Sun.

紅き鷹への葬送曲 3  

「なんだ!テメーらァッ!!」

 首領らしき大男の横にいた盗賊が、一行に向かって叫ぶ。

「ようこそ・・・ってところかァ?招かれざる客さんよォ・・・・・・!」
「お前たちはやりすぎたのさ。出る杭を打ちに来た」
「大方、ギルドの連中の手先だろ?・・・・・・ギルドの面子丸つぶれだな。粛清を冒険者に任せちまうなんざ、今までねぇぜ?」

 ねちゃねちゃとした口調で言う紅き鷹旅団の首領に、エディンがひどく冷めた様子で言い放った。

「その面子も、ここでお前を始末すりゃ取り戻せる。とっとと死んでもらおうか」

 エディンのその台詞に迎合するように、ギルも言った。

「・・・お喋りはそのくらいにしておくんだな」

ScreenShot_20121107_050552593.png

「せっかちな連中じゃねぇか。いいぜ、かかって来いやァッ!!」

 前衛を務めるギルとアレクは、まず渾身の一撃を首領に向けた。
 ジーニは呪文を唱え、アウロラは他の者の怪我をすぐ癒せるよう、自分を防御して備える。
 ミナスはエディンに目配せされ、彼と同じように雑魚のひとりに斬りかかった。

「ぎょえっ!」

 【雪精召喚】によって現世に現れていたスネグローチカが、雑魚の梅雨払いをする。

ScreenShot_20121107_050859984.png

 その隙に、他の面子が首領へと攻撃を行い、ギルが受けた傷をアウロラがすぐさま癒した。
 首領が「バケモノだ」という幹部の話は本当らしく、ジーニの【魔法の矢】の呪文にも抵抗してみせた。

「くっ・・・・・・、手ごわいわね」
「・・・・・・!ジーニ、危ない・・・!」

 歯噛みしたジーニに体当たりするように、ミナスが動いた。
 驚くジーニの視界の中で、先ほど自分が放ったのとは違う【魔法の矢】が、ミナスの背中に突き刺さっている。

「・・・援護に来ましたよ、首領殿」

 紺色の薄汚れたローブに身を包んだその男こそ、”金狼の牙”が警戒していたモグリの魔術師に違いなかった。

「ミナス・・・っ!」

 慌てて回復呪文を唱え始めたアウロラを嘲るように、首領が余裕を含んだ笑みを浮かべる。

「ハッ、ようやく来たか!」

 その勢いを剣に乗せたかのような凄まじい威力の【居合い切り】が、アレクの体を袈裟懸けに切り刻む。

「く!!」
「アレク!くっそ、コノヤロウ!」

 ミナスの怪我と幼馴染の出血に激昂したギルが、剣を振り切った首領の懐に飛び込み、思い切り斧を下から上に振り上げた。
 斧の凶悪な刃は、首領の大きな体を存分に断ち割り、血しぶきを派手に上げた。

ScreenShot_20121107_051424218.png

「ぐォアッ!」

 首領がその場に倒れると、魔術師は、

「ぐっ・・・ここは退かねば・・・・・・」

と言って、すかさず【帰還の法】を唱えて転移した。
 それと同時に、他の部屋にいたらしい雑魚が首領部屋に入ってきた。
 冒険者たちが動く間もなく、雑魚は事の顛末に驚き、逃げ出していった。

「盗賊団をまとめていた首領が倒されれば後は勝手にバラバラになっていくでしょう」

 アウロラの静かな言葉に、一同は頷いた。
 アレクやミナスの怪我を【癒身の法】や【水淑女の守】で癒すと、”金狼の牙”たちは、誰もいなくなったアジトの残りの部屋を調べて廻った。
 ≪防護の指輪≫や≪魔法薬≫、【魔毒の矢】の魔法書など、中々高価な物を発見していく。
 報酬の値上げはなかったが、ここにあったものをどうするかは言及されていない。
 エディンに言わせると、「ささやかなボーナスさ。向こうさんも、俺らに仕事頼むなら承知の上だから遠慮しなくていい」ということである。

 あらかたの物を回収し終わって、一行は依頼人の”コウモリ”の元へと帰っていった。

「よし、よくやってくれた」

 彼らを出迎えた男の第一声は、まずそれだった。

「頭をやられた連中はもう終わりだ。後はこっちで狩り出してやる」
「よろしく頼むぜ」
「魔術師は逃がしたそうだが俺たちギルドからは逃げられないさ。すぐに奴は始末される」
「そう願いたいもんだね」

 エディンと幹部の会話に割り込むように、アレクが言った。

「ずいぶん信用してくれるな?」
「おいおい、馬鹿じゃないんだ。確認ぐらいはしてるさ。ともあれ、依頼は達成だ。こういう仕事はないだろうが・・・・・・、俺個人からの仕事を頼むかもな」
「その時はよろしくお願いする」

ScreenShot_20121107_052755703.png

 無愛想なアレクの返事に肩をすくめると、依頼人は金貨で1000spを払った。
 冒険者たちは盗賊ギルドを後にした。

※収入1000sp、≪金鉱石≫≪コカの葉≫≪葡萄酒≫≪魔法薬≫≪防護の指輪≫【魔毒の矢】入手※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
11回目のお仕事は、Wizさんのシナリオで紅き鷹への葬送曲です。
”金狼の牙”を名乗り始めてからの初仕事、ということで、重みのあるシリアスシナリオで戦闘があるものがいいと思い、こちらを選びました。
作者様は「全く新しいことはやっていない」とおっしゃっておられますが、盗賊ギルドからの依頼であることや、戦闘の途中で逃げた魔術師が、実は違うシナリオの伏線になっていることなど、中々面白いと思います。
因縁のある相手と決着を着ける・・・というのは、ファンタジーに限らずカッコイイですよね。

それにしても、今回のエディンは珍しく真っ黒だったなあ・・・・・・(笑)。

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。 使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。

2012/11/18 19:57 [edit]

category: 紅き鷹への葬送曲

tb: --   cm: 0

Sun.

紅き鷹への葬送曲 2  

ScreenShot_20121107_044443906.png

 入り口前にいた注意力散漫な見張りを、ジーニの【眠りの雲】で眠らせて処理すると、一行は一気にアジト内へと足を進めた。
 アジトは、元は国で作った砦が不要になり放棄されたものを、勝手に紅き鷹旅団が使っているらしい。 
 隊列を組み、一番前をエディンが進む。

ScreenShot_20121107_044708671.png

 途中の壁にあった矢の飛ぶ仕掛けを無事解除し、初めに現れた扉に聞き耳をすると、どうもひとりだけ部屋の中で動いているらしい。

「多分、この向こうは倉庫だな」
「・・・・・・情報源は欲しいところだな。首領さえ片付けられれば、雑魚をいちいち相手にしないで済む」

と、アレクが言う。
 ひとりであれば苦もなく取り押さえられるだろうと、首領の部屋の位置を聞き出すため、一行は奇襲に出た。
 ギルが躊躇なく中にいた男を殴りつけ、大人しくさせる。
 必要な情報を聞き出すだけ聞き出すと、あっという間にアレクと二人がかりで気絶させた。

「ねえ、ギル。これ」

 ミナスが指さしたのは、小さな宝箱だった。
 そう時間もかからず解除できそうだと、毒針の罠を短時間で外して中を改めたエディンの目に、金色の鈍い輝きが映った。

「金鉱石か・・・」

 一番ポピュラーな鉱石で、通常出回っている金とは違い、とても加工が難しいとされる。
 引き取り価格はとても安いとされているが、幸い、”金狼の牙”たちには、こういった鉱石を高く買い取ってくれる心当たりがあった。
 他に、この部屋で目に付くような物はない。

 気絶させた男の情報によると、首領と魔術師は、普段別々の部屋にいるのだという。
 下手に歩き回って見つかってしまうと、もぐりだという魔術師を、首領と一緒に相手取らなくてはならないので、彼らは目的である首領の部屋へ一気に行こうということになった。

 部屋の前まで静かに移動し、お馴染みとなってきた補助魔法と召喚魔法を小声で唱える。
 エディンは、ここに来る前に緊急で仕込まれた【暗殺の一撃】のやり方を、脳内でシミュレートしていた。
 できれば首領をあの技でしとめておきたい。そうすれば、魔術師に襲撃を気づかれることもないだろう。
 しかし、【暗殺の一撃】は、このところめきめきと実力の上がってきたエディンにも、難しい技であった。上手くタイミングがつかめるとは到底思えないので、もし技を出す隙があれば僥倖であろうということは、本人にも痛いほど分かっていた。

「よし、みんな。覚悟はいいか?」

 エディンの思惑をよそにしたギルの呼びかけに、他の一同が頷く。

「じゃ、いくぞ・・・・・・」

 エディンがそっとドアを開けた。

2012/11/18 19:46 [edit]

category: 紅き鷹への葬送曲

tb: --   cm: 0

Sun.

紅き鷹への葬送曲 1  

 無事にパーティ名も決定し、ゴーレム研究を続けているであろうルーシーのことを考えながら、”金狼の牙”たちがカウンターでぐうたらしていると、小柄な男がひとり、静かに店へと入ってきた。
 その男を見た途端、だらけきっていたエディンが素早く起き上がる。
 小柄な男は、盗賊ギルドの使い走りである。以前に、エディンが盗賊の身ごなしやリューン市内の情報の集め方のノウハウなどを、この男に仕込んだことがあった。

「よう。久しぶり」
「あんたも元気にしてたかい、エディン。冒険者なんかになっちまってから、あんまり顔を見ないじゃねえか」
「今日はまた、どういう風の吹き回しでここに来た?」
「あんたに・・・いや、あんた方に依頼したいことがある、と”コウモリ”からお達しがあってね」

 エディンは黒い目を細めた。
 ”コウモリ”は盗賊ギルドの幹部であり、リューン市内におけるギルドにとっての治安維持を担当している男のひとりである。
 ギルド内での地位はさほど高くはないし、盗賊としての実力も高いわけではないのだが、そこからの依頼となると、荒事か、暗殺関係か・・・。いずれにしても、少々危ない仕事になりそうなのは確かだった。

「リーダー、どうする。俺自身は義理があるから断れない仕事だが・・・」
「色んな依頼人がいたけど、ギルドからは初めてだな」

 若々しい顔を皮肉気に歪めてギルは言った。

「訊いたら断れない仕事だろうけど、エディンひとりを行かせるのは気が進まない。全員で行こう」

 鶴の一声とでもいうべきか、それぞれ、何らかのきな臭さを感じてはいたものの、仲間たちは全員が盗賊ギルドへと向かった。

「・・・来たか」

 初老にさしかかろうかという年齢の男が、暗い中にひとり座っている。
 ギルが、

「あんたが依頼人か?」

と問うと、肯定の返事があった。当然のように引き受けてくれるのだろう、という態度を取る依頼人に対して、幾分か緊張の色が濃いミナスが水を差す。

「話も聞かないで決められないよ」
「・・・・・・いいだろう。だが聞いたことは他言無用だ」

 依頼内容について最初に訊いてみると、なんと頼みたい仕事というのは盗賊退治だという。

ScreenShot_20121107_042703375.png

「あんたらに潰してもらう盗賊団は紅き鷹旅団を名乗る連中だ」

 幹部が言うには、ギルドの掟を破っているモグリの盗賊団は、粛清の対象になる。それの代行を頼みたい・・・という話なのだが、盗賊ギルドをよく知るエディンがそこで何故と問うた。
 普通であれば、ギルドの面子がかかっているのである。当然、ギルド内で人員を派遣して、始末するべき問題なのだ。
 粛清の代行を部外者に、それも冒険者にやらせるという意図がどこにあるのか。

「あいつらの中には魔術師がいた。それでも善戦はしたんだがね・・・・・・。首領がバケモノだったのさ」
「バケモノ?」
「人外というわけじゃない。それくらい強い・・・ということさ。そういうわけで気に入らねぇがこれ以上、連中をほっとくわけにいかなくなったワケだ」
「ふむ・・・・・・紅き鷹旅団について、もう少し詳しく教えてくれ」
「最近勢力を伸ばしてる盗賊団だ。ここらじゃ、結構やばい連中だな。ギルドに金払ってる連中も襲撃してやがるふざけた連中だ」
「・・・どうあっても見過ごせない相手だな」

ScreenShot_20121107_042846390.png

 盗賊ギルドの収入の一部には、商人や貴族などの有力な者たちからの上納金がある。
 もちろん、それには見返りがあり、ギルドの保護を受けることで、ギルドに属する盗賊たちは彼らを襲うことを禁じられるのであるが、紅き鷹旅団は、そのルールを真っ向から喰い破ったというわけだ。

「魔術師がいるのを確認したが・・・・・・、ありゃもぐりの魔術師だな」
「それは厄介ね・・・・・・。相手の実力のほどが分からないのは」
「ちょいとあんたらには荷が重いかね?」

 ”コウモリ”が小ばかにしたように言うのへ、ジーニがむっとした顔を向けた。とかく、この女性はプライドが高く、人から侮られることをよしとはしない傾向がある。
 それをエディンが上手く押さえて、報酬を”コウモリ”に尋ねた。

「報酬は銀貨で1000枚。いっとくが口止め料込みだぜ。うちも結構厳しくてな。悪いがこれ以上はだせねぇぞ」
「はっ、こないだ西の”蔓薔薇”から”いろいろ”いい物を貰ったと聞いてるがね」

 エディンが小さく鼻で笑った。
 パーティの仲間達には何のことか分からなかったが、指摘された”コウモリ”は舌打ちでもしそうな顔でエディンを見やる。
 盗賊同士の隠語で、エディンは”蔓薔薇”の紋章を持つ貴族から、この幹部へ個人的な上納金が来ていることを指摘したのだ。
 しかし、エディンもこれ以上報酬を吊り上げるつもりはない。
 1000spで引き受けるならそれで構わないが、先ほど「荷が重い」と馬鹿にされたことへの意趣返しと、言い値で仕事をしてやろうという恩を売りつけたのである。
 せいぜい自分達を高く売った”金狼の牙”たちは、依頼を受けて紅き鷹旅団のアジトへと向かった。

2012/11/18 19:44 [edit]

category: 紅き鷹への葬送曲

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top