Sun.

密売組織 5  

「聖戦士ライン、密売の証拠を手に入れただいま帰還いたしました」

 敬礼して報告をするラインを、満足そうにレンフ司祭が迎えた。

「うむ、良くやってくれたなラインよ。お前は下がって休みなさい」
「は!ライン下がらせていただきます」

 ラインが樫の扉をくぐって向こうに退室し、”金狼の牙”たちに向き直った司祭は言った。

「冒険者の方々もご苦労様でした。おかげでリューンのゾンビパウダー密売組織を壊滅させる事ができました」
「いえいえ、まあ仕事ですから」
「それで・・・言いづらいことですが、報酬の方は・・・」

 呆れるほど現実的なエディンとジーニが言うと、わずかに苦笑したレンフ司祭は、机の端に置いていた皮袋を取り上げて彼らに渡した。

「1000spです。お受け取り下さい」

 皮袋の重さを間違い無さそうだと無自覚で確かめたエディンは、ぺこりと頭を下げた。

「それでは我々はこれで失礼します。何かありましたらいつでも呼んで下さい」
(本当は、そういう大事は無いにこしたことないんですが・・・)
(社交辞令だろ?)

 エディンの向こうで、アウロラとギルが小声の会話を交わし、ミナスがそれを興味深そうに見上げている。
 エルフの幼心に「しゃこうじれい」という妙な文句を教え込んだことに、彼らはまだ気づいていない。
 程なく、他の者達も司祭への挨拶を無難に済ませ、宿への帰路についた。

ScreenShot_20121115_133248578.png

 疲れきった”金狼の牙”一行は、帰るなり宿のベッドへと倒れこんでいたが、その頃・・・・・・。

「・・・・・・クックック・・・・・・・・・」

 多少くぐもってはいたものの、”金狼の牙”たちに聞き覚えのある含み笑いが、とある闇の中に漏れた。

ScreenShot_20121115_133825843.png

 やがて段々と大きくなったそれは哄笑となり、辺りに響く。

「我が肉体を滅ぼすのみで、全てが終わったわけでは無かろうに・・・。しかし、あの野蛮人どもには復讐せねばなるまいな・・・・・・」

 謎めいた言葉を残し、ボルラスはその姿を闇から消した。
 冒険者達の知らぬ所で物語は進んでいく・・・・・・。

※収入1000sp、火晶石、魔法薬、Pリング入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
13回目のお仕事は、マットさんのシナリオで密売組織(第一話)です。
かっこが示すとおり、このシナリオ続き物となっております。・・・なんか段々続いてるシナリオが増えてるけど、ちゃんと消化できるのでしょうか・・・現時点で4つくらいあるんですが(笑)。

死霊術を扱う敵役といえば、Askさんの公式ならばマハガス(墓守の苦悩)あたりでしょうが、冒険者が倒したと油断しきったところで復活するボルラスも、中々魅力的な敵なのではないでしょうか?
聖戦士ライン君は・・・・・・書けば書くほど、どういうわけか私の中で直情的などじっこさんになってしまい・・・マットさんに謝らないとならないですね。もし本人様がご不快になられましたら、このお話下げることにします。
でも、こういうある意味「困ったちゃん」のNPCのほうが、愛嬌があって私は好きなんですけど(笑)。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/12/02 12:55 [edit]

category: 密売組織

tb: --   cm: 0

Sun.

密売組織 4  

 魔術師――ボルラスという名前らしい――の召喚に応え、ワイトやゾンビ、スケルトンたちが2体ずつ部屋にと流れ込んできていた。
 これは結構な強敵と判断した”金狼の牙”たちは、雑魚の一掃をギルに任せ、アレクがボルラスに、エディンがワイトへと向かう作戦に出た。
 ジーニやアウロラたちは、呪文に集中するためそれぞれの魔法の媒体を掲げて集中する。

「おおおおおおおお!」

 ギルが勢いをつけて斧を振り回し、たちまちスケルトンや精霊によって傷ついていたゾンビを粉砕した。
 邪魔な壁がいなくなり、アレクとエディンが得物を振り上げる。
 しかし、辛うじて破壊を免れたゾンビの一体が、半ば胴体を千切られながらも、杖を手に詠唱を開始したジーニに襲い掛かった。

「つぅ・・・・・・!」
「ジーニ!」

 心配したアウロラが、詠唱の終わっていた【癒身の法】の呪文対象をジーニに定めた。
 さらに、黄色い禍々しいオーラに包まれたワイトが、鋭い爪でエディンの脚に怪我を負わせた。

「中々やるな・・・!」
「よくも、エディンさんを!神の刃を喰らえ!」

 ラインの猛々しい剣が振り下ろされるも、ワイトに避けられ床を穿つ始末だった。
 中々緊迫した戦闘に決着をつけたのはギルで、彼は【薙ぎ倒し】後に【暴風の轟刃】の体勢に入り力を溜めていたのだが、ボルラスへのアレクの攻撃が外れた瞬間、精度の高い竜巻を繰り出した。
 闘気が胸を一文字にぶち割り、ボルラスの緑のローブを血色に染め上げた。

「グフゥ・・・・・・・・・。しょ、少々貴方たちを甘く見ていたようですね・・・」
「敗因は、あんたが調子に乗りすぎたことだ」
「一度攻撃かわしたくらいで、隙を見せるからさ」

 並んで佇むギルとアレクを睨みつけ、さらに口の端から血の泡を零しながら、ボルラスは呪いの言葉を続けた。

「し、しかし、このボルラス・・・こんな所で死ぬ訳には・・・い・・・・・・・・」

ScreenShot_20121115_125308640.png

 ぐらり、と細い体が揺らぐ。

「か・・・・・・・・・な・・・」

 そこまでが限界で、彼は音も無くその場に倒れた。ボルラスが倒れるとアンデッド達は崩れ落ちた。

「どうやらアジトの殲滅に成功したようですね・・・・・・」
「だな」
「さて、後はゾンビパウダー密売の証拠となるような物を探さなければ・・・・・・・・・」

 この書斎のような部屋には入ってきたのと別の扉があったので、ざっと部屋を見渡して目ぼしい物がないと判断した一行は、そこから奥の部屋へと移動した。
 ボルラスの私室だったらしく、清潔なベッドと本棚が備え付けられている。
 本棚の傍らには想像したとおり木製の宝箱があり、部屋に張った罠がないと分ったエディンは、さっそくその前にひざまづいた。
 宝箱は2つあったのだが、そのどちらも罠は無く鍵が掛かっている。

「よっし。ちょっと待ってろよ、みんな」

 しばらく小型ルーペで鍵穴の形状を調べていたエディンは、合鍵の束を取り出してヤスリで先を削り始めた。

「こいつはな、わりと一般的な鍵のひとつだ。この束の鍵をこうして・・・・・・こうすれば・・・!」

 思うように変形したらしい鍵を使いエディンが開錠すると、ボルラスの物らしい装備品や装飾品がいくつか入っていた。
 それを見て、ラインが太い眉を上げた。

「むう・・・・・・・・これらの中には密売の証拠になりそうな物もありますね・・・・・・・・・」
「ああ。これとこれ・・・かな?」

 ラインはエディンと一緒に木製の宝箱に入っていた物を調べ始めた。
 そしていくつかの品をより分けると、納得したように頷く。

「これらの品は証拠品として、私が管理します」
「じゃ、こっちからこっちは、うちの取り分としてもらっていくぜ」

 エディンの手には、緑色の石が嵌まった指輪やリューンで見慣れた魔法薬などがあった。
 もうひとつの宝箱には、大量の書類と粉の入った袋がいくつか入っていたので、ラインにそのまま引き渡す。

「書類は暗号で書かれた顧客リストと計画書か・・・・・・」
「こっちの袋は・・・・・・」
「ええ、ゾンビパウダーに間違いないでしょう」
「これで一件落着ですね。それじゃ帰りましょう」

 控え目だが嬉しそうな微笑みを浮かべて、アウロラが言う。
 他の面子も同意し、一行は聖北教会へと帰還した。

2012/12/02 12:47 [edit]

category: 密売組織

tb: --   cm: 0

Sun.

密売組織 3  

 アジトについてさっそく、物陰に隠れながら入り口に立っていた見張りをジーニ会心の【眠りの雲】で黙らせた”金狼の牙”たちは、体力の少ないものを真ん中に隊列を組み、奥へと移動していった。

「・・・なんだか、紅き鷹旅団を退治したこと思い出すね」
「ああ。今回も隠密性ということでは同じだから、注意しねえとな」

 こっそりと話しかけてきたミナスに肯定のうなづきを返し、エディンは慎重に斥候としての役割を果たす。
 聞き耳をしよう、とエディンが一番最初に見えた扉の前に耳をつけようとすると、興奮した様子のラインが一歩前に踏み出し、肩当てにぶつかった反動で扉が開いてしまった。元々、ちゃんと閉めていなかったらしい。
 扉の向こうでは、何人かの盗賊風の男達が、唖然とした顔でたたずんでいる。
 彼らは一瞬とまどった様子だったが、素早く短剣を抜き、冒険者達に襲いかかってきた!

「くっ・・・・・・!」

ScreenShot_20121115_122251750.png

 舌打ちしながら武器を構えた”金狼の牙”一行だったが、6人いた敵も、しょせん彼らの敵ではなかった。
 あっという間に制圧し、最後の1人がミナスの【雪精召喚】で倒れると、ギルが困ったような顔で呟く。

「今の剣戟の音、外にもれたかな?」
「魔術師には我々の侵入がばれたものとみて間違いないでしょう・・・」
「・・・・・・今、この扉開いたの、誰の責任?」

 しれっと応答したラインを睨みつけ、ジーニが仁王立ちになって言った。
 額の端に汗を垂らしつつ、ラインが「し、しかし」と抗弁する。

「盗賊は片付けました。これでこのアジトに存在する人間は魔術師だけだと思いますよ」
「ふ~ん・・・だといいけどねえ」
「ね、エディン」

 エディンを小さな声で呼んだのはミナスだった。部屋の隅を指差している。

「なんだ?」
「あそこに木箱あるよ。もしかしたら、アジトの中の鍵とか入ってるんじゃないかな」
「雑魚の持ち物に、そんなに期待できねえと思うが・・・」

と首を傾げながらも、エディンの指先は木箱を丹念に調べていった。
 鍵が掛かっているが罠はないと判断し、千枚通しのような道具で鍵穴をこじ開ける。
 中に入っていたのは、ミナスの推測どおりアジト内のどこかの鍵と、いくらかの銀貨だった。

「お!儲けたな。ミナス、よく見つけた」

 小さな喜びの声をあげるエディンの後ろから覗き込んだラインが、残念そうに首を横に振った。

「これらは密売の証拠になるような物では無さそうですね。貴方がたの裁量に任せます」

 手に入れた200spはアレクが、鍵はエディンが管理することにする。
 さらに奥に進むと、似たような扉が2つあった。
 またエディンが調べると、ひとつは分らないものの、もうひとつは鍵が掛かっていることが明らかで、彼は先ほどポケットに突っ込んだ鍵を取り出し、しばらく鍵と鍵穴を見比べてから、おもむろにそれをはめ込んだ。
 澄んだ音を立てて鍵が開く。
 そこは整頓された書斎のような部屋だった。
 机の向こうには、鋭い目つきをした魔術師風の男がこちらをにらみつけている。

「くっくっく・・・・・・・・・。まさかこの屋敷がこうも簡単に見付かるとは思っていませんでしたよ・・・・・・。少々教会という組織を、甘く見ていたようですね」
「貴様がこのあたりのゾンビパウダー密売組織のボスだな!どうやら魔法使いらしいが、聖戦士の力を見せてやる!」
「おい、ライン!?」

 無軌道に突っ込もうとした若者の肩を、危うくギルが掴んで引き戻す。
 緑色のローブに身を包んだその魔術師は嘲笑した。

ScreenShot_20121115_124015109.png

「おやおや勇ましい事で・・・・・・。ぞろぞろと人数を引き連れて人の屋敷に土足で上がりこむとは、いや、これを野蛮人と呼ぶのですねェ」

 アレクが、ラインを押さえるのに一所懸命なギルに代わって言った。

「抵抗するようなら、実力行使を行なうのみだが・・・・・・どうするんだ?」
「くっくっく・・・・・・。実力行使ときましたか・・・・・・。では、私は貴方達を送る事にしましょうか」

 妙な含み笑いは癖らしい。
 それが気に入らなくて眉を寄せるジーニを愉快そうに眺めてから膝に置いていたワンドをかざし、魔術師は高らかに宣言した。

「送る?」
「そうです、送って差し上げますよ、あの世にね!来なさい、我がしもべ達よ!」


2012/12/02 12:45 [edit]

category: 密売組織

tb: --   cm: 0

Sun.

密売組織 2  

 聖北教徒であるアウロラの先導で教会に訪れた一行は、レンフ司祭と向き合っていた。

ScreenShot_20121115_114715000.png

 ≪狼の隠れ家≫で貼紙を見たことをエディンとジーニが説明すると、レンフ司祭は、年月によって刻まれた深い皺に憂愁の色を落としながら、口外禁止の念押しをしつつ、依頼について語り始めた。
 レンフ司祭によると、現在西方諸国ではゾンビパウダーの密売組織が暗躍している、という。
 聖職者とすればこれは非常に頭の痛い問題であり、全力をあげてこの密売組織を壊滅させるべく活動している。
 ゾンビパウダーについて知識の無い仲間には、ジーニとアウロラが、清められる前の死体にふりかけることでゾンビを作り出す、いわばネクロマンシーの秘術に欠かせない薬であることを説明した。

「その結果、密売組織のアジトの1つを発見したのですが・・・・・・。残念ながら現在の我々には、そのアジトを攻撃するだけの戦力がありません」
「ははあ、なるほどね。それで私達に依頼を・・・・・・」
「はい・・・・・・・・・。せめて聖戦士団が残っていたなら我々だけで処理できたのですが・・・」

 宗教関係に特に疎いミナスが、小声でアウロラに尋ねる。

(ねえねえ、聖戦士団て何?)
(なんと言いましょうか・・・。聖北教会に所属している、アンデッド専門の調査機関です。必要に迫られれば、掃討もいたします。主に地方からの依頼で動いているはずです。)

「彼らは今、聖西教会からの要請で、ヴァンパイアに襲われた村の調査・討伐に向かってまして・・・・・・」

 溜め息をついたレンフ司祭に、密売組織のアジトの場所や戦力について質問すると、ある程度の答えが返ってきた。
 場所はリューンから北に少し行った所にあり、魔術師や盗賊風の者たち数人の確認報告があったという。
 アレクが顎に手をやりながら呟く。

「魔術師か・・・・・・・・・そいつがアジトのボスとみて間違い無いだろうな」
「ところで、その魔術師の素性は調べたんですか?」

 賢者の塔に所属していた魔術師なら、最終的な実力くらいは分かるかもしれないと、エディンが身を乗り出して聞いたが、司祭は首を振って否定した。自分達にはその伝手がないと言っているが、どうもその辺の調査は思いつかなかったものらしい。
 アジトの場所を教えて欲しい、と言われたレンフ司祭は、

「場所についてはアジトの調査をしておりました聖戦士を同行させましょう」

と言って、手を叩きながら「ライン、ラインはおるか?」と樫で作られた扉の向こうに呼びかけた。
 ほどなく、青い髪のがっしりとした体格の男性が、白い鎧姿で入室してくる。

「は!ライン参上いたしました」
「うむ、話しは分っておるな」

 レイフ司祭が確認すると、ラインと呼ばれた若者は緊張の面持ちで頷く。

「この者が道案内をします。多少の武術と神聖魔術の心得はありますので、邪魔にはならないと思います」

 これは案内後も同行させろということだろうかと、”金狼の牙”たちは戸惑ったような視線を交し合った。
 多少の武術や魔術というものは、かえって「生兵法は怪我の元」という事態を引き起こすこともある。
 うかつに、諸手を上げて歓迎できる物ではないのだが、どうにも断れない雰囲気だ。
 やむを得ず、一行はラインを仲間に加えてアジトへ向かうことにした。
 なんでも、ラインは聖西教会の出征に加われなかったことを悔しく思っていたらしい。
 今回の冒険者への同行を、心の底から喜んではりきっていた。

 報酬についてジーニが確認すると、仕事が終了次第、貼紙にあったように1000spを支払うそうで、アジトにある物については、密売の証拠以外は裁量を一任してくれるという。
 さっそく目的の場所に向かおうと、あどけない仕草で別れの挨拶をするミナスに、司祭が慈愛の微笑みを浮かべながら、

「頼みましたぞ・・・・・・・・・」

と言った。

2012/12/02 12:43 [edit]

category: 密売組織

tb: --   cm: 0

Sun.

密売組織 1  

「ふぁ~あぁ・・・・・・よく寝た。う~ん・・・・・・・・・」

 という呟きを漏らしたのは、珍しいことにアレクだった。
 ”金色の狼”の面々が、階下の食堂へと下りてくる。
 親父さんが窓から見える太陽の位置を確認すると、すでに時刻は昼近くになっていた。

「おいおい、お前等・・・・・・。いつもの事ながら、たまには朝から仕事しようって気にはならんのか」

 親父さんは毎度の事ながら顔をしかめている・・・。
 今起きてきたばかりの一団は、そんなことを気にする素振りも無く、壁の貼り紙を眺めている。
 ふと、エディンがその黒い双眸をひとつの貼り紙に向けた。

「おや、この貼紙は・・・・・・今日貼ったのかい親父さん?」
「ああ、それは今朝、教会から送られてきた依頼状だ。なんでも急な事らしくてな、できたら今日中に人材を送って欲しいとか言ってたなあ・・・」
「ふーん。死霊に詳しい人、かあ」
「まあ、死霊術士の杖なら持ってるけどね」

 ミナスとジーニがそれぞれ貼紙を読んで感想を漏らす。
 親父さんが、二人の様子を眺めながら口を挟んだ。

「まあ教会からの仕事だから信頼はできると思うが、いかんせん情報が少ないのが気に掛かるな・・・」
「ふ~ん」

 ギルが頬をぽりぽりと掻きながら言った。

「教会からここに依頼が来るなんて珍しいな・・・報酬もそこそこだし」
「お前等、今は仕事も無くて暇を持て余してんだろ?たまには業を落とすような仕事をやってみたらどうだ?」
「う~ん・・・・・・・・・どうしようか?」

と、ギルは振り返って仲間達に聞いた。
 確かに、以前のフィロンナの花を探す依頼から、もう10日以上も経っている。
 アレクが新しい技を武闘都市から習い覚えたせいもあり、そろそろ懐も寂しい頃だ。
 相談の結果、「暇な事だし、やってみるか」ということになった。
 エディンが言う。

ScreenShot_20121115_114509843.png

「報酬もそこそこあるし、まあ教会からの依頼なら法に触れるようなことをさせられる事も無いだろう・・・・・・やってみることにするよ」
「そうか・・・・・・じゃあ詳しい事は聖北教会のレンフ司祭に聞いてくれ、場所は分るな?」
「もちろんですよ」

 苦笑したアウロラが、からかうような親父さんの言葉に応えた。

「じゃあ行ってくる」

 親父さんと、ちょうど箒片手に店に戻ってきた娘さんに挨拶して、冒険者達は聖北教会に向かった。


2012/12/02 12:41 [edit]

category: 密売組織

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top