--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

深き闇への洞窟 4  

 続いて”金狼の牙”たちが立ち入ったのは、真四角の部屋だった。奥の壁に並んだスイッチをエディンがいち早く見つける。

「ジーニ、それ見てくれ」
「ん?・・・ああ、また古代文字ね」

 スイッチの右手に鎮座している石碑の文字を、ジーニが中腰になって覗き込み解読する。

「『道を開くには全てのスイッチを押せ。スイッチは押したスイッチに隣接するスイッチ全てを反転させる』」
「うえええ、パズルか・・・・・・」

ScreenShot_20130113_230440515.png

 ギルが解読されていく石碑の指示に頭を抱えた。
 猪突猛進で楽観的な彼は、決して頭は悪くない・・・というか勘がいいのに、こういうのは苦手にしているらしい。

「『また、一定の回数スイッチを押すたびに矢が飛んでくるであろう』・・・ありゃー、不正解でダメージ食らうって?」
「そいつはたまらんな」

 エディンが嘆息した。丈夫なギルやアレクならともかく、ジーニやミナスに刺さっては困る。
 壁に並んだ二つのスイッチを眺め、アウロラが人差し指を伸ばした。

「おいおい、分かるのかよ?」
「パズルなら得意ですよ。まずはここをこうして・・・」

 一度だけ、アウロラに飛んできた矢をアレクが盾となって受け止めた場面はあったものの、あとはすいすいと迷いも無く彼女の指がスイッチを押し、何かが動く音がした。
 見ると、今まで天井に隠されていたらしい階段が現われている。
 今までの階段と違って仕掛けを施されている、ということは他の階段とは何かが違うはずだとエディンが気づき、一人で少し先行することにした。
 その間に、アウロラは新しく覚えた法術【活力の法】を庇ってくれたアレクに施している。

「便利な技だな。毒霧の部屋じゃ【血清の法】のように解毒をしてくれたろう?」
「はい。同時に生命エネルギーを与え体力を回復させる術でもあります。迷いましたが、学んでおいて良かったですね」
「おい、ちょっと来てくれ」

 先に上の階を調査してきたエディンが、階段を半ばまで降りてきて言った。

「どうした?」
「敵はいない。その代わり、おそらく昔、人が住んでいたと思われる形跡がある」

 その言葉に生気を取り戻したのはジーニだった。

「魔術師の私室!?となれば、日記とかがあるのが常道よね!」
「あんたホントに凄いよたまに・・・」
「誉め言葉と受け取っておくわ、エディ」

 エディンががっくりと頭を下げた。降参、のしるしだ。
 ・・・・・・全員が一番奥の部屋に移動すると、ジーニはたちまち部屋で一番目に付く本棚へと駆け寄った。

「かなり傷んでるものが多いわね・・・」

 ぶつぶつと文句をつけながらも、マニキュアを塗った指が三回、たくさん並んでいる背表紙の途中で止まる。

「これとこれ。あと、こっちの日記。それ以外は駄目ね。虫が喰ってるから読めないわよ」
「日記じゃないのはなんだ?」
「技能書。多分、背表紙からすると天候に関わる魔術と、強力な結界の生成法だと思うけど、詳しく読むまでは確かなことは言えないわね。ギルバート、何から読む?」
「・・・・・・日記。技能書に何か仕込んでたら困るから」
「はいはいっと」

 ジーニが古代の日記を開くと、そこもまた石碑のような古代文字が並んでいたが、慣れたもので彼女は淀みなく朗読を始めた。

ScreenShot_20130113_233448718.png

「『この部屋まで到達できた人がいるかどうかは分からない、また、言語が違うかもしれないが私はこの日記に私の願いを残しておこう』か。個人で研究を続けていた人っぽいわねー。『私には金銀財宝等は無い』とかきっぱり書いてあるわよ」
「えー」

 ミナスががっくりと項垂れた。宝探しの冒険は、この年頃の少年にはひどく刺激的なのだ。目的の宝が無いというのは寂しすぎる。
 そんな少年を慰めるように、ジーニが微笑した。

「膨れなさんな。続きに、『だが私の研究の成果を持ち帰ってもよい』ってあるわよ」
「研究の成果?」
「そう。『死者には必要の無いものだ。だが、ここの存在は誰にも言わないでほしい。私は静かにここで眠りたい』・・・こう書かれているわ」
「・・・・・・となると、技能書には罠を張ってるとは思いにくいな」
「日記の中身見てると、淡白な性格の人っぽいわね。突破してきたなら、ご褒美くらいはあげないと悪いかってニュアンスにも読み取れるから、そっち持ち帰っても怒られはしないんじゃない?・・・・・・眠りを脅かさない限り」
「死者の眠りを無用に妨げる権利は、我々にはありませんよ」

 おどけるようなジーニの口調に、あくまで真面目にアウロラが応じる。
 アウロラの意見に、ギルは首を縦に振った。

「そうだな。依頼人には悪いが、ただの洞窟だった・・・・・・と報告することにしよう」
「嘘も方便、か」
「依頼人の好奇心を満足させた上で、ここの元の主の意見も尊重すると言ってくれ」

 幼馴染のツッコミにギルは笑って背中を叩いた。
 こうして、洞窟を脱出した”金狼の牙”たちは依頼主に「ただ危険が多いだけの洞窟だった」と嘘の報告をし、狼の隠れ家へと帰っていった。

※報酬500sp、【絶対の防壁】【嵐の創造】入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
25回目のお仕事は、ラッキーさんのシナリオで深き闇への洞窟です。こういう、広さはなくても仕掛けが満載で頭を捻るというショートダンジョンは、非常に私の好みだったりします。
しかもこのシナリオ、役に立つ呪文が二つも手に入ります。今回、残念ながら【嵐の創造】は売り払ってしまったのですが、いつもはスタメンでお世話になってます。相手の回避下げてくれる全体攻撃呪文の汎用性って、どうしてあんなに高いのでしょう・・・。
あ。もう一つの【絶対の防壁】は、4ラウンドだけですが防御力・抵抗力の最大値上昇と、魔法無効化状態になる呪文です。単体ですが、それが逆に便利に使える事も・・・。

さて、次回はとあるシナリオの続編となります。
どっちの選択肢を取っても後悔しない、そんな冒険者に私はなりたい。(何)

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

スポンサーサイト

2013/01/19 14:06 [edit]

category: 深き闇への洞窟

tb: --   cm: 0

Sat.

深き闇への洞窟 3  

「この泉を通らなければいけない上に深いようです。これはどうしましょうか」
「そこは俺とミナスにお任せだな」

 肩に手を置いたエディンの意図が分からず、ミナスは最初怪訝そうにしていたが、「凍らせるんだよ、俺とお前で交互に」と言われてなるほどという顔に変わった。
 ミナスの召喚したスネグーロチカとエディンが細剣に這わせた冷気が、泉を臨時のスケートリンクに変えていく。
 このまま順調に氷の道を作り、確実に泉を渡れると思っていた一行だったが、あいにくと横槍が入った。
 ぶうううぅぅん・・・・・・という不吉な羽音が響いたのである。

「おい、これ・・・・・・」
「どこかで聞いた音だな」

ScreenShot_20130113_220427046.png

 アレクの呟きにギルが反応する。すると、彼の視界に鉄で出来た蜂たちが現われ、”金狼の牙”たちへ襲い掛かってきた。
 人工の蜂はフィロンラの花の遺跡で一度出会っている。すばしっこく攻撃を当てづらい敵ではあったが、たった3匹では当時より戦い慣れてきた一行に適うわけもない。
 【光のつぶて】や【風刃の纏い】によって地面に叩きつけられたところを、ギルやアレク、エディンたちが得物でトドメを刺した。

「よし、行こう」
「それにしても・・・・・・」

 リーダーに促されて歩き出したが、途中でアレクが首を捻る。
 それを不審に思ったジーニが「何よ?」と訊きだした。

「あ、いや。危険は多いものの、知恵を絞れば突破できる罠ばかりだったのが気になってな・・・」
「・・・そう言われるとそうね。あの石碑もずいぶん古い綴り方だった。よほどに古代文字を習得して無いと解読できなかったろうし・・・」
「妙なことはそれだけではありませんよ」

 二人の会話に今度はアウロラが口を挟んだ。

「先程の鉄の蜂は、他の魔法生物とともに出現することが多いモンスターです。あれで終わりだとは思えません」
「・・・つまり、この先に親玉がいるって事か?」
「或いは」

 アウロラの肯定に、会話を耳にしていた一行はそれぞれの装備を整える。
 十分に用心して上の部屋へ入った一行だったが、足を踏み入れた途端に緑色に濁った霧が発生し、それを吸い込んでしまった。
 ジーニとアウロラが怒鳴りあう。

「ちょっと、ケホ、ここまでやる!?毒じゃない!」
「ゲホッゲホッ、効果的な罠ですこと!」
「ゲホっ、二人とも、あの鉄の塊、何!?」

 ミナスが指さしたのは、部屋の中央に立っている鉄の塊だ。剣も鎧も中身も鉄でできたらしい兵士は、まず己を指さした小さな人影にいきなり攻撃を仕掛けてくる。
 かろうじて横からその一撃を防ぎきったアレクは、鉄の刃を剣で跳ね上げ後ろへ飛び退った。
 己の魔力を刀身に込める――魔力を爆発させ剣を加速する、神速の二連撃。武闘都市エランで習い覚えた【緋色の羽】という魔法剣の体勢である。それに気づいたギルと、ギルの目配せを受けたエディンが、機甲の兵士を奥に行かせまいと立ちふさがる。
 
「といっても、俺の細剣じゃあ分が悪いぜ、リーダー」
「アレクの時間が稼げればいい!」

 ガイィィン!と気合とともに兵士を叩いた斧が音を立てた。
 入れ替わり立ち代わり、二人の戦士と一体の兵士が己の武器をかみ合わせ、死のダンスを踊る。
 何しろ、機甲の兵士の動きは一流の戦士に勝るとも劣らない上、まったく疲れというものを知らない。おまけに【穿鋼の突き】という必殺技を持っている。一瞬たりとも気の抜ける相手ではなかった。
 毒霧を咳き込んでなかなか詠唱ができないアウロラたちは、手に汗を握りながら援護の隙をうかがっていた。
 刹那。

「・・・・・・二人ともどけっ!」

 アレクの叫びとともに仲間はそれぞれ反対方向へ横飛びし、彼の剣が兵士の身体へ2つの裂傷を刻んだ。
 魔力により赤い帯を引く刀身が毒々しくも美しい双翼を宙に描き、束の間、ギルはそれに見惚れた。
 いかなる存在でも必ず捉える、とエランにいた剣の師匠に言われた技は誇張ではなく、兵士はどっと倒れこんで動かなくなった。

「やれやれだ・・・本番で決まって良かったよ」
「皆さん、解毒しますのでこちらにどうぞ」
「僕も手伝う!ウンディーネ、傷を洗い清めて・・・」

 先程までの毒の霧が嘘のように晴れている。エディンが調べたところ、機甲の兵士自身から毒が吹き出ていたらしい。傷を癒し終わってから階段を上がると、そこは特に何も無い部屋だったので、当直を定めて一行は休憩をとることにした。

2013/01/19 13:44 [edit]

category: 深き闇への洞窟

tb: --   cm: 0

Sat.

深き闇への洞窟 2  

 5階では3階のように真っ暗になった。

「また?」

 アレクがややうんざりしたように言うが、調査を行っているエディンはそれどころではなかった。

「油のにおいはない。が、何か・・・変だぞ」

 その言葉を聞いて、たちまちルーンマスター(魔法を扱う者)たちが小声でそれぞれの詠唱を始める。
 手の空いていたギルが、ミナスが持っているのとは別の明かりを用意すると・・・。

「!?」

 なにやら妙な虫たちが群れをなして迫ってきているのを見て、ミナスがぎょっと立ちすくんだ。
 蜘蛛のようだが足は6本しかなく、その身体はアリなどの昆虫と違ってくびれというものが見当たらない。ジーニが下の階で蹴飛ばした小石のような質感を備えていた。

「なにこれ!?気持ち悪いっ」
「我慢してミナス。こいつら・・・岩石虫だわ」
「岩石虫~?なんだよそれ!」

 こちらに襲ってくる個体を斧でさばきながらギルが叫ぶ。

ScreenShot_20130113_213008359.png

「こういう、真っ暗な洞窟の奥に生息する虫よ。光に反応すると興奮して襲ってくるの・・・素早いし硬いし、火も氷も意味がない厄介な虫だわね」
「げっ」

 ジーニの台詞を聞いてエディンが細剣に溜めていた冷気を収める。
 彼が使う【花散里】は、本来は扇で空気中の水分を花弁に似せた鋭利な氷に結晶化して舞わせる技だが、彼は細剣の刀身に結晶化した氷を集めて敵へ振るう。しかし、相手が氷による凍傷がないとなれば、あまり有効な攻撃とは思えない。

「能力としては、【闇に隠れる】を使うくらいしかしないんだけど・・・」
「それは武器攻撃がスカになるってことか!?」

 あわてたギルが言う。彼には魔法攻撃の手段がない。

「しばらく戦ってりゃ、何匹かは向こうから逃げてくれるとは思う」
「逆に言えば、しばらくは戦わないと駄目ってことです?」
「土壇場のアンタの冷静さには頭が下がるわよ、アウロラ・・・」
「・・・仕方ない、やるか。【召雷弾】!」

 アレクの右手の人差し指に集まった稲妻が、真っ直ぐ虫に突き刺さる。
 ジーニとミナスの召喚した魔法も猛威を奮い、最後の一匹がジーニを護る【旋風の護り】に吹き飛ばされると、一行はやれやれと階段を上がることにした。幸い、怪我をした者はいない。

「ん・・・・・・?ちょっとギルバート、ここの部屋人工物よ?」
「えっ?」

 ジーニの指し示す壁を見ると、確かにあからさまに人工的に作られたものになっている。
 どうやら今までのような自然に出来た場所ではないようだ。
 アレクが一歩進み、辺りを興味津々に見渡す。
 部屋の中央には泉のようなものがあった。水は澄んでいて、何かが泳いでいる様子はない。

ScreenShot_20130113_214458750.png

「ここは一体・・・洞窟ではなかったというのか。ならばここは何だ」
「さあてねえ。下の階を見る限りは妙なモンスターのいる洞窟だと思ってたけど・・・」

 ジーニが入り口の近くにある何かの石碑に近づいた。

「そういうことね。書いてあることが分かったわ」
「もう解読できたの?」
「もちろんよ。あたしは鑑定人だからね・・・『ここより先は魔術の創造に生涯を費やした魔術師の墓である。我は静かに眠ることを望む。これより先の通行は禁ずる。なお、我が墓には金銀財宝等は存在せず。』だって。こう書かれているわ」

 一行は互いに顔を見合わせた。この石碑の言うことが本当なら、これ以上進んでも得るものはまったく無いといっていい。だが・・・。
 まずアウロラが口火を切った。

「これ以上進む場合、魔術師の墓だと言うのであれば、今まで以上に危険な罠が待ち受けていると予想できます」
「ただなあ。この石碑が全部本当のこと言ってるとはかぎらねえ」
「そうねー。何も無いなら、何でこんなもの作ったって話だし」

 大人コンビがアウロラらしい慎重論に水をさす。この二人は、他人の言を鵜呑みにする危険性を十分以上に心得ている。
 ギルはミナスを見やり、彼の意見を促した。

「・・・・・・こんな中途半端なとこで終わりにするのは、ちょっと面白くないよね」
「お前さん、冒険者らしくなったな。・・・アレクはどう思う?」
「ミナスに賛成だ。第一・・・」
「第一?」
「『らしく』と言うのであれば、お前らしくならどうなる?」 

 幼馴染の示唆に思い当たったらしく、ギルはにやりと小さく笑う。

「撤退は最後の手段だな。退路はまだある。泉の向こうには階段が続いてるし、墓であることを確認してから帰るのでも遅くはない」

 リーダーの決定に各々が頷き、泉をどうやって渡るかと話し合うことになった。

2013/01/19 13:41 [edit]

category: 深き闇への洞窟

tb: --   cm: 0

Sat.

深き闇への洞窟 1  

 一つの洞窟が発見された。
 中をのぞけば深く暗い闇が支配する静かな洞窟だ。好奇心に身を任せ、松明を手に中へ進めば自然が作り出した罠がある。暗い洞窟に適応した不思議な怪物がいる。
 発見者は悩んだ。

「何かありそうな洞窟だ。でも危なくて進めない」

 そこで出た結論は冒険者を雇って洞窟の探索を頼むことだった――。
 狼の隠れ家に貼ってあったその依頼を見つけたのは、アウロラだった。遺跡探索とは違って何かが見つかると言う保証もないのだが――
妙に彼女の心に引っかかった。
 親父さんから地図をもらって訪れた洞窟は暗く、入った途端に暗闇の支配する世界となった。

「松明はあるか・・・?」
「うん、あるよ」

 ミナスは松明に火をつけ、明かりを用意した。
 照らされたのはただ広いだけの部屋だった。
 部屋の中央には大きな穴があって奥の階段までの道のりが塞がっている。

「あの穴を対処しないと進めないな」

 部屋の探索を終えたエディンがそう言うと、横にある大きな石をちらっと見た。
 穴を塞ぐのにはちょうど良さそうだが、重さによる体力の消費は避けられそうにない。ギルという力持ちはいるが、まだ一階の序盤で彼が疲労するのは望ましいとは思えなかった。
 しばらく”金狼の牙”たちが唸っていると、「あ!」とミナスが大きな声を上げた。

「ね、僕の腕輪で翼を出して飛び越えたらいいんじゃない?」
「その手があったか」

 アレクは感心して手を打った。
 ミナスの腕輪――エア・ウォーカーは、以前に解放祭パランティアのバザーで手に入れたマジックアイテムである。コマンドワード(合言葉)さえ唱えれば、誰でも空を飛ぶことが出来るのだ。
 気配を探っても蝙蝠などが飛んでくる気配はないので、早速実行に移す。

「ちょっ、ギル!もっとしっかり掴まってよ!」
「だってお前小さいんだもん!下手に力込めたら、骨を折っちまいそうだし・・・」
「ギル、もうミナスに負ぶさるような感じで掴まったら安定するのではないですか?」
「あ、そっか」

 序盤から大騒ぎである。しかし、どうにか彼らは次の階へと歩を進めた。
 2階は植物以外に何もない部屋で、3階に上がると入ったとたんに風が吹き通り、松明の火を消していった。

「きゃっ・・・・・・!」
「落ち着けよ、アウロラ。松明を・・・」
「リーダー、待った」

 エディンは短く呼び止め、真っ暗の中、周囲をうかがった。

ScreenShot_20130113_211515171.png

(ここは別の場所とは違う変なにおいがするな。このにおい、油か?)

「火をつけたら・・・大変な目に遭う。注意してくれ」
「なんだって?」
「油だ。火だるまはごめんだぜ、リーダー」

 信頼できる盗賊の言葉に驚いたほかの仲間たちは、「敵の気配はないようだ」と言う彼の言葉を信じ、手探りで次の階段へと進んだ。
 次の階では・・・・・・。

「天井のほうにこちらに落ちてきそうな不安定な岩があるな」
「あれだね、エディン」
「ああ。進んでいるときに岩が落ちてきたら・・・注意しないといけないな」

 エルフの頭を撫でながらエディンが顎をこする。
 杖についた髑髏で肩を叩いていたジーニは、「あたしに任せなさいな」と言っておもむろに呪文を唱え始めた。

『万物の根源たるマナよ。鋭き矢となり敵を撃て!』

ScreenShot_20130113_211952234.png

 彼女の放った【魔法の矢】がエディンの見つけた部分に突き刺さり、大岩がごろごろと転がっていく。
 足元に転がってきた小さな石を蹴飛ばし、ジーニは得意そうに、

「危険なものは落としたから大丈夫だよね」

と言って笑った。

2013/01/19 13:39 [edit]

category: 深き闇への洞窟

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。