--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

提琴弾きの依頼その4  

「蛇のコインが2枚、蜥蜴のコインが1枚。これで……」

 天秤の皿に金貨を乗せて分銅で重さを量ったところ、305グラムであった。

「ああ、これではっきり分かりましたね。アンジェ、蛇の金貨を壺へ投げ入れて下さい」
「はーい!」
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

2016/04/16 11:26 [edit]

category: 提琴弾きの依頼

tb: --   cm: 2

Sat.

提琴弾きの依頼その3  

 恐らく買値より高く売れる掘り出し物の書物と、魔除けの効果のあるスパイスを使った羊肉のケバブ5本セットを買い込んだ旗を掲げる爪は、なんとジャムシードが昼間、大図書館の人目につかない書架の裏で寝ているという情報を貰って道を引き返した。
 結局最初の建物へ逆戻りになったことに、各々がため息をつきながら教えられた場所――魚の料理本のコーナーを覗き込むと、隅の方でうずくまっている人間がいる。
-- 続きを読む --

2016/04/16 11:24 [edit]

category: 提琴弾きの依頼

tb: --   cm: 0

Sat.

提琴弾きの依頼その2  

 旗を掲げる爪は、困難な道のりになるだろうと砂漠に入る手前の村で入念な準備をしていたところ、丁度サバークに向かう隊商と鉢合わせ連れて行ってもらえることになった。

提琴弾き3

 ラクダの背に揺られること数日、幸いなことに急な砂嵐やモンスターとの遭遇もなくサバークへ到着することが出来た。
 感心したようにロンドが辺りを見回している。
-- 続きを読む --

2016/04/16 11:21 [edit]

category: 提琴弾きの依頼

tb: --   cm: 0

Sat.

提琴弾きの依頼その1  

「助けてください!人生を左右する一大事なんです。マジ、本当お願いします!」
「ええい、落ち着かんか!袖を離せと言うのに…!」

 知り合いから仲介された死霊術師討伐を済ませて、10日ほど経ったある日のことだった。

提琴弾き


-- 続きを読む --

2016/04/16 11:17 [edit]

category: 提琴弾きの依頼

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。