Sat.

機械仕掛けの番犬 4  

「先ほどは失礼しました。娘が皆さんにご迷惑をおかけしたようで・・・申し訳ありません。父としてお詫びいたします」
「え、いや、こっちは仕事として引き受けただけで、別に迷惑なんか・・・」

 頭を下げた男の姿に驚き、恐縮したギルが、忙しなく手を振りながら頭を上げるよう彼に伝える。
 ルーシェランことルーシーによると、父の名前を拝借したのは、そうしないと誰も相手にしないと思ったから・・・ということらしい。
 酒場に出した覚えがない広告が、自分の名で張り出されていたことに驚いたため、ファラン氏は慌てて帰宅したそうで、

「そもそも私は、お前を魔導師にした覚えはないし、なってくれと頼んだ覚えもない」

と、娘を叱り始めた。

「女は子を産み、育て、次の世代を作るのが勤めだ」

 どうも、ファラン氏は徹底した男尊女卑主義者らしい。その台詞を聞いたアウロラとジーニが、それぞれ違った表情で彼を睨みつけ始めるのを、仲間達は冷や冷やしながら見守った。

「外の世界で仕事をする必要などない」
「・・・その考え方が、おかしいのよ」
「・・・何?」

ScreenShot_20121107_015656359.png

 娘を睨み返すファラン氏を、視線で針のむしろにしつつ、ジーニも口を出した。

「まったくだわ。女性を侮るのも、いい加減にして欲しいわね」
「ちょ、ちょっとジーニ・・・」
「アンタは黙ってらっしゃい」

 ジーニの冷たい声音に、ギルが強制的に黙らせられる。
 その尻馬に乗ったように、ルーシーが口を開いた。

「女だとか、男だとか、そんなの関係ないわよ。やりたい事をしているだけなのに、どうして我慢しなくちゃいけないの?」
「まだそんな事をいうのか。いいか、魔導師というのは、世間では疎んじられる存在なのだ。自然の摂理を曲げ、世界の均衡を崩すもの、それが魔法だ」

 次いで、ファラン氏は魔導師が社会からの蔑視に晒される職業であることを必死に娘に説明したのだが、ルーシーもまったく諦めるつもりはなく、父へ食って掛かった。
 その後ろでは、ルーシーを応援するようにアウロラが頷いている。

「ゴーレムを真に操るにはそれ相応の資質と努力がいる」
「だから修行してるんでしょ!大体ね、お父さんが古代文明の研究に没頭して、家族をほったらかしにするから、母さんに逃げられるのよ!!」
「むっ・・・」

 ファラン氏は至極痛いところをつかれたらしく、その厳つい顔が赤に変わったかと思うと、たちまち青にも変化した。客人の前で、そういったプライベートな事情を暴かれたのが、よほどに悔しかったらしい。

(あー・・・盗賊ギルドでちょろっとだけ聞いた時、もう少し家庭環境について聞いときゃ良かったかな・・・。そうすりゃ、こんなホームドラマを眼前で見なくて済んだんだろうか。)

 エディンが遠くを見やりながら、心中で呟く。
 盗賊ギルドで情報を得る時には、どうしても金が必要になるので、彼は必要最低限と思われる情報をピックアップして行ったのだが、拾い忘れというものは常にある。
 ルーシーが、若々しい顔を興奮の赤に染めながら、自分の主張を叫んで部屋から出て行った。

「ルーシー!!・・・・・・まったく、あの娘は」

 ファラン氏はため息をついた。

「私も女で、しかも冒険者なんて職業に就いていますから?彼女の言い分ももっともだと思いますけどー」
「ジーニ」

 さすがに、仕事は済んでいて娘から報酬は得ているとはいえ、今度またディトニクス家の伝手で、仕事が来るとも限らない。無用な諍いを起こして、新たなしこりを生むのは得策ではないと、アレクが短く彼女の名を呼ばわって目で諌めた。
 そんな冒険者たちのやり取りを見て、ファラン氏も決まり悪くなったものらしい。

「いや、お見苦しいところをお見せしました。・・・では、私もこれで。気をつけてお帰りください」

 これ以上は踏み込まないでくれ、ということである。
 追い立てられるように、一行はファラン氏に玄関まで見送られ、屋敷を出ることとなった。

 宿屋に戻り、いつもの席につくと、酒場の親父が声をかけてきた。

「おう、おかえり。どうだった、首尾は?」
「なんというか、ある意味騙された・・・かな?」
「何?」

 ギルの答えに親父さんが顔色を変えたのを見て、慌ててエディンが要領よく説明してやった。

「・・・へぇ。どうりでねぇ。本当の依頼者は、ファラン氏じゃなく、娘さんだったわけだ」
「ま、そういうことよ」
「んー。あの人、お父さんと仲良くなれたらいいのにねえ」

 ミナスには、まだ男尊女卑の考え方が理解できなかったらしく、結局、ファラン氏の態度も「親としてすごい心配してるんだな」というくらいにしか思っていない。可愛らしく小首をかしげたエルフの少年を見やりつつ、親父が言う。

「ま、報酬はもらえたんだし、よかったじゃねぇか。後は、その娘さんが、お父さんと話し合って決めることだからな」
「その話し合いが、穏便に済めばいいのですけども・・・」
「ルーシーの夢が叶えば、さすがにあの頑固親父も、彼女を認めないわけにはいかないでしょ。かくなるうえは、あのスチームゴーレム相手の私たちの戦闘が、実を結んでくれることを祈るしかないわ」
「じゃ、今日は娘さんの夢に、乾杯だな」

 そういいながら親父さんは、人数分のカップにエール酒を注いだ。

「あ、そうだ。ねえ、ギル。僕らのパーティ名、どうするの?」
「おう、そうだ。どうするんだよ、リーダー」

 ミナスとエディンが、カップを利き手に掲げながら訊いた。
 アレクやアウロラ、ジーニも、ギルのほうを見やる。

「ああ、それなんだが・・・・・・あのウーノを見てて、思いついたのがあって」
「どんなの?」

 ワクワクしながらミナスが促すと、ギルはにやりと笑った。

「”金狼の牙(きんろうのきば)”って名前はどうだろう」
「きんろう・・・?イイね!僕それがいい!」
「いったい、どこから考え出したんだ?」

 アレクが尋ねると、幼馴染は鼻の下をこすりながら言った。

「あのスチームドッグ、綺麗な金の目をしていたろ?でも犬じゃ弱すぎる、せめて狼くらい強くないととか思ってたら、”金狼”って言葉を不意に思いついたんだ。そういう強い生き物になろうって願いを込めてね」

 しかし、ただの”金狼”では面白くないので”牙”をつけたのだと言う。
 はたして、仲間たちは「なんかちょっと恥ずかしい」「名前負けしないといいが」と文句をつけつつも、案外とすんなりその名前を受け入れた。

「よし、じゃあめでたく名前もリーダーによって決まったところで」
「乾杯よぉ!」
「え、ちょっと!なんでジーニが乾杯の音頭取るんだよ!?」

 ギルの叫びを横に置いて、一行はカップを合わせた。酒場の夜は更けていく・・・。

※収入1000sp、パーティ名決定※

--------------------------------------------------------

■後書きまたは言い訳
10回目のお仕事は、GroupAskさんの公式シナリオ・機械仕掛けの番犬です。
想定は1~3レベルの依頼らしいですが、はっきり言って3レベル↑じゃないと辛いと思います。
何しろ、最後のスチームゴーレムは7レベルだったりしますので・・・。

男女差別甚だしいファラン氏の発言ですが、可愛い娘を守りたくて一所懸命になってると考えると、またちょっと彼への見方が変わってくるかもしれません。いわゆる、お父さんは心配性。
これ、Askさんから続編は出てないけど、readmeに「序章」って書いてあるんだよな・・・。
一応、ルーシーのその後のシナリオを、有志の方がおつくりになってるものがございます。余力があれば、そっちも片付けていきたいと思います。

さて、今まで無名のパーティだった彼らも、いよいよ名前がついてきました。
”金狼の牙”という名は先に考えてあったもので、「いつ付けたことにしようかな~。由来どうしよう?」などとこのシナリオをプレイしていた時に、ふっとウーノの絵を見て思いつきました。ありがとう、ウーノ!

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基にしたリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。使用されている画像の著作権者様へ、問題がありましたら、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。適切に対処いたします。


2012/11/17 05:11 [edit]

category: 機械仕掛けの番犬

tb: --   cm: 0

Sat.

機械仕掛けの番犬 3  

ScreenShot_20121107_011554203.png 

 最初のスチームドッグ3体は苦もなく退けた一行だったが、2回目のスチームゴブリンから少々手こずり始めた。
 しかし、アウロラやジーニの後方支援たちが怪我を負いつつも、4ラウンド目には残り2体にまで数を減らし、その後も順調に攻撃を繰り返すことで勝利する。

 ゆっくり休憩をとった一行が最後の実験に赴くと、そこに現れたのは・・・。

「この子はスチームサイクロプス。武器のこん棒はセットしてないけど、そのパワーは強烈よ。充分気をつけてね」

ScreenShot_20121107_011928796.png

 妙に誇らしげなファランの言葉に応じるように、口から蒸気を吹き出し、背丈が2mをゆうに超えるスチームゴーレムが現れた。

「それじゃ、第三回目、いってみましょう!」

 初っ端に鎧の薄いジーニが負傷を強いられたものの、運良くアウロラの法術を事なきを得、ミナスの放つ【雪精召喚】がスチームサイクロプスの行動力を激減させる。
 熱せられた金属の体に、魔法のすさまじい冷気が功を奏したらしい。
 さらに畳み掛けるように土の野人・ファハンが敵の足止めを行い、ギルが斧を振りぬいて放った【暴風の轟刃】が、トドメとばかりに叩き込まれた。
 遠距離から斧で放たれた闘気交じりの竜巻が堅い体に大きな亀裂を作り、そこから一気に蒸気と魔法力が漏れた。

『グワシャ!! ガスン!!』

 スチームサイクロプスは、しりもちをついて仰向けに倒れ、そのまま動かなくなった。
 ファランが、心底感心したように口を開く。

「・・・すごいわ。未完成とはいえ、スチームサイクロプスを倒すなんて。貴重なデータが取れたわ。・・・ありがとう」

 客室で休憩をとった一行のもとに、地下室の後片付けを行なったファランがやってきた。

「ご苦労様。実験はこれでおしまい。でも本当にすごいわ。私が言うのもなんだけど、スチームサイクロプスは並みの人じゃ倒せないわよ」
「なーに、こっちには、優秀な精霊使いがついててくれたからな」

と言って、ギルが得意そうに胸を張ったミナスの頭を撫でる。
 ジーニがじろっとそれを横目で見やり、杖の髑髏の部分でギルの背中を突付いた。

「ああら、ろくな防具も持たない仲間を守ってくれたのは、誰の魔法だっけー?」
「いてて!も、もちろん、ジーニ様の【魔法の障壁】ですって!感謝してるって!」

 その様子を見て弾かれたようにファランが笑い声を上げ、他の仲間達も苦笑交じりに笑った。
 なんとか笑いを治めたファランが、報酬のことを口にした。

「1000、払わせてちょうだい。あなた達のファイトには敬服したわ。データを取るのが大変だったけどね」

 一行は報酬を受け取った。
 その時、玄関の扉が開き、誰かが歩いてくる音が聞こえた。
 ファランが露骨に嫌な顔をした。

「げ・・・。なんで今日、帰ってくるの?!まっずぅ・・・」
「え。どうかしたの、ファラン?仲の悪い兄弟か何か?」
「それとも、無心に来た親戚とかですか?必要なら、私たちも同席しますけども」

 どこか慌てた雰囲気の依頼人に、すっかり打ち解けた様子でジーニとアウロラが女性同士の連携とばかりに声をかける。

「いえ、そういうんじゃ・・・」
「ルーシー!ルーシー!!」

 男の声が聞こえた。・・・足音が段々近づいてくる。

(ははあん。さては・・・・・・。)

 その短いやり取りである程度の事情を察したエディンは、ただ静かにその時を待つことにした。
 緑色のローブをまとったがっしりした体の男性は、エディンの予想通り「本物の」ファラン・ディトニクスだった。
 今まで一行と接していた若い依頼人は、ルーシェランという名の彼の娘だという。
 一行は客室から屋敷の応接室へと通されていた。

2012/11/17 05:05 [edit]

category: 機械仕掛けの番犬

tb: --   cm: 0

Sat.

機械仕掛けの番犬 2  

 メイドのような格好をしたその少女は、16、7歳といったところだろう。
 平凡な顔立ちながら、そばかすの浮いたかんばせは生き生きとしていて、非常に朗らかな印象を与えてくる。
 依頼について話すと、少女は、

「じゃあ、あなた達が実験の手伝いをしてくれるのね。ありがとう。それじゃ、さっそく中に入って」

と言う。自己紹介によると、どうやら、彼女が依頼を出した人らしい。

(妙だな・・・?)

と、エディンは思った。
 宿の親父さんの話からすると、ファラン・ディトニクスは、リューンの街中まで使いが出来る年頃の娘がいるはずだ。とても、若い彼女にそんな大きな子供がいるようには思えない。
 すると、その戸惑いを見透かしたように依頼人が言った。

「あら、意外だった?古代文明を研究する魔導師がこんな小娘で。これでも10年くらいは研究活動をしているのよ」

ScreenShot_20121107_005504671.png

 ジーニがこっそりとエディンに言う。

(魔導師に、外見の年齢は当てはめない方が良いわよ。中には、幻覚の魔法で若く見せるようにしたり、変身の魔法で自分の青春時代に変わってる魔導師だっているんだから。)
(なるほどな。彼女がそれに該当するなら、外見は関係ないってことか。)

 なんでも、今回の研究はゴーレムについてのものらしい。
 ゴーレムについて問われた一行は、ジーニからその注釈を受けた。

「ゴーレムはね。木とか金属で作られたお人形さんに、魔術で擬似生命を与えたものよ。古代遺跡なんかのガーディアンには最適ね。なにせ、エサがいらないんだから」
「よく知ってるわね、そのとおりよ」

 ターコイズに似た輝きの瞳を瞠って、依頼人がジーニの説明に頷いた。

「今までのゴーレムっていうのは、術者の命令にしか従わないものだったの。でも私が今作っているゴーレムたちは、簡単な言葉で命令を受け付けるものなの。魔法を知らなくても、命令できるのよ」

ScreenShot_20121107_010249843.png

 先ほど一行に対して威嚇した金属の犬も、彼女が作成したスチームゴーレムだという。動力源が魔法力と水蒸気と聞いて、ジーニが「へえ。斬新な試みね」と感心したような声をあげた。
 研究はほぼ完成しているが、実際に警備用スチームゴーレムが役立つかどうか、戦闘によるテストを冒険者相手にしたかったらしい。
 報酬は最低500sp、他にもボーナスの提示があった。そういうことなら、とギルが承知して、一行は屋敷の地下の奥、大部屋へと案内された。
 入り口の向こう側に、大きな鉄製の扉がある。
 その扉の横にガラス窓があり、ぼんやりと向こう側が見えている・・・ガラスの向こうが実験室のようだ。

「さ、この部屋へ入ってちょうだい。今から対戦の準備をするから、ちょっと待ってね」

 ファランはそういって、大部屋からいったん外に出た。
 しばらくすると、向こう側のガラス窓越しに、ファランが忙しそうに手元を動かしながら話しかけてきた。BGMは元気のいい蒸気の音や機械音である。

「・・・おまたせ。準備できたわ」

 ギルたちも、それに合わせて戦闘の準備を行い、補助魔法や召喚魔法をかけていく。
 ガラスの向こうへ「準備万端」の合図を送ると、ファランは嬉しそうに何かの呪文を唱えた。
 一行の目の前の扉が開いていく・・・。

2012/11/17 04:59 [edit]

category: 機械仕掛けの番犬

tb: --   cm: 0

Sat.

機械仕掛けの番犬 1  

「お前さんたちも、組んでから結構長く仕事してるなあ」

 宿の親父さんが、丁寧に拭き終わった食器たちを片付けながら言った。
 ごつい親父さんの手が、可愛らしい苺の柄がついた皿を棚に戻すのを眺めつつ、のんびりとミナスとアレクが同意する。

「うん、僕もそう思う」
「・・・確かにそうだな。願わくばこのまま、減ることなしでいきたいものだ」
「どうだ。お前さんたち、そろそろ固有のパーティ名をつけないか?」
「ふむ」

 アレクは頬杖をついて、親父さんの提案を吟味した。
 その都度メンバーを変更するのではなく、固定面子で仕事をしている冒険者なら、パーティ名はつけたほうが無難だ。
 仕事の際も、「○○のパーティを」という指名がしやすくなるし、もし何か冒険で名を上げるようなことがあれば、人々が口の端に上らせやすい。
 親父さん自身、かつては”光輝の狼”という名で知られた元冒険者で、その通り名がそのままパーティ名になったとアレクたちは聞いている。
 そんな親父さんの偉業にあやかって、「狼」の名がついたパーティ名を考える者達がこの宿には多かった。

「ギルや他のみんなと相談してみるか・・・」
「僕、かっこいいのがいいな!」

 アレクはさほど面倒見がいい性格をしているわけではないが、ミナスは明朗で素直な少年なので、つい溺愛している弟を構うような感じになる。
 この時もそうで、アレクは秀麗過ぎて人間味の少ない美貌に、滅多にない柔らかな笑みを浮かべながら、ミナスの頭をゆっくりと撫でた。

「・・・・・・というわけなんだけどさ」
「ふーん、パーティ名か。そろそろ考えても良い頃だよな」

 数時間後、エディンが見つけた貼り紙の依頼に行く途中で、ミナスがギルに固有のパーティ名を考えようと持ちかけた。
 エディンが見つけたのは木の葉通り3丁目に済む魔導師ファラン・ディトニクスの、実験データ収集の補助というものだった。
 こういった依頼は、うっかりすると非合法な研究の実験台など何かと不安が多いものだが、エディンが調べられた限りでは、このファランという魔導師の周りで、そういった非道な実験をやっている様子や、近頃トラブルに巻き込まれたという事実はなかった。
 親父さんからも、この魔導師の専門は古代文明の研究で、黒魔術などに凝ってるようなことはない、とお墨付きを貰っている。なんでも、ファランの娘が店に直接来たらしい。

ScreenShot_20121107_004351953.png<

 他に目ぼしい依頼があるわけでもないので、一行はこの仕事を引き受けることにしたのだった。

 宿屋の亭主から渡された地図のとおりに進むと、町外れの屋敷にやってきた。
 ・・・辺りには特に人影もない。まさに魔導師の館と呼ぶにふさわしい建物だ。

「じゃあ、今回の依頼が終わったら、ちょっとみんなで考えてみるか!」
「うん!」
「パーティ名ですか・・・」
「ちゃんと覚えやすくて言いやすいのがいいわねー」

 雑談をしながら一行が屋敷の門をくぐり、玄関へ向かったその時。

『バウ!! バウ!!』

ScreenShot_20121107_004615062.png

 なんと、全身を金属で作られた犬のようなものが現れた!
 腹部の横のパイプからは、時折ガスを噴出している。

「な、なんだこりゃ!?」

 驚いたギルの様子を尻目に、その犬のようなものは、ガチャガチャと金属音をさせながら、一行をトパーズのような双眸でじっと見据えている。・・・威嚇しているようだ。

「ウーノ?どうしたの」

 その時、屋敷の方から女性の声がした。
 犬のようなものはくるりと向きを変え、玄関の方へ向かって走っていった。
 行く先に目をやると、ひとりの少女が立っているのが見える。

 一行も、玄関へと足を進めた。

2012/11/17 04:54 [edit]

category: 機械仕掛けの番犬

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top