Wed.

閲覧いただく際の諸注意  

※わーにんぐ※

■内容について
 元がリプレイなので、シナリオのネタバレをしています。
 未プレイの方は、まず原作のプレイを済ませてからご覧になることをお勧めします。
 ――何、原作シナリオがないじゃないかって?そういう時は諦めましょう。あなたがお持ちのシナリオも、いつかは入手不可になる可能性があるのです。そういうLeeffesの考えが気に入らないというのであれば、ブラウザを閉じましょう。

■著作権について
 当リプレイは、GroupAsk様が開発したフリーソフト『CardWirth』でのシナリオを元に、小説風に書き記したものとなります。
 『CardWirth』本体の著作権はGroupAsk様にあります。
 当リプレイ内で紹介させていただいたシナリオは、それぞれのシナリオ作者様に著作権があります。
 作中で登場する、各シナリオに関連するキャスト、スキル、アイテム、召喚獣は全てシナリオ製作者様に著作権があります。(シナリオ作者様については、後書きで記します)
 当リプレイは言うまでもないでしょうが、全てフィクションです。
 作中に登場する、もしくはプレイさせて頂いたシナリオ内に存在する、実在する人名・地名・団体名とは一切関係ありません。

 Leeffesは、よくシナリオの原文のままの文章を利用しておりますが、各シナリオ、製作者様の権利を侵害する意図は全くありません。一応記させていただきますが、無断転載禁止です。

■拍手以外のメールのあて先について → leef21fes★gmail.com (★を@に変えていただければOKです)


★各PCスキル/アイテム/付帯能力については続きから参照★

-- 続きを読む --

2030/07/24 21:00 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 12
 本当はそれぞれのシナリオReadMeに記載できれば一番いいのですが、ちょっとばかり数が多くて億劫なため、横着にもここで明記しておこうという手抜きの姿勢Leeffesです、こんにちは。
 今のところ音信不通になるつもりはないんですが、一応ネットに常時いられる立場でなくなったので、もしもの時を考えて記事に起こしておくことにしました。リプレイもたくさんここに書いたので、簡単にこのブログサイトも消失しない(といいなあ)はずなので。
 そんなわけで続きに書いておきました。



-- 続きを読む --

2029/07/26 12:43 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

Thu.

思いすがるものども その4  

 結果的に言えば――最後のゴブリンの集団はシャーマン種の率いるもので、冒険者側に多少の怪我はあったものの、一掃することに成功した。
 やはり、カノンやミハイルの支援魔法の効果も大きかったのだろう。
 ゴブリンたちをやっつけた後に発見した、近くに隠されていた2つの木箱には、それぞれ金貨と石版が入っていた。
-- 続きを読む --

2019/11/14 11:12 [edit]

category: 思いすがるものども

tb: --   cm: 0

Thu.

思いすがるものども その3  

 エゴンから示された羊皮紙による洞窟の地図――前にゴブリン退治を引き受けた冒険者の手によるもの――は、どう見ても子供の落書きレベルにしか見えなかった。
 件の洞窟に来るまでに、森で狼を蹴散らしてから作っておいた松明の揺れる明かりが、余計に黒い線の描くぐにゃぐにゃした図形を見づらくさせている。

「今いるの、ここでいいよね?」

 リュミエールが目を細めて指差した、二股の部分を通り越した瘤のような空間は、今彼らがいる現在地であった。

「ああ、その通りだ」

 小さなフェアリーの確認に応じたのは、≪太陽を送る者たち≫の仲間ではなく、30代前半くらいの、苦みばしった浅黒い肌の男だった。ハイムというらしい彼は、前日の説明の時にエゴンが言っていた盗賊ギルドの人間である。はしっこそうな中肉中背の身体といい、挨拶した際の油断のない目の光といい、なるほど、リュミエールよりもよほどに修練を積んだらしい相手だと知れた。
-- 続きを読む --

2019/11/14 11:07 [edit]

category: 思いすがるものども

tb: --   cm: 0

Thu.

思いすがるものども その2  

 エゴン・パージターという名前である依頼の担当者は、年の頃なら22歳であるモイラとそう変わらないぐらいの若い学者だった。金髪碧眼に甘いマスクをした優男でありながら、ざっかけない口調にて裏表なく話しかけてくる人で、≪太陽を送る者たち≫も、安心して話を聞く事ができた。
 研究テーマは下級妖魔の生態であり、本来なら専門はコボルト(犬妖魔)なのだという。
 そんな彼が、何故ゴブリンの掃討依頼をしたのかといえば……。

「ここ半年の間に、2回もゴブリンの巣にされた洞窟があるって話なんだ」
-- 続きを読む --

2019/11/14 11:04 [edit]

category: 思いすがるものども

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

辺境に足を運んだ方の人数

▲Page top