかけて森を抜けると、辺りには殺風景な岩場が広がっていた。
 びゅう、と風が吹いた。寒気を感じる。

「これは・・・・・・」

 ミナスがアウロラの服のすそを掴んだ。
 寒気。
 風で体が冷えたのではない。
 全身が寒気を感じるのは、”金狼の牙”たちの眼前にいる”それ”が異常なまでのさっきをこちらに放っているからだ。
 森から毒蜘蛛が二匹飛び出してきている。どうやら魔獣に加勢するつもりらしい。

「さっきの歌に出てきた、夫の・・・・・・?」
「呆けるな!あいつが依頼の二本角の魔獣だ!!」

 アレクの叫びにアウロラははっと思いなおして呪文に集中したが、遅かった。
 魔獣の丸太のような棍棒が、唸りを上げてアウロラに振り下ろされる。、

「きゃああああっ!」

 がつり、と頭に強烈な衝撃を感じて彼女は倒れた。額から血が流れる感触を、意識の途切れる寸前に感じた。

「アウロラ!くそ!」

 エディンが必死に魔獣の腕に得物を叩きつけるも、敵はそれを跳ね返し、今度はアレクを気絶させる。
 舌打ちしたギルが見やると、なんと、魔獣についた傷が盛り上がって塞がっていく・・・!

「こいつ、再生もちか!」
「ギル、二人は僕に任せて!水の精を呼ぶから!」

 ミナスの手から現出したウンディーネが、回復の力と共にアウロラを、アレクを抱きしめる。
 気絶から復帰したアウロラが、すぐさま【癒身の結界】で全員を癒しにかかった。
 しかし効果が薄い。

「・・・・・・く!上手く集中・・・できないっ。アレク、ごめんなさい!」
「いや・・・大丈夫だ」
「そうそう、ようは時間を稼げばいいんでしょ?お姉さんに任せなさいって」

 ジーニがベルトポーチから出した薬瓶を、振りかぶって投げた。狙い過たず、魔獣に命中する。

ScreenShot_20130120_070756906.png

「束縛かかった!今のうちよ!」
「はい!【癒身の結界】!」

 今度は上手く魔法がかかり、ほとんどの傷が塞がっていった。

「よし、もらったあああ!【破邪の暴風】!」

 ギルがすかさず、出来た隙を逃さずに攻撃を叩き込んだ。
 どおおぉおぉん・・・。
 魔獣の巨躯が地に沈む。辺りは先程までの激闘が嘘のように静かになった。

「はあ・・・・・・ちょっと今回の依頼はやばかったなあ」

 ぼやきながら、ギルは斧を振りかぶって角を切り落とした。これが依頼の品である。
 村に戻り、医者が角を材料に薬を処方して、一晩寝ると子どもはすっかり快復した。
 母親は何度も頭を下げ、涙を流して感謝した。
 わずかばかり、と謝辞をしながら差し出された報酬も受け取り、”金狼の牙”たちは村を発つ。

「・・・・・・・・・」

 エディンはそっと晴れ上がった空を見つめて言った。

「生まれ変わっても、またヒトになって・・・・・・皆で冒険できるもんかね?」
「出来るに決まってるでしょ!」
「・・・あら。じゃあ、私は昨日みたいにならないよう、剣士にでもなりましょうか?」
「俺、魔法使ってみてー!!そんでリーダーは別のやつな」
「・・・・・・精霊、は興味がある・・・」
「なんでもいいけど、僕が大人になってからにしてよね!」

 ――高山の町は風が強い。舞い上がった砂が眼に入り・・・・・・涙が出た。

※収入700sp+300sp、≪精霊銀の指輪≫≪煌びやかな剣≫≪名も無き指輪≫≪名も無き薬草≫×3≪金鉱石≫×3≪碧曜石≫×3※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
29回目のお仕事は、蟹さんのシナリオでアルク・トゥルスピカです。探索及び戦闘メインということでしたが、密かに【魔法感知】が大事なシナリオだったりもします。ちゃんとアイテムでキーコードを補完してくれているところに、シナリオ作者さんの心配りを感じます。ありがとうございます・・・!
そして短い間に鉱石ざくざく掘り出す。緑曜石が出てこなかったのは残念ですが、量としては非常に充分じゃないかと。余は満足じゃ。

戦闘では、初っ端でアウロラが沈められてびびりました。あの子、それなりに頑丈なはずなのですが・・・・・・ミナスが【水淑女の守】持ってなかったら、回復なしで大変な事になっていたでしょう。
リプレイの途中でギルとアレクが防具を欲しがっていますが、あれは私の心の声の代弁です。(笑)
鎧は出来るだけ、シナリオで手に入れたいんだけどなあ・・・・・・。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2013/01/24 19:31 [edit]

category: アルク・トゥルスピカ

tb: --   cm: 0

Thu.

アルク・トゥルスピカ 3  

「おおおお!すげー!」
「ちょ、ギル、先行しすぎですよ・・・・・・って、確かにこれは凄い・・・」

 空気はひんやりとして、滝の生み出す轟音が絶え間なく続くが不思議と静謐を感じさせた。
 器用に魔物を避けて飛行する妖精を見失わぬよう、”金狼の牙”たちは洞穴を進む。
 途中、壁に鉱石が埋まっているのを発見し、うまく削り出して荷物袋の中へ入れるということが数回あった。
 ギルが金の混じった石と碧に輝く石をそれぞれの手に持ち、幼馴染に問いかけた。

「金鉱石と碧曜石か・・・前の依頼でも鉱石もらったし、縁があんのかな?」
「さて・・・俺には分からん。それにしても、なんだってこんなに・・・」
「貴重ではあるけど、一般の市場で欲しがる品物とは違うから、あまり採掘されてないんでしょうね」

 それに、とジーニが続ける。

「こんな辺鄙な場所に来る物好きは、さっきのグリズリーにやられちゃってるんじゃない?」
「・・・なるほど」

 アレクがその説明に頷くうち、一同はぽっかりと開けた場所に出た。
 遥か頭上に巨大な空洞、陽の射す広い空間。
 地底湖の水面は光を湛え、辺りには草花が咲いている。
 なんとも幻想的な光景に、冒険者たちは安らぎを覚えた。
 そうして探索を続けるうち、ミナスの笹の葉のような耳に愛らしい歌がかすかに届いた。

「あ、さっきの子だ。きっとこっちだよ!」

 彼の先導する方向へ歩き出すと、やがて妖精たちの歌が聞こえる・・・・・・。 
 妖精たちは流麗に言葉を紡ぐ。


 むかしむかし、あるところ、一組夫婦が住んでいた。
 妻は大好き、指輪や宝石。夫はちょっぴり乱暴で。
 でもふたりはケンカもするけれど、たいそうなかよしだったとさ。
 たまにガラにもないけれど、星を見たりしたんだと。

「あの星は?」
 人に尋ねてみたところ、夫婦星という星らしく。ふたりはその星気に入った。
「生まれ変わっても一緒だよ」
 ふたりは約束交わしたの。

 巡り廻って幾十年。ふたりは生まれ変わったの。産声上げる、ふたりして。
 けれども、無常は世の常か。
 輪廻の先に得た体。ヒトの形をしておらぬ。

 妻の体は毛むくじゃら。肉食熊に成り果てた。
 夫の体は緑色。二本角の怪物に。
 いつしかふたりは離れたよ。同じ森にはいるけれど。

 けものの習性なのかしら。襲いそうになるからね。殺して食ってしまおうと。
 それを悟って離れるは、かつて愛したひとのこと、心が覚えていたからか?
 けれども相手が誰なのか、お互いわかっていないのだ。


「・・・・・・哀しい歌ですね・・・」

 アウロラが愁いを帯びた声で言った。もしこの妖精の歌が本当のことなら、あのグリズリーは・・・・・・。
 妖精たちはまだ歌い続ける。


 ふたりは夜空に星を見る。毎日、毎日星を見る。
 夫婦星を見つけたよ。なんだか悲しくなってくる。
 ふたりは夜空に星を見る。毎日、毎日星を見る。
 ふたりは夜空に星を見る・・・・・・毎日、毎日星を見る・・・・・・。
(人間だ!)

 妖精たちは”金狼の牙”たちの姿を認めると魔法のように消え去った。
 地面に紙切れが置いてある。

ScreenShot_20130120_063718531.png

『た すけ  て く  れて あり が とう』

・・・と汚い字で書いてある。きっと、小さな体で懸命にしたために違いない。
 ミナスはその手紙をそうっとポケットにしまおうとして、紙切れのそばに指輪が落ちているのを見つけた。

「ジーニ、これ見て。綺麗な銀の指輪」
「あら?この金属・・・・・・」

 エルフから手渡された不思議な輝きの指輪を、ジーニはそっと裏返したり青い宝石を覗き込んだりして鑑定した。
 やがて、感嘆のため息をつくと、「これは精霊銀ね」と結果を報告した。

「精霊銀?たしか、ミスリル・・・だったか?」
「ええ、アレクの言うとおりよ。精霊の住まう異界に存在する幻の銀。身につけた者に邪念や煩悩を打ち払う、強い心を授けてくれると伝承にはあるわね」
「そんなにすごいものなの?」

 きょとんとした表情の少年に、ジーニは笑って首を横に振った。

「そこまで凄い魔力は篭ってないけど・・・ただ、この指輪に意識を集中すれば、きっと強固な抵抗力を得ることでしょうね」
「魔法に対するお守りか。いいなあ」

 そう呟いた後で、ギルがぱあっと明るい顔になった。

「そうだ、アレクがこれ使えよ」
「し、しかし・・・」
「そうね、いいかもしれない。ギルは≪護光の戦斧≫の効果が少しはあるから、貴方が持ちなさいよ」

 仲間たちからしきりに薦められ、アレクは右手の指へ精霊銀の指輪を嵌めてみた。
 さすがに中指や人差し指にはむりだったが、小指にどうにかおさまる。
 心なしか、薄い波動のようなものが全身を包んだような気がした。

2013/01/24 19:12 [edit]

category: アルク・トゥルスピカ

tb: --   cm: 0

Thu.

アルク・トゥルスピカ 2  

 しばらくすると行く手に滝が見える。さらに奥へ進むと・・・・・・。
 エディンがまたもや手で仲間を遮った。
 目を凝らして見てみると滝壺のそばの穴倉から、熊が顔を覗かせている。
 しかしエディンは同時にある事に気づいた。
 穴倉の奥のほうで何かがキラリと光ったのだ。

(金銀財宝を蒐集する野獣か・・・・・・)
(前に風車の遺跡で倒したグリフォンみたいねー。ワールウインドだっけ?)
(・・・・・・あの時はいい金になったな)

 全員がばっとアレクを見つめた。まさかそう言う意見がこの男から出ると思わなかったからである。

(な、なんだよ)
(・・・・・・いえ、あなたでもそういうことを気にするのかと思いまして・・・)
(違う、皆。アレクは最近、防具が欲しくなってきたんだ)

 俺もだけど、とギルが呟いた。
 その推測は当たっていたようで、アレクは羞恥からか白皙へかすかに血の色をのぼらせていた。

(最近、肉弾戦の応酬が激しいものねー)
(・・・そういうことなら仕方ない、もっと近づいてみるか)

 僅かに歩を進めた瞬間・・・・・・。

「グオオオオオン!!」

 熊が穴倉から勢いよく飛び出してきた!
 どうやら初めから”金狼の牙”に気づいていたらしい。

「あぶねっ!」

 咄嗟の判断で、エディンはそのグリズリーの太い足を【磔刑の剣】で岩場に釘付けにした。

ScreenShot_20130120_054243578.png

 反射的に【信守の障壁】を唱えたアウロラの手から、法術による魔法のベールが全員に降りかかる。

「よし、よく二人ともなーいす!もらったあああ!」

 ギルが勢いよく【暁光断ち】を放ったが・・・・・・。

「げ、まだ倒れない!今の結構必殺技だぜ!?」
「野生の獣の体力を甘くみるんじゃねえ、リーダー!」

 折角束縛していた細剣も怪力に引き抜かれ、敵は傷の痛みにますます猛り狂っている。
 慌ててギルやアレク、エディンが波状攻撃を繰り出すも、致命傷にはなっていない。

「仕方ないわね~。やっぱりここは・・・」
「魔法攻撃、だよね。出でよスネグーロチカ!」
「旋風の護りよ!」

 それぞれの魔法の媒体である杖をかざし、ジーニとミナスが魔法を唱えた。
 現れた雪の精霊と風の刃による障壁が、グリズリーに襲い掛かる。
 後一歩のところまで追い詰めたからか、油断したアレクとエディンが岩に足を取られて体勢を崩し、僅かに熊の爪で怪我を負ったものの、その後どうにか仕留めることができた。
 やれやれと息をつき、穴倉の中を調べる。
 すると、一振りの剣・魔道具らしき指輪・いくらかの銀貨を発見することが出来た。

「こっちの剣は普通の武器ね。でも、指輪は【魔力感知】の魔法が込められているわ」

 ジーニの鑑定で価値の高いものと分かった。どうやらこの場所に訪れた無謀な者を殺して蓄えたものらしい。
 ”金狼の牙”たちは亡くなった者への冥福を祈りながら、それらを頂戴することにした。

「・・・・・・・・・?」

 ジーニは周囲に微弱な魔力の波動を感じた。
 先程手に入れたばかりの指輪を使って、波動の元を探る。

「・・・・・・そこね」

 穴倉の奥深く、人骨か獣の骨か分からぬものの山に小瓶が埋もれていた。
 土で汚れて中身が見えないからと、ギルが小瓶を開けてみる。
 ぽん、と軽い音がして小さな影が飛び出してくる。それは、先の冒険の時に会ったのと違う種類の妖精だった。
 そうして皆が驚いて呆気に取られていると、常緑樹の髪をしたその小さな妖精は滝へ向い・・・忽然と姿を消してしまった。
 不思議に思って後を追ってみると、滝の裏には洞穴への入り口があった。

2013/01/24 19:09 [edit]

category: アルク・トゥルスピカ

tb: --   cm: 0

Thu.

アルク・トゥルスピカ 1  

 さて、彼らは翡翠の海における依頼が済んで帰る途中であった。
 立ち寄った高山の村において見知らぬ女性に「息子を助けてください」と呼び止められたのは、或いはあの心優しき大精霊の采配だったのかもしれない。
 女性の息子はとある病毒に冒されており、通常の解毒が効かない。ただ、≪魔獣の角≫というアイテムがあれば回復するらしい。
 実在するのか定かではないそれを、わざわざ取りに行こうと引き受けたのは、有体に言って暇だったからだ。

「うわあ・・・・・・」

 ギルはぽっかり口を開けて目の前の断崖絶壁を見上げる。

ScreenShot_20130120_050943250.png

 これは登るのに骨が折れそうだと考えていると、その横でミナスが小さくコマンドワードを呟いている。

「ん?・・・あ、そっか!飛行すりゃいいんだ!」
「そういうこと!僕が使い終わったら、皆に貸してあげるからね・・・はい、ギルからどうぞ」

 フェニックスの装飾がされた≪エア・ウォーカー≫は、ただ美しいだけの腕輪ではなく、魔法の翼を現出させるアイテムである。
 以前にバザーで交換を持ちかけられた際、これは便利だと喜んで買い求めたのだが・・・。
 エディンががりがりと頭を掻いて言った。

「いやいや、助かった。こいつで順繰りに翼を生やせばどうにかなるな」
「どれどれ・・・・・・おおお!見てくれよ、アレク!ほら、飛んでるぜ!」
「分かった、分かったから腕輪を早く回せ!」

 こうして白い魔法の翼を背から生やした6人は、そろって崖の出っ張りを蹴飛ばしては上昇していく。
 崖はかなりの高さだったのだが、”金狼の牙”たちはあっという間に断崖を越え、鬱蒼とした森へと入った。
 エディンがしゃがみ込み、辺りの様子を確かめる。

「森は本職じゃねえんだがなあ。ま、足跡くらいは見分けられるさ」

 エディンは巧みな観察眼で、落ち葉の重なる土の上の痕跡を見分けた。

「こっちだな。静かに・・・つっても限度はあるだろうが、ついてこいよ」

 たまに名も無い薬草などを採取しながら進む。

「待った・・・・・・」
 
 エディンが手振りで頭を下げるように指示する。彼の視線の先に、野生の獣の群れがいたのだ。まだ気づかれないうちに、パーティを別の道へと先導する。
 森を歩くとき、生存のために最も重要なこと。
 道に迷わぬこと。そしてこのような野獣の棲む森では、同時に危険察知も怠れない。
 一瞬の判断の遅れが命運を分ける事もある。
 森は絶えずざわつき、四方八方獣のにおいがする。
 足元に転がる獣の小骨を踏み砕き、エディンは神経を尖らせた。

「エディン、大丈夫。危なそうな大きい生命の気配は感じられないよ」

 ミナスが微笑みを浮かべてエディンに声をかけた。

「そうか・・・そういや、お前は森生まれか」
「流石に、何かを探したりなんだりする技術は、まだ習わなかったけどね」

 それよりも、と彼はある一方を指した。

「向こうね。なんか水の気配がする・・・」
「なんだってえ?」

 小さな指の指摘に、エディンはその場にしゃがみ込んで聞き耳を立てた。
 言われてみると、確かにそちらのほうからかすかな轟音が聞こえる・・・・・・。

「リーダー、滝か何かあるかもしれない。どうする?」
「そうだなあ・・・」
「水場の確保は重要ですよ。水筒の水、ここに来るまでに結構消費してますからね」

 ちゃぽん、と水筒を縦に振ってアウロラが意見を出した。

「あたしもアウロラに賛成。・・・・・・水場があるなら、顔と手くらい拭きたいわ」
「分かった分かった。でも、油断するなよ。水場には動物が集まるもんなんだから。・・・エディン、頼む」
「あいよ」

 一行はエディンを先頭に轟音のほうへと進路を定めた。

2013/01/24 19:06 [edit]

category: アルク・トゥルスピカ

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top