Mon.

ウニ退治後の夏の休日その3  

 翌日。
 『依頼が済んだら海で遊ぼう』という約束どおり、町長の口利きで料亭のお昼を食べ終わった旗を掲げる爪は、海岸にまた来ていた。
 まだ季節が早いので少々寒いものの、本格的なバカンスの時期になったらここはきっと芋を洗うような状態になるだろうから、堪能できるのは今のうちである。
 潮風で錆びたら困るということで、本日は武具を宿に置いてきてある。

夏の休日
-- 続きを読む --

2016/05/09 12:17 [edit]

category: ウニ退治後の夏の休日

tb: --   cm: 0

Mon.

ウニ退治後の夏の休日その2  

 波の打ち寄せる音、細かな砂の続く浜辺、そして……そこには、大量のウニが蠢いていた。

「おい!」
「落ち着け、ロンド殿。…にしても、なんじゃこの量は」

 老婆は呆れたように首を振った。
 ウニモドキは鳴くこともなく、浜辺に鎮座してたまにピクッと動く程度だ。
 正直、薄気味悪いとしか言えない。
 シシリーの口の端が引きつっている。
-- 続きを読む --

2016/05/09 12:14 [edit]

category: ウニ退治後の夏の休日

tb: --   cm: 0

Mon.

ウニ退治後の夏の休日その1  

 初夏に差し掛かったリューンの街。
 薄着に切り替わる市民が増え、上天気が続くことに乗じて、ちょっとしたお出かけに出ようという声も、ちらほら聞こえてくる。
 外出するだけで心が浮き立つような春とは違い、より人々がアクティブな気分に変わる時季なのかもしれない。
 そんな中、賢者の搭からの依頼が発端で、リビングメイルの新入りが加わった≪狼の隠れ家≫の酒場は、案外と閑散としていた。
ウニ退治

-- 続きを読む --

2016/05/09 12:11 [edit]

category: ウニ退治後の夏の休日

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top