黒幕と思われる最後の悪魔を倒した、一週間後のことである。
 サルセカを含む北方の大部分を収めているニージュ公爵から、この地に休養のため留まっている旗を掲げる爪の一行へとある書状が届いた。
 領主の館に程近いある地域に、なんと黒い竜が現れたというのである。
 ニージュ公爵は自分の騎士団をもってこれに当たらせようとしたが上手くいかず、高名な傭兵を雇い入れたものの、彼は奮闘空しく竜に敗れたという。
 やむを得ず今度は強い冒険者を探していたところ、救援要請の出ていたサルセカに、リューンでも有数の高レベル冒険者パーティが滞在していることを知ってこちらへ連絡してきたらしい。

黒竜
-- 続きを読む --

2016/05/31 11:59 [edit]

category: 凍える湖城後の20の命を持つ黒龍

tb: --   cm: 0
 何度目かの――今日はすでに五日目に突入してる――こと、街の住民をまたもや送り届け城に戻る道すがら、テアが首を傾げる。

「しかし、人に戻る魔物と、そのまま溶けて消える魔物の違いはなんじゃろうの?」
「まさか……時間切れ、とか?」

 言っていて自分で蒼くなったシシリーだったが、テーゼンが優しくその肩を叩いて落ち着かせた。

「いや、人が変化した魔物はごく一部で、残りはそのコピーか何かだと思うぜ。あれだけの数を近隣からみんな攫ってきたなら、さすがに国が対処に動くだろうよ」
「なるほど、コピーね……でも、なんでそんなことするのかしら?」
「さてね。他の悪魔の思惑までは、分からねぇよ。中には自分の狂った規範で動く奴もいるから、あまりまともに考えない方がいい」

 第一、聞いたところで答えはしないだろうとテーゼンは心中で呟いた。
-- 続きを読む --

2016/05/31 11:55 [edit]

category: 凍える湖城後の20の命を持つ黒龍

tb: --   cm: 0
 旗を掲げる爪は念の為に街の魔術師とも面会したのだが、三角帽子を被っている老爺は、薄暗い部屋の隅で五弦の楽器――テアによると、カンテレという撥弦楽器の一種――を爪弾いて歌っているだけで、てんで冒険者たちへ注意を払おうとしなかった。
 一応、正気に戻ったのではないかと思える瞬間もあったのだが、

「さあいつも通り、そのツボの中に素材をお入れ。お前の望むものと交換してくれるじゃろう。それで………ロヴィーサや。飯はまだかのう?」
「何で俺を見て女名を連想するんだ、爺さん」
-- 続きを読む --

2016/05/31 11:51 [edit]

category: 凍える湖城後の20の命を持つ黒龍

tb: --   cm: 0
 元御堂騎士団の老雄が指名してきたとんでもない依頼の結末は既に述べたとおりだが、少々の情報操作とほとぼりの冷める時間を必要とした旗を掲げる爪は、北の果てにある湖城の街を訪れていた。
 ≪狼の隠れ家≫の亭主と古い知り合いだという町長から出された救援は、湖の城に現れた悪魔を退治して欲しい、というものだったのである。

「……悪魔が悪魔を殺せって、けっこう皮肉な仕事だな」

 人形のような美貌を皮肉げに歪めたのは、”森閑の悪魔”テーゼンである。

凍える湖城
-- 続きを読む --

2016/05/31 11:47 [edit]

category: 凍える湖城後の20の命を持つ黒龍

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top